« 維新討論会に"拍子抜け"の声 | トップページ | 東日本大震災:発生から1年半 今も34万3334人避難 »

2012年9月11日 (火)

第25回記念北海道ツーデーマーチ

2012年9月8~9日にわたって北海道ツーデーマーチが洞爺湖町で開催された。「洞爺湖有珠山ジオパーク」は2009年日本初、世界ジオパーク認定された地域でもある。ジオパークは大地の公園とも言われ、有珠山に代表される地質遺産や雄大な自然、縄文遺跡などの遺産もふくまれている。また2008年G8サミット開催地としても有名である。

Dvc00020
コース

一日目:40km・20km・10km・5km

二日目:30km・20km・10km・5km

参加者は道外335人、道内348人合計683人。私の参加する40km洞爺湖一周ジオコースには231人、二日目の30km伊達、有珠山ぐるっとジオコースには361人参加した。

洞爺湖町は歓迎一色で至る所に旗やビラが貼りつけられていた。

Dvc00034

Dvc00040

一日目

7時一斉に40kmのスタート。私は何時ものように後方スタート。今回の目標は4時間40分でゴールすることと、勿論トップゴールすることでした。なお、ウォーキングは競技ではなく、完歩することが大きな目的であるが、ここ数年スピードウォーキングが流行り出している。これは君塚正道ウォーキングインストラクターが中心となり活動していることが影響している。
Dvc00002

8キロ地点から順位を上げ3番手についた。先頭2人は男性で30代後半から40代と思われる。2番手に追いついたところ、私のライバルでした。軽く挨拶をし、先頭を追う。しかし、ライバルを追い越すことはしなかった。2人で先頭を追うことにした。距離は30m位。10キロ地点で追いつき離しにかかったが、離れない。その内ライバルの姿が後方に消えていった。

坂に差掛ったところで、走法は自由であることから、ランに切り替えた。20キロ地点で後方を確認したが誰の姿も見えない。その後スピードウォーキングに切り替え着実に引き離しは成功。

ゴール手前10キロ地点ではスタミナの消耗は激しかったが、なんとかペースダウンは避けられた。温泉街の遊歩道に入ったところで気が緩み楽々ゴール。タイムは11時12分、なんと4時間12分の好タイム。10キロに換算し63分。目標タイムを大きくクリア。

8日、午後4時から洞爺湖文化センターにおいて、ウェルカムパーティーが開催された。

Dvc00033

Dvc00035

二日目

7時一斉に30kmスタート。天気予報は雨の予報であるが、スタート時にはまだ降っていなかった。昭和新山辺りから激しい雨となった。雨具を着込んで体温の低下を防ぎ、6km地点で先頭集団を追う。確か15番目あたりである。道路は川のようになりシューズの中はびしょ濡れ。18キロ地点辺りで2番目の人に追いついた。この地点では先頭は見えない。

遥か向こうに漸くトップの姿をとらえることができた。

Dvc00043
これ以上離されなければいいと判断し、少しペースを落とし休むことにした。余裕が出てきたところで、一気にペースを上げた。緩い坂道で追いつき、追い越した。相手は後方に下がって行くのがわかった。チェックポイントに差掛り、念のため先頭に誰かいるか確認したところ、誰もいないと言う。

そのまま一気にゴール。タイムを確認したところ、時計は止まっていた。雨が原因かよく分からない。携帯の歩数計は3時間58分になっていた。悪天候ではいいタイムです。












|

« 維新討論会に"拍子抜け"の声 | トップページ | 東日本大震災:発生から1年半 今も34万3334人避難 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第25回記念北海道ツーデーマーチ:

« 維新討論会に"拍子抜け"の声 | トップページ | 東日本大震災:発生から1年半 今も34万3334人避難 »