« サッカー:日本、イラクに辛勝 W杯アジア最終予選 | トップページ | 問題行動調査:小中高校生の自殺 28%増の200人に »

2012年9月12日 (水)

正倉院正倉:天平より大正の瓦が腐食進む 再び新調へ

毎日新聞 2012年09月11日 22時14分(最終更新 09月11日 22時28分)

瓦が取り外され修理中の正倉院の屋根=奈良市で、三浦博之撮影

瓦が取り外され修理中の正倉院の屋根=奈良市で、三浦博之撮影

 約100年ぶりの修理が進む奈良市の正倉院正倉(国宝、8世紀)の屋根瓦の下地について、宮内庁は11日、天平時代の瓦が多い東側と比較して、大正時代に瓦を新調した西側で腐食が進んでいたと発表した。宮内庁は「大正時代の瓦の焼きが甘く、湿気がこもりやすいふき方をしていた」と分析しており、西側の瓦を再び新調するという。

 宮内庁によると、瓦は約3万5400枚あり、このうち天平時代のものは865枚で、ほとんどが東側で使用されていた。西側は1913(大正2)年の解体修理で全面的に新調された。

 今回の修理で、屋根瓦を全て取り外したところ、下地の木材の腐食が西側で進んでいた。西側は瓦と瓦の隙間(すきま)がほとんどなく、瓦自体も焼きが不十分なため、水気を逃がしにくい「蒸れ腐れ」の状態になっていたとみられる。

 正倉院正倉の修理方針を決める懇談会の座長、鈴木嘉吉・元奈良文化財研究所所長は「大正時代は(修理の)業(わざ)が足りなかったのかなと思う」と話した。【伊澤拓也】

|

« サッカー:日本、イラクに辛勝 W杯アジア最終予選 | トップページ | 問題行動調査:小中高校生の自殺 28%増の200人に »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正倉院正倉:天平より大正の瓦が腐食進む 再び新調へ:

« サッカー:日本、イラクに辛勝 W杯アジア最終予選 | トップページ | 問題行動調査:小中高校生の自殺 28%増の200人に »