« 製薬業界で医師へ接待を規制 | トップページ | 「日本維新の会」東京事務所、霞が関のビルに »

2012年9月22日 (土)

470キロの鉄骨、貯蔵プールに落下…福島第一

東京電力は22日、福島第一原子力発電所3号機の原子炉建屋のがれきの撤去作業中に、重さ約470キロ・グラムの鉄骨(縦約30センチ、横約20センチ、長さ約7メートル)1本が、使用済み核燃料貯蔵プールに落下したと発表した。

 同日午前11時過ぎ、作業員が建屋5階にある重機を遠隔操作して鉄骨をつかもうとした際に失敗し、鉄骨がプール内に滑り落ちた。がれき撤去作業には東電社員2人と協力企業15人が当たっていたが、けが人はいない。

 プール周辺の放射線量やプール内の放射性物質の濃度に変動はなく、内部の核燃料に大きな損傷はないとみられる。プールの水位や冷却システムにも異常はなく、東電は「冷却は安定しており、安全性に問題はない」としている。

(2012年9月22日19時16分  読売新聞)

|

« 製薬業界で医師へ接待を規制 | トップページ | 「日本維新の会」東京事務所、霞が関のビルに »

原発関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 470キロの鉄骨、貯蔵プールに落下…福島第一:

« 製薬業界で医師へ接待を規制 | トップページ | 「日本維新の会」東京事務所、霞が関のビルに »