« 反日デモ:西安で禁止通達 柳条湖事件81年、当局が警戒 | トップページ | 海馬:睡眠時間長いほど体積大きい 東北大チームが調査 »

2012年9月18日 (火)

兵庫・高2自殺:「不慮の事故に」校長が打診、両親は拒否

毎日新聞 2012年09月17日 21時23分(最終更新 09月17日 23時33分)

記者会見で3カ月前にいじめをうかがわせる情報を得ながら対応しなかったことを謝罪する校長=兵庫県川西市で2012年9月17日午後3時14分、藤顕一郎撮影

記者会見で3カ月前にいじめをうかがわせる情報を得ながら対応しなかったことを謝罪する校長=兵庫県川西市で2012年9月17日午後3時14分、藤顕一郎撮影

 いじめを受けていた兵庫県川西市内の県立高校2年の男子生徒(17)が今月2日に自殺した問題で、高校の校長が男子生徒の両親に「自殺ではなく、不慮の事故ということで生徒たちに説明したい」と打診していたことが分かった。両親は拒否し、実際には学年集会で自殺と説明した。両親はこれらの対応に反発を強めており、「学校は信用できない。真実を知りたい」として、第三者機関への調査依頼や情報公開請求を検討している。

 また、校長は17日、記者会見し、いじめに関わっていたのは生徒3人だったと明らかにし、いじめと自殺との関連について、「生徒が自ら命を絶っているので、全く関連性がなかったとも言い切れない」と話した。

 高校や両親によると、校長は男子生徒が自殺した翌日の3日に自宅を訪れ、「不慮の事故」との表現で説明することを打診。両親は「自殺であることを明らかにしてほしい」として拒んだ。

 これについて校長は17日の会見で、「心に影響を受けやすい年ごろなので、自殺というインパクトのある言葉ではなく、穏やかな表現にしたかった。今も不慮の事故という言葉を使うべきだったと思っている」と強調した。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120918k0000m040062000c2.html

|

« 反日デモ:西安で禁止通達 柳条湖事件81年、当局が警戒 | トップページ | 海馬:睡眠時間長いほど体積大きい 東北大チームが調査 »

いじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫・高2自殺:「不慮の事故に」校長が打診、両親は拒否:

« 反日デモ:西安で禁止通達 柳条湖事件81年、当局が警戒 | トップページ | 海馬:睡眠時間長いほど体積大きい 東北大チームが調査 »