« 竹島領有権「江戸時代に確立」と玄葉外相が強調 | トップページ | 義足長いと主張のピストリウス、結果は受け入れ »

2012年9月 4日 (火)

女性が毒グモにかまれ…投与した血清は期限切れ

福岡市は3日、特定外来生物に指定されている毒グモ「セアカゴケグモ」に市内の女性(86)がかまれたと発表した。

 市備蓄の血清10本はすべて8月10日に使用期限切れになっていたが、医師は効果が残っていると判断、そのまま投与した。女性は快方に向かっているが、市保健福祉局は「小児や高齢者の場合、かまれると重篤になる可能性もある。油断があり、期限の確認が不十分だった」と謝罪した。

 発表によると、3日午前11時半頃、同市東区の介護老人福祉施設で、入居女性が靴の中に入り込んだセアカゴケグモに右足の小指をかまれた。全身の痛みや息苦しさを訴えたため、民間病院に入院した。

Image
 市は血清を輸入し、市立病院で備蓄。使用期限は製造後2年で、今回の血清は2010年10月に交換したため、市の担当者が今年10月が期限と誤認。

 備蓄していた市立病院が瓶に表示された期限に気づいた病院が市に連絡し、輸入手続きを進めていたという。

 セアカゴケグモは体長約1センチで東南アジアなどに生息。外国船などで日本に運ばれ、福岡市でも港湾周辺で毎年発見されている。人がかまれるのは国内で年間10件前後という。

(2012年9月4日00時14分  読売新聞)

|

« 竹島領有権「江戸時代に確立」と玄葉外相が強調 | トップページ | 義足長いと主張のピストリウス、結果は受け入れ »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性が毒グモにかまれ…投与した血清は期限切れ:

« 竹島領有権「江戸時代に確立」と玄葉外相が強調 | トップページ | 義足長いと主張のピストリウス、結果は受け入れ »