« 大リーグ:ダルビッシュ14勝目 青木も連続試合安打7に | トップページ | 河村氏、知事に「浴びるほど飲むな」注意され… »

2012年9月 4日 (火)

民主に「恥ずかしい、憤り」…大分知事が猛批判

大分県の広瀬知事は3日の定例記者会見で、野田首相に対する問責決議案が参院で可決され、事実上、休会している国会について「国民の期待に応える機能を果たしていないのは、残念というか言葉もないくらいがっかりだ」と苦言を呈した。

 赤字国債を発行する特例公債法案の成立のめどが立っておらず、地方交付税の支払いが先送りされる可能性が高い。これに対して知事は「野党が協力しないという話もあるが、政権与党が責任を果たすのが当然。これほど恥ずかしいことはない」と民主党を批判した。

 県によると、影響を受ける地方交付税は歳入の約3割に当たる約1728億円。例年、4回に分けて支払われ、3回目は9月上旬に予定されている。交付税が支払われない場合、県は金融機関からの借り入れなどで工面する。

 一方、会長を務める九州地方知事会として、成立を求めている「特定広域連合」の設立に関する法案について知事は「野田総理も再三、法案を出すと言っていた。与党の議論すらクリアできずに出せないのは、憤りすら感じる」と述べた。

(2012年9月4日11時11分  読売新聞)

|

« 大リーグ:ダルビッシュ14勝目 青木も連続試合安打7に | トップページ | 河村氏、知事に「浴びるほど飲むな」注意され… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主に「恥ずかしい、憤り」…大分知事が猛批判:

« 大リーグ:ダルビッシュ14勝目 青木も連続試合安打7に | トップページ | 河村氏、知事に「浴びるほど飲むな」注意され… »