« 日中40年式典中止:関係打開へ外務省次官を派遣へ | トップページ | iPhone5:中国の部品工場で従業員衝突 操業停止 »

2012年9月24日 (月)

上海交差点:8万件の「ごめんなさい」=隅俊之

毎日新聞 2012年09月24日 13時54分

 粉々に窓ガラスが砕けた日本料理店の前で記念写真を撮る者。日系スーパーに石が投げ込まれるのを見て「もっとやれ」と笑う者。百貨店から高級ブランド品を略奪する者もいた。

 そうか、中国人は落ちるところまで落ちたのか。目の前の光景に、そう思うしかなかった。中国各地で起きた反日デモ。自分の考えを表明するのは正当な権利だ。だが、欲望のままに暴動の限りを尽くす群衆に、怒りと失望と、そして悲しさが胸を駆け巡った。

 ただ、伝えなきゃいけないことがある。中国人はそれだけではない。

 雲南省と貴州省の省境で7日、マグニチュード(M)5.7の地震があった。昨秋から中国各地を自転車でまわりながらボランティア活動を続ける神奈川県出身の河原啓一郎さん(28)は16日、西安などで集めた薬など60キロを持って、貴州省の貴陽にいた。

 その夜、河原さんは中国人の仲間ら2人と食事を終えて店を出た後、30人ほどの中国人に取り囲まれた。「日本人は殺せ」。罵倒され、腕をつかまれ、殴られた。中国版ツイッター「微博」に「とても悲しい」と書き込んだ。

 8万件を超える反響が寄せられた。「本当にごめんなさい。彼らは中国人だけど友人などではない」「ありがとう。あなたが中国でしてくれたことは忘れません」「どうか分かってください。暴徒化する者もいるけれど、理性的な中国人もたくさんいると」

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20120924k0000e070189000c2.html

|

« 日中40年式典中止:関係打開へ外務省次官を派遣へ | トップページ | iPhone5:中国の部品工場で従業員衝突 操業停止 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海交差点:8万件の「ごめんなさい」=隅俊之:

« 日中40年式典中止:関係打開へ外務省次官を派遣へ | トップページ | iPhone5:中国の部品工場で従業員衝突 操業停止 »