« 自民総裁選:石破氏と安倍氏対石原氏の構図鮮明に | トップページ | 反日デモ:6万人が参加 日中国交正常化以来、最大規模に »

2012年9月16日 (日)

台風16号:16日未明から朝に沖縄最接近 注意よびかけ

毎日新聞 2012年09月15日 20時32分(最終更新 09月16日 03時40分)

台風16号の予想進路(16日0時現在)

台風16号の予想進路(16日0時現在)

 大型で非常に強い台風16号は16日午前0時現在、沖縄の南の海上を時速20キロで北北西に進んでいる。中心気圧は910ヘクトパスカルで、最大瞬間風速は70メートル。勢力を保ったまま沖縄地方には16日未明から朝にかけて最接近するとみられ、気象庁は「最大級の警戒が必要」としている。九州南部は同日夜遅くから17日未明、九州北部は同日朝から昼過ぎにかけて最接近する見込み。

 沖縄気象台によると沖縄本島では16日未明から朝にかけて風速50メートルの猛烈な風が吹く恐れがある。同気象台で観測された過去最大の風速は1949年の49.5メートルで「これに匹敵する可能性がある」という。沖縄県では15日午後10時半現在で361人、鹿児島県与論町で午後9時現在、144人が避難している。

 16日にかけて予想される最大瞬間風速は、沖縄本島70メートル▽奄美地方60メートル▽九州地方45メートル。同日午後6時までの24時間雨量は沖縄本島・奄美地方で400ミリ、九州南部250ミリ、九州北部200ミリ。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120916k0000m040051000c2.html

|

« 自民総裁選:石破氏と安倍氏対石原氏の構図鮮明に | トップページ | 反日デモ:6万人が参加 日中国交正常化以来、最大規模に »

気象・地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風16号:16日未明から朝に沖縄最接近 注意よびかけ:

« 自民総裁選:石破氏と安倍氏対石原氏の構図鮮明に | トップページ | 反日デモ:6万人が参加 日中国交正常化以来、最大規模に »