« 大相撲秋場所:師弟12年「万感」…挑戦3度、横綱へ | トップページ | AKB48・松井咲子:スネークの声で「“さきっぺ”が一番好き」に大興奮 メタルギアイベント »

2012年9月24日 (月)

社説:復興財源の流用 罪深い「官」の背信行為

毎日新聞 2012年09月24日 02時32分

 「シロアリ」との批判に抗弁できるだろうか。東日本大震災の復興対策として計上された予算の多くが被災地以外に支出されていたことが表面化している。

 来年度予算の概算要求でも復興予算の約4分の1は被災地との直接の関係が不明な経費が占める。震災対策を隠れみのに中央官庁が分捕り合戦を演じているとすれば許し難い背信行為だ。過去の支出と来年度概算要求の徹底精査を求めたい。

 復興対策をめぐっては5年間で19兆円の大枠があるが、突破は確実視されている。政府は今年度予算までに原発事故に伴う除染費用や使われなかった経費を除き、約17兆円を計上している。

 ところが、被災地から遠く離れた全国の建設事業や企業の立地補助金などに相当の費用があてられていた。「全国防災」や地域経済再生などを名目とする支出が復興基本方針で認められていたためだ。

 復興財源は25年間にわたる復興増税などでまかなわれた。被災地外に支出された予算には必要なものもあるかもしれないが、少なくとも復興財源をあてることに国民の合意は全く得られていない。「復興予算」には中央官庁が所管する独立行政法人への支出もまぎれこんでいる。財政難の中で国民負担でやっと絞りだした財源に各省が群がり被災地支援を圧迫しているとすれば、罪深い。

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20120924k0000m070112000c2.html

|

« 大相撲秋場所:師弟12年「万感」…挑戦3度、横綱へ | トップページ | AKB48・松井咲子:スネークの声で「“さきっぺ”が一番好き」に大興奮 メタルギアイベント »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社説:復興財源の流用 罪深い「官」の背信行為:

« 大相撲秋場所:師弟12年「万感」…挑戦3度、横綱へ | トップページ | AKB48・松井咲子:スネークの声で「“さきっぺ”が一番好き」に大興奮 メタルギアイベント »