« 大相撲:横綱・日馬富士誕生 「全身全霊、相撲道に精進」 | トップページ | 京急脱線:復旧「当面めど立たず」 車両の撤去難航 »

2012年9月26日 (水)

自民総裁選:石破氏、地方票過半数 2位は安倍氏確実

毎日新聞 2012年09月26日 11時40分(最終更新 09月26日 13時37分)

予想される国会議員票の主な流れ

予想される国会議員票の主な流れ

 自民党総裁選は26日午前、各都道府県連で党員・党友投票の開票作業が行われた。党員・党友投票に基づく地方票(300票)は石破茂前政調会長(55)が過半数を確保し、160票を超えた。決選投票に進める2位争いでは安倍晋三元首相(58)が石原伸晃幹事長(55)を大きくリード。午後に党本部で国会議員票(198票)の投開票が行われ、地方票と議員票を合わせた得票でも石破氏が1位、安倍氏が2位になるのは確実な情勢だ。石破氏が過半数に届かない場合は両氏による決選投票が行われ、第25代総裁が誕生する。

 谷垣禎一総裁の任期満了に伴う今回の総裁選は14日に告示された。新総裁の任期は15年9月までの3年間。3氏のほかに町村信孝元官房長官(67)と林芳正政調会長代理(51)が立候補している。

 毎日新聞が47都道府県の地方票を集計したところ、石破氏が166票で先行し、安倍氏87票、石原氏37票、町村氏7票、林氏3票となっている。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20120926k0000e010183000c2.html

|

« 大相撲:横綱・日馬富士誕生 「全身全霊、相撲道に精進」 | トップページ | 京急脱線:復旧「当面めど立たず」 車両の撤去難航 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民総裁選:石破氏、地方票過半数 2位は安倍氏確実:

« 大相撲:横綱・日馬富士誕生 「全身全霊、相撲道に精進」 | トップページ | 京急脱線:復旧「当面めど立たず」 車両の撤去難航 »