« 尼崎連続変死:集団生活のマンション 豪華な暮らしぶり | トップページ | 社説:原発防災指針 住民本位の対策作りを »

2012年10月22日 (月)

新潟知事選:現職の泉田裕彦氏が3選 2氏を破り

日新聞 2012年10月21日 23時36分(最終更新 10月22日 00時33分)

 任期満了に伴う新潟県知事選は21日投開票され、無所属の現職、泉田裕彦氏(50)が、共産公認の樋渡士自夫(ひわたし・しじお)氏(59)、スマイル党総裁のマック赤坂氏(64)の両新人を破り、3選を果たした。投票率は43.95%(前回46.49%)で過去最低を更新した。

 泉田氏は民主、自民、生活、公明、社民の5党から推薦を受けて優位に選挙戦を展開。雇用の拡大や農業振興などを訴えて支持を広げた。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を巡っては、福島第1原発事故の検証が済んでいないとして、議論するのは時期尚早と主張した。【宮地佳那子】

 ●新潟県知事選確定得票数●

当   759718 泉田裕彦<3> 無現=[民][自][生][公][社]

     59876 樋渡士自夫 共新

     17884 マック赤坂 諸新

|

« 尼崎連続変死:集団生活のマンション 豪華な暮らしぶり | トップページ | 社説:原発防災指針 住民本位の対策作りを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟知事選:現職の泉田裕彦氏が3選 2氏を破り:

« 尼崎連続変死:集団生活のマンション 豪華な暮らしぶり | トップページ | 社説:原発防災指針 住民本位の対策作りを »