« 「暴力団と交際」報道、法相が説明を…官房長官 | トップページ | ノーベル文学賞で日中対決か »

2012年10月11日 (木)

万一落ちれば大けが…厳戒アクアラインマラソン

東京湾アクアライン(千葉県木更津市―川崎市)を通行止めにして21日に開かれる「ちばアクアラインマラソン」で、主催の千葉県は、選手が橋から転落する事故を防ぐため大勢の警備員を配置し、船も海上を巡回するなど厳重な警戒態勢を取ることになった。

 自動車専用道路で歩行者を想定しておらず、橋の欄干は高さ1・28メートル。乗り越えることも可能なため、担当者は「念には念を入れて安全に万全を期す」としている。

 コースは木更津市内を発着点とし、海ほたるパーキングエリアで折り返す。森田健作知事の発案で、初めて開かれる。定員1万5000人に対し、2万7310人が申し込む人気で、当日はアクアラインを午前8時~午後2時、車両通行止めにする。

 アクアラインの橋部分(約5キロ・メートル)は海面からの高さが最大40メートルあり、万一、落下した場合は大けがをする恐れがある。選手が疲労や突風でふらついたり、景色を見ようと欄干に近づいたりした際に誤って落下する危険性を想定し、走路を橋の中央部分に制限する。橋の左右両端から3メートルの位置にロープを張り、10メートルおきに警備員と係員計約1000人を配置する。

(2012年10月11日14時58分  読売新聞)

|

« 「暴力団と交際」報道、法相が説明を…官房長官 | トップページ | ノーベル文学賞で日中対決か »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万一落ちれば大けが…厳戒アクアラインマラソン:

« 「暴力団と交際」報道、法相が説明を…官房長官 | トップページ | ノーベル文学賞で日中対決か »