« 運動能力調査:体力維持には「毎日の運動」が有効 | トップページ | プロ野球:オリックス西がノーヒットノーラン »

2012年10月 8日 (月)

紅葉:中央アルプスの千畳敷カールで盛り

毎日新聞 2012年10月08日 08時00分(最終更新 10月08日 09時05分)

紅葉真っ盛りの千畳敷カール=長野県駒ケ根市で、山本晋撮影

紅葉真っ盛りの千畳敷カール=長野県駒ケ根市で、山本晋撮影

 長野県駒ケ根市の標高約2600メートルの中央アルプスに広がる千畳敷(せんじょうじき)カールで、紅葉が盛りを迎えた。

 約2万年前の氷河期に氷で岩肌を削り取られた凹状の地形「カール」を、ナナカマドやダケカンバなどが赤や黄の鮮やかな色に染めている。地元ガイドによると例年よりも色づきが良いという。

 見ごろは例年通り今月上旬までとなりそう。その後は駒ケ岳ロープウェイ(標高約1600〜2600メートル)付近など標高の低いエリアまで紅葉が下りてくる。

http://mainichi.jp/select/news/20121008k0000m040123000c.html

|

« 運動能力調査:体力維持には「毎日の運動」が有効 | トップページ | プロ野球:オリックス西がノーヒットノーラン »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉:中央アルプスの千畳敷カールで盛り:

« 運動能力調査:体力維持には「毎日の運動」が有効 | トップページ | プロ野球:オリックス西がノーヒットノーラン »