« 大型の台風21号、沖縄は風速20m超で大しけ | トップページ | 函館・松倉川 »

2012年10月17日 (水)

尼崎連続変死:借金強要し暴行…美代子被告、病死女性に

2012年10月17日

2枚目/2枚中

尼崎連続変死事件を巡る相関図

 兵庫県尼崎市の民家から3人の遺体が見つかり、少なくとも8人の行方不明者が出ている事件で、既に病死している女性も、昨年11月のドラム缶詰め遺体事件で起訴された角田(すみだ)美代子被告(64)らから借金を強要され、暴行されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。死亡との因果関係は不明だが、女性の娘や親族の行方が分からなくなっていることもあり、県警尼崎東署捜査本部は経緯を慎重に調べている。【山川淳平、広沢まゆみ】

 捜査関係者や女性の友人によると、女性は3遺体が見つかった民家に住み、03年ごろから行方不明になっている女性(87)の長女=図(1)。二十数年前から高松市で夫や娘2人と暮らしていた。

 昨年夏ごろに肺炎で死亡したが、その前に脳挫傷で入院していたという。捜査本部も当時の診断結果などを把握し、事実確認を進めている。

 長女と美代子被告の接点は約10年前。長女の兄である長男の息子で、美代子被告の戸籍上のいとこになった男(38)=図(2)、ドラム缶事件で死体遺棄罪で実刑が確定=を「更生」名目で受け入れたのがきっかけだった。当時、美代子被告は長男と家族ぐるみの付き合いをしていた。

 その後、美代子被告らが家に乗り込み、「(更生させることが)できないなら言うな」などと長女を罵倒。長女に対し、「高いプライドを捨てるため勉強として、借金をしてこい」と命じた。長女は「上納」という言葉を使って友人らに借金を頼んでいたという。長女は和歌山県に逃れたが、美代子被告らに連れ戻されて暴行を受け、その後入院したという。

 長女の関連では、娘のうち姉(29)と夫の兄(68)が行方不明になっている。娘の妹は美代子被告の息子の妻となった角田瑠衣被告(27)で、行方不明の女性(87)やその長男(69)の年金を引き出したとして窃盗罪で起訴されている。

|

« 大型の台風21号、沖縄は風速20m超で大しけ | トップページ | 函館・松倉川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎連続変死:借金強要し暴行…美代子被告、病死女性に:

« 大型の台風21号、沖縄は風速20m超で大しけ | トップページ | 函館・松倉川 »