« 岡田副総理、原発事故は「幸運だった」 | トップページ | 軍へ忠誠心揺らぐ?北兵士が2上官射殺、韓国に »

2012年10月 7日 (日)

「冷や汗の連続」厚労相迷走?早くも訂正・修正

初入閣して1週間の三井厚生労働相は、記者会見などで訂正や修正を繰り返し、迷走気味だ。

 三井氏は、就任翌日の2日の記者会見で、生活保護受給者の医療費について、「全額無料はあり得ないことも含めて検討したい」と語った。

 現状では、全額公費で負担しており、生活保護のあり方全体が大きな政策課題となる中、入念な検討が必要なテーマだ。三井氏は同日夕、「慎重に検討する」と発言を訂正。夜には再度会見を開き、「誤解を与えた。具体的な方策は決めていない」と修正した。

 70~74歳の医療費窓口負担をめぐっても、「1割を継続していただきたい」と明言。しかし、現在、特例で1割に据え置いている同負担について、小宮山前厚労相や岡田副総理は、来年度からの2割への引き上げに強い意欲を見せてきた。記者団からただされると、三井氏は「世代間の公平性もある。慎重に議論したい」と軌道修正した。

(2012年10月6日23時35分  読売新聞)

|

« 岡田副総理、原発事故は「幸運だった」 | トップページ | 軍へ忠誠心揺らぐ?北兵士が2上官射殺、韓国に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「冷や汗の連続」厚労相迷走?早くも訂正・修正:

« 岡田副総理、原発事故は「幸運だった」 | トップページ | 軍へ忠誠心揺らぐ?北兵士が2上官射殺、韓国に »