« 福島第一1号機、水位は2・8m…依然高線量 | トップページ | ダル・黒田・イチローにラブコール…山本新監督 »

2012年10月11日 (木)

「感謝」「陰謀」山中氏ノーベル賞に中国ブログ

【北京=牧野田亨】山中伸弥・京都大教授のノーベル生理学・医学賞受賞決定のニュースは、日本の尖閣諸島国有化を発端にした反日感情の高まりが続く中国でも一斉に報じられた。インターネットのブログでは、「日本は中国の敵だが、科学技術振興に関しては師とするべきだ」などの意見が目立った。

 中国各紙は9日、新華社通信の配信記事を使い、「英国と日本の科学者が賞を分かち合った」(新京報)などとする見出しの記事を掲載。受賞対象となった研究内容を中心に、事実関係だけを淡々と伝えた。

 これに対し、あるブログでは「今の状況では、私は日本を拒む人を尊重し、理解する。しかし、より重要なのは日本をののしったり、(日本車などを)攻撃したりするだけではだめだということだ」と指摘。「日本人は東アジア人が欧米列強に劣らないことを証明した。日本人に感謝しなければならない」としたうえで、中国人民の奮起を促した。

 また、別のブログは「日本は科学技術に巨費を投じ、財政難でも削減しない。科学技術は日本経済の生命線と考えているからだ」と分析した。

 一方、「日本経済はこの10年で停滞しているのに、ノーベル賞受賞の勢いはなぜ逆に高まっているのか」と疑問を投げかけ、「国際的な反中勢力が、中国に悪意をふくらませ、ノーベル賞を利用して日本を持ち上げ、中国人の自信を抑え込もうとしている」との“陰謀説”をとなえる書き込みもあった。

(2012年10月11日00時13分  読売新聞)

|

« 福島第一1号機、水位は2・8m…依然高線量 | トップページ | ダル・黒田・イチローにラブコール…山本新監督 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「感謝」「陰謀」山中氏ノーベル賞に中国ブログ:

« 福島第一1号機、水位は2・8m…依然高線量 | トップページ | ダル・黒田・イチローにラブコール…山本新監督 »