« 韓国国会議員15人、竹島に上陸…1時間滞在 | トップページ | 仙谷氏「なぜこんな人事を」民主にも任命責任論 »

2012年10月23日 (火)

群馬の3人射殺、元暴力団組長の死刑確定へ

群馬県安中市で暴力団組長ら3人を射殺したとして殺人や死体遺棄などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた元指定暴力団山口組系組長・高見沢勤被告(57)について、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は23日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。死刑が確定する。

 判決理由では「被害者を情け容赦なく拳銃で射殺した冷酷で残虐な犯行。暴力団の組織力で敢行しており、共犯者の中で責任が最も重い」とした。

 判決によると、高見沢被告は2001年11月、組員に命じ、自分が関与した保険金詐欺事件の被害者役の男性(当時60歳)を口封じのため射殺。05年4月、配下の組幹部(同35歳)を自ら射殺し、同9月には対立していた暴力団組長(同61歳)を組員に射殺させた。

(2012年10月23日19時36分  読売新聞)

|

« 韓国国会議員15人、竹島に上陸…1時間滞在 | トップページ | 仙谷氏「なぜこんな人事を」民主にも任命責任論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬の3人射殺、元暴力団組長の死刑確定へ:

« 韓国国会議員15人、竹島に上陸…1時間滞在 | トップページ | 仙谷氏「なぜこんな人事を」民主にも任命責任論 »