« 兜町:消える証券マン 20年で17万→8.8万人 | トップページ | iPad mini:発表は10月17日、来週にもAppleが招待状を発送か - 米Forbes »

2012年10月 2日 (火)

台風19号:小笠原に3日夜に最接近

2012年10月02日

 気象庁によると、台風19号は2日午後3時現在、硫黄島の南南東約450キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで西北西へ進んでいる。今後、日本の南海上を発達しながら北に進み、3日夜には暴風域を伴って小笠原諸島に最も接近する見込み。

 台風19号は中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで中心の東側700キロ以内と西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。台風の北上に伴い、小笠原諸島では3日は風が強まり暴風となり、海上は大しけとなる見込み。小笠原諸島と伊豆諸島南部では、3日は断続的に雷を伴った1時間に30ミリの激しい雨が降り、大雨となる見込み。3日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、伊豆諸島南部150ミリ、小笠原諸島100ミリ。小笠原諸島で3日にかけて予想される最大風速は25メートル、波の高さは8メートル。

 台風は、4日は伊豆諸島の東海上を加速しながら北上し、5日には日本の東で温帯低気圧にかわり、さらに発達する見込み。【毎日jp編集部】

http://mainichi.jp/select/news/20121002mog00m040015000c.html

|

« 兜町:消える証券マン 20年で17万→8.8万人 | トップページ | iPad mini:発表は10月17日、来週にもAppleが招待状を発送か - 米Forbes »

気象・地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風19号:小笠原に3日夜に最接近:

« 兜町:消える証券マン 20年で17万→8.8万人 | トップページ | iPad mini:発表は10月17日、来週にもAppleが招待状を発送か - 米Forbes »