« ハーバード大、「iPS細胞移植例ない」と説明 | トップページ | 台風 16日頃から沖縄荒天か »

2012年10月12日 (金)

中3飛び降り、救急車呼ばずタクシーで搬送

鳥取県境港市の市立中学校で3年の男子生徒(15)が校舎玄関のひさしから飛び降り、腰や右手首を骨折する3か月の重傷を負った問題で、校長は11日、市役所で記者会見し、深々と頭を下げて男子生徒や家族に謝罪した。

 同席した佐々木邦広・市教育長も陳謝し、再発防止に向け「いじめを受けた側の苦痛を、学校が厳しく見ていくよう指導を徹底する」と強調した。

 校長や市教委によると、男子生徒は飛び降りる直前の10日の昼休み中に、8人の男子にからかわれていた。その様子は他の生徒も目撃、事後に学校が実施したアンケートには「悪ふざけの度が過ぎていた」との指摘があったという。男子生徒から学校や家族にいじめの相談はなかったが、最近、家族に「眠れない」と話したこともあったという。

 市教委は10日、相談窓口「境港いじめ相談ホットライン」の電話番号とメールアドレスを記した名刺大のカードを市内の全児童、生徒に配ったが、事故は配布直前に起こった。学校側は事前に男子生徒へのいじめを把握していなかったといい、校長は「(今後は)ささいなサインも見逃さないよう学校が一丸となって対応していく」と唇をかんだ。

 同校の保護者の1人は「生徒がけがをしたとは聞いていたが、いじめが原因と聞いて驚き、残念に思っている。今後は生徒らがわだかまりなく元の学校生活に戻れるようケアをしてほしい」と注文。県内のある中学校長は「いじめはどこでも起こりうる。生徒たちの実態を今まで以上にきちんと把握し、適切に指導するしか対策はない」と言葉少なに話した。

 一方、男子生徒が飛び降りてけがをした際、学校は救急車を呼ばず、タクシーで市内の病院へ搬送していた。校長は「普段から生徒を診察してもらっている医師のいる病院へ連れて行きたかった。他意はない」と説明するが、佐々木教育長は「学校での事故の際は救急車と警察を迷わずに呼ぶように指導しており、適切ではなかった」と述べた。(大櫃裕一、中村申平、進元冴香)

(2012年10月12日12時00分  読売新聞)

|

« ハーバード大、「iPS細胞移植例ない」と説明 | トップページ | 台風 16日頃から沖縄荒天か »

いじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中3飛び降り、救急車呼ばずタクシーで搬送:

« ハーバード大、「iPS細胞移植例ない」と説明 | トップページ | 台風 16日頃から沖縄荒天か »