« iPS臨床問題:森口氏「論文一部ウソ」 記者会見で | トップページ | イチロー2ランも…ヤンキース、初戦落とす »

2012年10月14日 (日)

iPS臨床問題:家賃6万円のアパート暮らし 森口氏

毎日新聞 2012年10月13日 21時55分(最終更新 10月13日 22時02分)

 「iPS細胞の世界初の臨床応用を実施した」と発表した森口尚史氏が住む千葉県市川市のアパートの大家の女性は、一連の騒ぎに驚きを隠せない。大家の女性によると森口氏は十数年前から住んでおり、1人暮らしだという。女性は「会えばあいさつする程度だったが、印象は良い方だった。前に『東大の教授になった』と話していたので、こんな騒ぎになりびっくりしている」と話していた。

 アパートの住人によると部屋の間取りは1Kで家賃は6万円前後という。隣に住む男性は「普段、雨戸は閉めっぱなしで、洗濯物を干してあるのを見たこともない。物音も聞いたことがなく、人が住んでいるのかどうかもわからなかった」と話していた。【山縣章子】

|

« iPS臨床問題:森口氏「論文一部ウソ」 記者会見で | トップページ | イチロー2ランも…ヤンキース、初戦落とす »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPS臨床問題:家賃6万円のアパート暮らし 森口氏:

« iPS臨床問題:森口氏「論文一部ウソ」 記者会見で | トップページ | イチロー2ランも…ヤンキース、初戦落とす »