« 「先軍」正恩体制にほころび…兵士も窮状に絶望 | トップページ | 真紀子文科相、原発事故「科学技術の光と影だ」 »

2012年10月 8日 (月)

尖閣、中国「日本は強盗の論理」…英紙に論文も

【北京=加藤隆則】中国国営の中央テレビ(CCTV)は4日から5日にかけ、中国の劉暁明駐英大使が尖閣諸島の領有権を主張する論文を3日付の英紙デイリー・テレグラフに公表したことを繰り返し報じた。

 中国政府が国際世論への働きかけを強めていることを国内にも誇示する意図があるとみられる。

 「歴史を覆すことはできない」と題された論文は、「1943年に中英米の3か国首脳が発表したカイロ宣言には、『中国から盗んだ領土の返還』を明確に定めている。釣魚島(尖閣諸島の中国名)は日本が1895年、甲午戦争(日清戦争)を利用して盗んだ」との中国政府の公式見解を強調。その上で、「中英軍は戦場で肩を並べて日本のファシズムと戦った。戦争勝利の成果を肯定し、戦後の国際秩序を維持することは、中英両国と国際社会の共同責任だ」と主張した。

 また、同テレビなどによると、駐カタールの張志良中国大使は4日、ドーハで記者会見を開き、「日本政府と右翼分子が強盗の論理を持ち続けるのであれば、中日関係は友好の発展があり得ない」と尖閣諸島の国有化を厳しく批判した。

(2012年10月7日20時55分  読売新聞)

|

« 「先軍」正恩体制にほころび…兵士も窮状に絶望 | トップページ | 真紀子文科相、原発事故「科学技術の光と影だ」 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣、中国「日本は強盗の論理」…英紙に論文も:

« 「先軍」正恩体制にほころび…兵士も窮状に絶望 | トップページ | 真紀子文科相、原発事故「科学技術の光と影だ」 »