« 生きられる社会へ:生活保護の今 「不正受給」取り締まっても 保護必要な人は減らない | トップページ | プロ野球:ドラフト会議 上位指名候補紹介/上 高校生編 »

2012年10月23日 (火)

がん生存率:治療開始後5年、最大33ポイント差−−国公立28専門病院

2012年10月23日

 全国の国公立のがん専門病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協、31施設加盟)は23日付で、01〜03年に加盟施設の患者だった人の治療開始から5年後の生存率を、5部位のがんごとに分析し、同意を得た28施設別に公開した。施設間の差は肺がんで最も大きく、33ポイントあった。最少は乳がんで9ポイントだった。

 施設ごとの生存率公表は07、08年に次いで3回目。公表した施設数は、乳がん25▽大腸がん24▽肺がん24▽胃がん23▽子宮頸(けい)がん16−−で、前回より延べ28施設増えた。患者のがんの進行度に偏りがあるため、初期の「1期」と、最も進行した「4期」の比率も調べた。数字が小さいほど、進行がんが相対的に多い。データをまとめた群馬県立がんセンターの猿木信裕院長は「病院間の優劣を示したものではなく、患者が医師と治療について話し合う資料として使ってほしい」としている。

 また、施設ごとの生存率とは別に、30施設のデータから、肺がんの種類別に5年生存率を初めて算定した。最も高かったのは腺がんで51・1%(症例数7197)、扁平(へんぺい)上皮がんが33・8%(同3027)、小細胞がん17・8%(同1350)。

 全加盟施設で97〜04年にがんと診断された24万症例をデータベース化して、30以上の部位や進行度、性別ごとに生存率を検索できる「KapWeb(カップウェブ)」も公開した。より自分の症状に近い条件で、調べることができるという。いずれも全がん協のウェブサイト(http://www.zengankyo.ncc.go.jp/)で公開している。【久野華代】

………………………………………………………………………………………………………

 <胃がん>

施設名       生存率(%) 症例数 1期/4期比

北海道がんC    57.9   194  1.7

岩手県立中央病院  61.0   334  2.5

宮城県立がんC   72.4   356  3.3

山形県立中央病院  77.0   702  3.4

茨城県立中央病院  56.2   278  1.9

栃木県立がんC   70.2   584  3.4

群馬県立がんC   61.6   556  1.8

埼玉県立がんC   65.4   928  2.8

千葉県がんC    74.6   524  4.1

続く

http://mainichi.jp/select/news/20121023mog00m040003000c2.html

|

« 生きられる社会へ:生活保護の今 「不正受給」取り締まっても 保護必要な人は減らない | トップページ | プロ野球:ドラフト会議 上位指名候補紹介/上 高校生編 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がん生存率:治療開始後5年、最大33ポイント差−−国公立28専門病院:

« 生きられる社会へ:生活保護の今 「不正受給」取り締まっても 保護必要な人は減らない | トップページ | プロ野球:ドラフト会議 上位指名候補紹介/上 高校生編 »