« 桜:春と勘違い? 成田で開花 /千葉 | トップページ | プロ野球:西武、ヤクルトが雪辱…CSファーストS第2戦 »

2012年10月15日 (月)

公明党:「0増5減」容認 衆院の年内解散を優先

毎日新聞 2012年10月14日 14時24分(最終更新 10月14日 14時58分)

公明党の井上義久幹事長=藤井太郎撮影

公明党の井上義久幹事長=藤井太郎撮影

 公明党の井上義久幹事長は14日のNHK番組で、衆院小選挙区の「1票の格差」を是正する「0増5減」法案について「与野党のおおかたの政党が合意できるなら選択肢の一つだ」と述べ、先行実施を容認する考えを示した。同党は少数政党に有利な小選挙区比例代表連用制の導入などと併せた抜本改革を主張してきたが、衆院の年内解散を求める立場から方針転換した。

 法案が成立しても、0増5減実施には有権者への周知期間などに約3カ月間が必要とされる。井上氏は「国の現状を考えると、衆院解散・総選挙を優先してしかるべきだ。やむを得ない」と説明。臨時国会で法案が成立するなら、次期衆院選は最高裁が指摘する違憲状態での実施もやむなしとの考えを示した。同党は次期衆院選の「12月9日投開票」を明示している。【福岡静哉】

|

« 桜:春と勘違い? 成田で開花 /千葉 | トップページ | プロ野球:西武、ヤクルトが雪辱…CSファーストS第2戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公明党:「0増5減」容認 衆院の年内解散を優先:

« 桜:春と勘違い? 成田で開花 /千葉 | トップページ | プロ野球:西武、ヤクルトが雪辱…CSファーストS第2戦 »