« 「東大より欧米大」秋入学の海外学生、3割辞退 | トップページ | 箱根駅伝予選会に45チームがエントリー »

2012年10月 3日 (水)

米紙「尖閣、日本の戦利品」は「的射ていない」

【ニューヨーク=柳沢亨之】在ニューヨーク日本総領事館は2日、尖閣諸島の日本領有を「不法」とする台湾人学者の論文をブログで紹介した米紙ニューヨーク・タイムズの著名コラムニスト、ニコラス・クリストフ氏への反論を、同ブログに投稿した。

 論文は、台湾の政治大学研究員のもので、9月19日付の同紙ブログに掲載された。論文は、日本が現地調査を始めた1885年当時の沖縄県令(知事)らが記した公文書を基に「明治政府は中国の(尖閣)所有を認知していた」とし、日本は尖閣を「(日清戦争の)戦利品として編入した」などと主張した。クリストフ氏自身も、同論文などを根拠に「中国の主権を裏付ける証拠に説得力がある」とした。

 これに対し同総領事館は、編入決定が、尖閣諸島を無人島と確認した現地調査の結果であり、同研究員の主張は「的を射ていない」と反論した。クリストフ氏は米ピュリツァー賞を2度受賞した同紙の看板記者で、香港、北京、東京の特派員を歴任した。

(2012年10月3日18時13分  読売新聞)

|

« 「東大より欧米大」秋入学の海外学生、3割辞退 | トップページ | 箱根駅伝予選会に45チームがエントリー »

尖閣諸島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米紙「尖閣、日本の戦利品」は「的射ていない」:

« 「東大より欧米大」秋入学の海外学生、3割辞退 | トップページ | 箱根駅伝予選会に45チームがエントリー »