« 前田森林公園 | トップページ | 山中氏ノーベル賞:「難病治したい」繰り返した挫折、再起 »

2012年10月 9日 (火)

石巻:震災後初、重機使った大規模捜索 長面地区

毎日新聞 2012年10月08日 22時32分(最終更新 10月08日 22時52分)

震災から1年半以上がたち、ようやく水が引いた農地に重機を入れ行方不明者を捜索する警察官ら=宮城県石巻市長面地区で2012年10月8日、森田剛史撮影

震災から1年半以上がたち、ようやく水が引いた農地に重機を入れ行方不明者を捜索する警察官ら=宮城県石巻市長面地区で2012年10月8日、森田剛史撮影

 宮城県石巻市は8日、東日本大震災の津波で児童74人が死亡・行方不明になった市立大川小学校近くの長面(ながつら)地区で、重機を使った大規模捜索を震災後初めて開始した。同地区は地盤沈下や防潮林の流出で浸水し、今年6月に全長1.3キロの堤防が完成するまで、ポンプで排水できない状態が続いていた。来年3月まで、震災前に農地だった106ヘクタールを捜索する。

 同地区では大川小の児童を含めて80人が死亡、23人が行方不明になっており、初日の捜索には県警河北署員や市教委職員ら約30人が参加。水深約1メートルでも掘削できるショベルカーなど重機4台で用水路から泥を掘り出し、手作業で行方不明者の手がかりを捜した。同署の佐藤昭彦地域課長(46)は「骨の一片も見落とさずに捜し、家族に早く戻したい」と話した。【須藤唯哉】

http://mainichi.jp/select/news/20121009k0000m040065000c.html

|

« 前田森林公園 | トップページ | 山中氏ノーベル賞:「難病治したい」繰り返した挫折、再起 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石巻:震災後初、重機使った大規模捜索 長面地区:

« 前田森林公園 | トップページ | 山中氏ノーベル賞:「難病治したい」繰り返した挫折、再起 »