« 「iPadミニ」発表…11月2日発売 | トップページ | 尖閣への日米安保不適用、暗に要求?中国副首相 »

2012年10月24日 (水)

首相「任命責任ある」、法相後任に滝氏再登板へ

野田首相は23日、田中慶秋法相の辞任について、「任命した閣僚が職務を全うできなかったという意味で、任命権者の責任はある」と述べ、自らの任命責任を認めた。

 後任には、滝実前法相(74)を起用する方向で最終調整に入った。24日にも任命する。

 首相は首相官邸で記者団に、田中氏への任命責任を認めたうえで、「その責任は、内閣全体で職務にまい進することによって果たしていきたい」と語った。

 滝氏は、6月の再改造内閣で法相として入閣、10月1日の第3次改造内閣発足まで約4か月務めた。臨時国会召集を29日に控え、滝氏なら国会答弁に即応できると判断したとみられる。衆院奈良2区選出で当選5回。今期限りで議員を引退する意向を表明している。

 政府は23日の持ち回り閣議で、法相の後任が決まるまでの臨時代理に小平忠正国家公安委員長を指名したが、首相は後任人事の早期の決着を目指している。

 田中氏が兼務していた拉致問題相は、藤村官房長官に兼務させる方向だ。拉致問題相は民主党政権で田中氏が7人目で、頻繁な交代に批判が強まったため、首相の信頼が厚い藤村氏に兼務させることで、拉致問題への取り組みをアピールする狙いがありそうだ。

(2012年10月24日04時05分  読売新聞)

|

« 「iPadミニ」発表…11月2日発売 | トップページ | 尖閣への日米安保不適用、暗に要求?中国副首相 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相「任命責任ある」、法相後任に滝氏再登板へ:

« 「iPadミニ」発表…11月2日発売 | トップページ | 尖閣への日米安保不適用、暗に要求?中国副首相 »