« 社説:iPS臨床騒動 虚偽報告の重い教訓 | トップページ | 尼崎・床下遺体:謎多い関係 64歳被告が精神的に支配か »

2012年10月16日 (火)

ヤクルト:「継投ミス」悔やむ

毎日新聞 2012年10月15日 23時47分

 ○中日4−1ヤクルト●(15日・CSファーストS第3戦)

 ヤクルトは救援陣の層の薄さが最後に響いた。七回から登板した3番手の赤川が八回先頭の中日・大島に安打を浴び、1死二塁で投入した山本哲も井端に四球。ここでベンチは前日に2イニングを投げている抑えのバーネットを投入したが、疲れからか制球が定まらない。和田に四球を与えて傷口を広げ、「カウントを悪くして直球勝負になった」というブランコに満塁弾を浴びて万事休す。荒木チーフコーチは「トニー(バーネット)の負担を減らしたかった。継投ミス」と悔やんだ。

ソフトバンク:秋山采配の「妙」

http://mainichi.jp/sports/news/20121016k0000m050110000c.html

|

« 社説:iPS臨床騒動 虚偽報告の重い教訓 | トップページ | 尼崎・床下遺体:謎多い関係 64歳被告が精神的に支配か »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤクルト:「継投ミス」悔やむ:

« 社説:iPS臨床騒動 虚偽報告の重い教訓 | トップページ | 尼崎・床下遺体:謎多い関係 64歳被告が精神的に支配か »