« 北朝鮮:経済改革「失敗許す」金正恩氏が柔軟な変更指示 | トップページ | イグアナ:石垣で野生化 目撃情報も相次ぐ »

2012年10月14日 (日)

青森・大間原発の南西に活断層 約14キロ、さらに延長も

東京新聞 2012年10月14日 05時03分

建設工事が再開したばかりの電源開発大間原発(青森県)の南西40~50キロの海域に、これまで知られていなかった海底活断層があることが13日、産業技術総合研究所と東海大のチームによる調査で分かった。

2012101401001039
建設を再開した大間原発=6月、青森県大間町

 確認された長さは約14キロだが、さらに南北方向に延びるとみられる。チームの粟田泰夫・産総研主任研究員は「下北半島の地震防災を考えると詳しい調査をする必要がある。北への延び方によっては、大間原発に影響する可能性も考えられる」としている。

 電源開発はこの海底活断層を把握しておらず、原子力規制委の耐震安全性確認で問題となれば、工事続行や運転開始に影響することもあり得る。

|

« 北朝鮮:経済改革「失敗許す」金正恩氏が柔軟な変更指示 | トップページ | イグアナ:石垣で野生化 目撃情報も相次ぐ »

原発関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森・大間原発の南西に活断層 約14キロ、さらに延長も:

« 北朝鮮:経済改革「失敗許す」金正恩氏が柔軟な変更指示 | トップページ | イグアナ:石垣で野生化 目撃情報も相次ぐ »