« プロ野球:オリックス西がノーヒットノーラン | トップページ | 山中・京大教授ら2人にノーベル生理学・医学賞 »

2012年10月 8日 (月)

中国の国慶節:客殺到し観光用のラクダ相次ぎ「過労死」

毎日新聞 2012年10月08日 15時24分(最終更新 10月08日 16時28分)

中国甘粛省敦煌郊外の鳴沙山で、ラクダに乗り砂漠を見て回る大勢の観光客=共同

中国甘粛省敦煌郊外の鳴沙山で、ラクダに乗り砂漠を見て回る大勢の観光客=共同

 中国甘粛省敦煌郊外の広大な砂漠、鳴沙山に9月30日〜10月7日の国慶節(建国記念日)の大型連休中、観光客が殺到し、休む間もなく人を乗せた観光用のラクダが疲労のため相次いで死に、衝撃が広がっている。中国の休暇の在り方を疑問視する見方も出ている。

 鳴沙山ではラクダに乗って砂漠を見て回るツアーが観光名物で、約1000頭が待機。今年の連休は毎日約8000人近くの観光客がツアーに参加し、午前5時半から夜中まで10時間以上歩き続けたラクダもいた。

 ツアー責任者はえさを増やすなどしたが、客を制限して休ませたりはせず、連休中に2日連続でラクダが死んだという。(北京・共同)

http://mainichi.jp/select/news/20121008k0000e030157000c.html

|

« プロ野球:オリックス西がノーヒットノーラン | トップページ | 山中・京大教授ら2人にノーベル生理学・医学賞 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の国慶節:客殺到し観光用のラクダ相次ぎ「過労死」:

« プロ野球:オリックス西がノーヒットノーラン | トップページ | 山中・京大教授ら2人にノーベル生理学・医学賞 »