« 尖閣、中国「日本は強盗の論理」…英紙に論文も | トップページ | 三冠馬オルフェーヴル、首差で2着…仏凱旋門賞 »

2012年10月 8日 (月)

真紀子文科相、原発事故「科学技術の光と影だ」

約80か国・地域と国際機関の関係者、ノーベル賞受賞者、経営者ら約1000人が参加する国際会議「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)」の第9回年次総会が7日、京都市で開幕した。

 田中真紀子文部科学相は講演で、東京電力福島第一原子力発電所の事故について「科学技術の『光』と『影』が顕在化した」と指摘したうえで、「各国の力を借りて、困難な事態への対処に当たりたい」と強調した。

 一方、前原国家戦略相は会議に出席した各国の大臣らと「国際科学技術関係大臣会合」に臨んだ。前原氏は、2030年代に原発ゼロを目指すとした日本の政策を説明し、「経済成長の実現に加え、再生可能エネルギーと省エネルギーの導入・拡大を強力に推し進める」と述べた。

(2012年10月7日21時40分  読売新聞)

|

« 尖閣、中国「日本は強盗の論理」…英紙に論文も | トップページ | 三冠馬オルフェーヴル、首差で2着…仏凱旋門賞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真紀子文科相、原発事故「科学技術の光と影だ」:

« 尖閣、中国「日本は強盗の論理」…英紙に論文も | トップページ | 三冠馬オルフェーヴル、首差で2着…仏凱旋門賞 »