« 日本維新:橋下氏が党運営の最終決定権 全体会議で強調 | トップページ | 男子テニス:錦織圭が初の決勝進出 楽天ジャパンOP »

2012年10月 7日 (日)

オスプレイ:繰り返しルール違反の疑い 批判高まる

毎日新聞 2012年10月06日 23時27分(最終更新 10月07日 02時04分)

日米両政府が合意しているオスプレイの主な運用ルール

日米両政府が合意しているオスプレイの主な運用ルール

普天間飛行場への着陸直前、保育園のほぼ真上を飛ぶオスプレイ=沖縄県宜野湾市大謝名3のこがねの森保育園で2012年10月6日午後2時44分、福永方人撮影

普天間飛行場への着陸直前、保育園のほぼ真上を飛ぶオスプレイ=沖縄県宜野湾市大謝名3のこがねの森保育園で2012年10月6日午後2時44分、福永方人撮影

 オスプレイ12機の米軍普天間飛行場への配備が完了し、政府はひとまず安堵(あんど)している。墜落事故の影響で配備時期が一時、見通せなくなったからだ。だが、配備が始まった今月1日以降、沖縄では、日米両政府が9月に交わした運用ルールに違反する飛行をしているとの批判が高まった。

 政府はルールを順守するよう米側に求めてきたが、その多くに「できる限り」「可能な限り」などの前提が付いている。このため実際の運用は米側の裁量に多くを委ねざるを得ず、政府の対応は手詰まりになっている。

 防衛省幹部は6日、「ようやく配備され、ほっとした」と語った。米側は当初、7月下旬にもオスプレイを普天間飛行場に配備する予定だったが、4月にモロッコで、6月には米フロリダ州で墜落事故が発生。その原因調査などに時間がかかり、配備開始が約2カ月ずれ込んだからだ。

 一方で、普天間への配備が始まると、地元住民や自治体から「日米合意が守られていない」との指摘が相次ぐようになる。防衛省にも「現場の兵士に、日本国内の厳しい空気が伝わっていないのではないか」(幹部)との見方が出ている。

 違反が指摘される一つは「飛行モード」。日米両政府はオスプレイが「転換モード」で市街地上空を飛ぶ時間を短縮するため、それに切り替える前後の「ヘリモード」を原則、米軍施設・区域内に限った。墜落事故は転換モードで飛行中に起き、沖縄に不安が広がったためだ。森本敏防衛相は「明確な違反があれば米国に指摘する」と強調するが、運用は実質的に米側に委ねるしかないのが実情だ。【朝日弘行】

 ◇日米両政府が合意しているオスプレイの主な運用ルール

▽低空飛行訓練 地上500フィート(約150メートル)以上で飛行する。ただし、安全性を確保するため地上500フィートを下回らざるを得ないこともある。原発、史跡、人口密集地域、学校などの上空を飛ぶことは避ける。

▽飛行コース 米軍施設・区域の周辺では、学校や病院を含む人口密集地域の上空をできる限り避けて設定する。可能な限り海上を飛行する。

▽飛行モード 必要な場合を除き、回転翼を上に向ける「垂直離着陸モード(ヘリモード)」での飛行は米軍施設・区域内に限る。回転翼を前傾させる「転換モード」での飛行時間は可能な限り短くする。

▽夜間飛行訓練 任務の達成や、要員の練度維持に必要な最小限度に制限する。

http://mainichi.jp/select/news/20121007k0000m010101000c.html

|

« 日本維新:橋下氏が党運営の最終決定権 全体会議で強調 | トップページ | 男子テニス:錦織圭が初の決勝進出 楽天ジャパンOP »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ:繰り返しルール違反の疑い 批判高まる:

« 日本維新:橋下氏が党運営の最終決定権 全体会議で強調 | トップページ | 男子テニス:錦織圭が初の決勝進出 楽天ジャパンOP »