« 肖像画:発言「誤報」で混乱…「若いモナリザ」専門家説明 | トップページ | 福島健康調査:「結論ありき」県民憤り…検討委「進行表」 »

2012年10月 5日 (金)

iPS細胞:卵子を作成…マウスの子誕生に成功 京都大

毎日新聞 2012年10月05日 03時00分(最終更新 10月05日 03時24分)

iPS細胞から作成された卵子を使って生まれたマウス=林克彦・京都大准教授提供

iPS細胞から作成された卵子を使って生まれたマウス=林克彦・京都大准教授提供

マウスのiPS細胞から作成した卵子=京都大提供

マウスのiPS細胞から作成した卵子=京都大提供

 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から卵子を作成し、体外受精によって正常な子供を誕生させることに、京都大の研究グループが世界で初めて成功した。昨年、iPS細胞から作った精子での受精、出産に成功したと発表しており、理論上、人工的に作成した精子と卵子によって子供を作ることが可能になる。5日付の米科学誌「サイエンス」電子版に掲載された。

 生殖機能のメカニズムの解明がさらに進んだことになり、将来的には不妊症の原因解明や治療につながることも期待される。ただ、ヒトへの応用などを巡り、倫理面や技術面で議論を呼びそうだ。

 実験に成功したのは、京大の斎藤通紀(みちのり)教授(発生生物学)らの研究グループ。iPS細胞と同じ万能細胞とされる胚性幹細胞(ES細胞)でも、同様の方法で子供が誕生したという。

 グループは、マウスの胎児の細胞から作成したiPS細胞に、2種類のたんぱく質などを加えて培養することで、精子や卵子の前段階となる「始原(しげん)生殖細胞」に極めて似た細胞を作った。

 精子の場合、この始原生殖細胞を雄の精巣に移植して作った。しかし、卵子はそのままでは分化しにくく、雌の胎児に含まれている、分化を助ける役割を果たす体細胞と一緒に培養したうえで、雌の卵巣へ移植した。

 その後、約4週間で卵子ができ、通常の体外受精の手法で雌の仮親の子宮に受精卵を移植した。生まれた子供は雄雌ともに生殖能力を持つ正常な個体に育ち、孫の世代が生まれたという。

 斎藤教授はヒトなどへの応用について、「マウスで得られた知見を生かす時期に来たと思うが、マウスとヒトは大きく違う」として、まだ初期の研究段階であると強調した。不妊症の治療についても「技術的、倫理的な問題をクリアする必要があり、一足飛びに進むのは難しい」と話した。【五十嵐和大】

 ◇解説 生命倫理上の問題も…ヒト応用、具体的な議論急務

 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から卵子を作成し子供を誕生させることに、京都大の研究グループが成功した。精子や卵子といった生殖細胞は、他の細胞と異なる複雑な過程を経てできるため、人工的に作成するのは難しい。特に卵子は、その機能から、精子以上に作成が困難という見方もあり、今回の成果は画期的と言える。

続く

http://mainichi.jp/select/news/20121005k0000m040089000c2.html

|

« 肖像画:発言「誤報」で混乱…「若いモナリザ」専門家説明 | トップページ | 福島健康調査:「結論ありき」県民憤り…検討委「進行表」 »

医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞:卵子を作成…マウスの子誕生に成功 京都大:

« 肖像画:発言「誤報」で混乱…「若いモナリザ」専門家説明 | トップページ | 福島健康調査:「結論ありき」県民憤り…検討委「進行表」 »