« 民主党:2議員が減税参加検討 執行部引き留めに追われる | トップページ | 放射性セシウム:黒毛和牛で新基準超える値検出 群馬 »

2012年10月27日 (土)

プロ野球:日本シリーズ、27日開幕

毎日新聞 2012年10月26日 21時40分(最終更新 10月26日 22時54分)

 プロ野球の「コナミ日本シリーズ2012」(7試合制、4戦先勝方式)は27日、東京ドームで開幕する。ともに3年ぶりにリーグ制覇を果たしたセの巨人とパの日本ハムが顔を合わせる。巨人は3年ぶり22回目、日本ハムは6年ぶり3回目(前身の東映時代の1回を含む)の日本一を目指す。両チームは26日、東京ドームで最終調整を行った。

 ◇巨人 「つなぐ」攻撃徹底

 巨人・原監督は、主導権を握るためのポイントに先発投手を挙げる。先発陣の宮国と沢村は日本シリーズの経験がないだけに、CSで登板機会のなかった杉内が間に合いそうなのは好材料だ。

 捕手で主砲の阿部は、主軸の中田、稲葉に足を絡める日本ハム打線を警戒しつつ「自分のチームの投手を生かして、その中でアレンジできればいい」。打線については「みんながつないでいく気持ちを持てれば」と強調する。原監督は「非常に若返って、スピードという点では今年のチームの方が上」と3年ぶりの日本一に自信を示した。【武藤佳正】

 ○…巨人の原監督は「がっぷり四つに組む」と話し、初戦はエース内海の先発が濃厚だ。リラックスした雰囲気で練習した内海は、6月の交流戦で日本ハムに7回1失点で勝った試合について「データに入っていない。今のイメージを大事にしたい」と切り替えていた。クライマックスシリーズでは17日と21日に登板し、いずれも球数は100以上だったが、「先発が一試合でも多く、長く投げれば、中継ぎが大事なところでフル回転できる」と過密な登板間隔も意に介していなかった。

 ◇日本ハム 中継ぎ、宮西カギ

 大逆転で日本シリーズ進出を決めた巨人の勢いを、クライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ3試合で4失点と安定した投手陣がいかに抑え込めるか。吉井投手コーチは「特別なことはない。みんな張り切って投げてくれればそれでいい」と話す。

 第1〜3戦は、CSでも起用された吉川、武田勝、ウルフの先発が濃厚。阿部、高橋由と左の強打者が並ぶ巨人打線に対して、キーマンになるのが中継ぎ左腕の宮西。腰痛からCSは登板しなかったが、「球は戻った。みんなでつないで抑えていきたい」と充実した表情だった。【岸本悠】

続く

http://mainichi.jp/sports/news/20121027k0000m050081000c2.html

|

« 民主党:2議員が減税参加検討 執行部引き留めに追われる | トップページ | 放射性セシウム:黒毛和牛で新基準超える値検出 群馬 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球:日本シリーズ、27日開幕:

« 民主党:2議員が減税参加検討 執行部引き留めに追われる | トップページ | 放射性セシウム:黒毛和牛で新基準超える値検出 群馬 »