« 復興予算:使途調査へ…衆院委 「被災地外」に批判 | トップページ | 原子力規制委:原発防災 重点区域135市町村に…拡大案 »

2012年10月 4日 (木)

米軍:最新鋭ステルスF35、中国にらみ嘉手納配備へ

毎日新聞 2012年10月04日 00時53分(最終更新 10月04日 01時45分)

ステルス戦闘機F35=米ロッキード・マーチン社提供(共同)

ステルス戦闘機F35=米ロッキード・マーチン社提供(共同)

 カーター米国防副長官は3日、ワシントンで講演し、米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35を米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に配備する方針を表明した。

 機数や時期には言及しなかったが、普天間飛行場(同県宜野湾市)への配備が進む新型輸送機MV22オスプレイの安全性をめぐり懸念が広がる中、地元の一層の反発を招く可能性がある。

 F35の嘉手納配備は軍備拡張を続ける中国軍を念頭に置いた措置とみられる。カーター氏は、アジア太平洋地域重視の国防戦略を踏まえ「最新装備を同地域に最初に配備する」と強調した。(共同)

|

« 復興予算:使途調査へ…衆院委 「被災地外」に批判 | トップページ | 原子力規制委:原発防災 重点区域135市町村に…拡大案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米軍:最新鋭ステルスF35、中国にらみ嘉手納配備へ:

« 復興予算:使途調査へ…衆院委 「被災地外」に批判 | トップページ | 原子力規制委:原発防災 重点区域135市町村に…拡大案 »