« オスプレイ:ごう音、保育園にも 低空飛行にため息 | トップページ | 「冷や汗の連続」厚労相迷走?早くも訂正・修正 »

2012年10月 7日 (日)

岡田副総理、原発事故は「幸運だった」

岡田副総理は6日、三重県桑名市で講演し、東京電力福島第一原子力発電所事故について、「いろんな関係者が言っているが、事故は幸運だった。最悪の場合は東京圏も含めて汚染される可能性があった」と語った。

 岡田氏は講演後の記者会見で、発言の意図について「そういう(最悪の)事態になれば、福島でももっと影響が出て、高濃度に汚染されていた。現状でもひどい状況だが、最悪の事態を考えれば幸運にも助けられたということだ」と説明した。福島県では、今も多くの県民が避難を続けており、発言は、地元の反発を招くおそれもある。

(2012年10月6日22時40分  読売新聞)

|

« オスプレイ:ごう音、保育園にも 低空飛行にため息 | トップページ | 「冷や汗の連続」厚労相迷走?早くも訂正・修正 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡田副総理、原発事故は「幸運だった」:

« オスプレイ:ごう音、保育園にも 低空飛行にため息 | トップページ | 「冷や汗の連続」厚労相迷走?早くも訂正・修正 »