« 海水浴場栄華の跡 | トップページ | ソフトバンク:財務基盤悪化の懸念も 米スプリント買収 »

2012年10月16日 (火)

冬支度:ナキウサギ、大忙し…北海道・然別

毎日新聞 2012年10月15日 23時16分(最終更新 10月16日 02時23分)

秋空の下、岩の上で日差しを浴びるナキウサギ=北海道鹿追町で、梅田麻衣子撮影

秋空の下、岩の上で日差しを浴びるナキウサギ=北海道鹿追町で、梅田麻衣子撮影

 「ピィツィ、ピチ」。秋空の下、大雪山国立公園にある北海道鹿追(しかおい)町の然別(しかりべつ)湖近くで、ナキウサギの甲高い鳴き声が響く。大きな岩が積み重なった高山帯の「ガレ場」に生息。冬眠しないため、降雪前に餌の草などを岩の隙間(すきま)の巣にため込む。今、冬支度に大忙しだ。

 体長は約15センチ。時折、岩の上に出て気持ち良さそうに日を浴びる。丸い耳とつぶらな瞳が特徴だ。愛くるしい表情がアマチュアカメラマンや登山客を楽しませている。【梅田麻衣子】

|

« 海水浴場栄華の跡 | トップページ | ソフトバンク:財務基盤悪化の懸念も 米スプリント買収 »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬支度:ナキウサギ、大忙し…北海道・然別:

« 海水浴場栄華の跡 | トップページ | ソフトバンク:財務基盤悪化の懸念も 米スプリント買収 »