« 大飯調査批判「過酷だ、性急な判断求められた」 | トップページ | 麻雀に狂った男・・・49 »

2012年11月18日 (日)

福島で甲状腺検査、子ども1人にがんの疑い

福島県立医大は18日、東京電力福島第一原発事故の発生当時に18歳以下だった県内の約36万人を対象に実施している甲状腺検査で、初めて「直ちに2次検査が必要」とされる子供が1人いたと発表した。

 がんの疑いがあるという。同大は、「チェルノブイリ原発事故では甲状腺がんの発症に最短でも4年かかった」として、原発事故との関連性は薄いとみている。

 1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、症状の軽い方から「A」「B」「C」に分けられる。同大によると、この子供は今年度検査を受けた16歳以上の女子で、判定は「C」。検査で、基準となる直径5・1ミリ以上のしこりが見つかり、今後、痛みなどが出る可能性があるとして、細胞を採取するなどの検査を早急に行うことにした。

(2012年11月18日19時03分  読売新聞)

|

« 大飯調査批判「過酷だ、性急な判断求められた」 | トップページ | 麻雀に狂った男・・・49 »

放射性物質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島で甲状腺検査、子ども1人にがんの疑い:

« 大飯調査批判「過酷だ、性急な判断求められた」 | トップページ | 麻雀に狂った男・・・49 »