« スカイツリー:電波障害対策100億円 NHK・民放 | トップページ | ネットバンク事件:口座名義人の男逮捕「中国人に売った」 »

2012年11月 2日 (金)

節電:北海道は平日7% 今冬目標、政府原案が判明

毎日新聞 2012年11月02日 02時30分(最終更新 11月02日 02時37分)

 政府の今冬の電力需給対策案の全容が1日、判明した。停止中の泊(とまり)原発(北海道泊村)再稼働の見通しが立たず、電力需給逼迫(ひっぱく)が懸念される北海道電力管内は12月上旬から3月上旬の平日に、厳寒だった10年度冬と比べて7%以上の節電を求める。地域ごとに順番に電気を止める計画停電は経済や生活への影響が大きいため回避する。火力発電所の大規模故障などに備え、北海道電には、深刻な電力不足が予想される際は工場など大口利用者(契約電力500キロワット以上)に臨時休業してもらうなどして需要を大幅に抑える「緊急調整プログラム」を導入するように求める。

 北海道以外の8電力会社(沖縄を除く)管内は数値目標を設けず、自主的な節電を促す。2日の関係閣僚会議で正式決定する。

 節電対策は、沖縄以外の9電力で12月3日から3月29日まで実施(土日祝日と12月31日〜1月4日を除く)。北海道電管内では12月10〜28日と1月7日〜3月8日の平日に7%以上の節電を求める。時間帯は1月7日〜3月1日が午前8時〜午後9時、それ以外は午後4〜9時。ライフラインである病院や鉄道などは数値目標の対象外とする。北海道電以外の管内は午前9時(九州は午前8時)〜午後9時に数値目標無しの自主的な節電を求める。【種市房子、久田宏】

|

« スカイツリー:電波障害対策100億円 NHK・民放 | トップページ | ネットバンク事件:口座名義人の男逮捕「中国人に売った」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節電:北海道は平日7% 今冬目標、政府原案が判明:

« スカイツリー:電波障害対策100億円 NHK・民放 | トップページ | ネットバンク事件:口座名義人の男逮捕「中国人に売った」 »