« 高級店ホステス不況で売春か | トップページ | ペットショップの犬が売れ残った!さぁーどうする? »

2012年12月12日 (水)

敦賀「活断層」、田中委員長「規制委で判断」

原子力規制委員会の定例会が12日開かれ、島崎邦彦委員長代理が10日に行われた規制委の専門家会合で、日本原子力発電敦賀原子力発電所(福井県)の破砕帯(断層)について活断層の可能性が高いと結論づけたことを報告した。

 田中俊一委員長はこれを受けて、「社会的関心事項になっている。早急に詳細な報告書をまとめ、委員会として今後の判断を検討する」と述べた。

 専門家会合の結論を巡っては、日本原電が「科学的な見地から理解できない」として、判断の根拠などを尋ねる公開質問状を規制委に11日に提出。島崎代理は12日の定例会で、質問に対する回答を報告書の中に盛り込む考えを示した。

 専門家会合は、2号機の原子炉建屋直下を横切る破砕帯が活断層の可能性が高いと判断。田中委員長は「今のままでは再稼働の安全審査はできない」と述べ、2号機の再稼働は認めない方針を示していた。

(2012年12月12日11時37分  読売新聞)

|

« 高級店ホステス不況で売春か | トップページ | ペットショップの犬が売れ残った!さぁーどうする? »

原発関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀「活断層」、田中委員長「規制委で判断」:

« 高級店ホステス不況で売春か | トップページ | ペットショップの犬が売れ残った!さぁーどうする? »