« 敦賀「活断層」、田中委員長「規制委で判断」 | トップページ | 雪に覆われた我が家 »

2012年12月13日 (木)

ペットショップの犬が売れ残った!さぁーどうする?

以前発表した記事を、若干補足し訂正をした。

私の知り合いがペットショップに勤務していたが、ある事実を知ってから仕事に対し意欲が湧かなくなり退職した。

 この犬たちは(全てメス)一生(子どもが生める間)この狭いゲージで過ごす。よく啼犬は声帯を切り取られる。トイレもゲージの中で新聞紙の上に。病気になってもろくに治療もしてもらえない。もちろん散歩などはありえない。不人気犬種や子供を生めなくなった犬は、、、、処分。(実験動物、家畜の餌、焼却処分、山の中に放棄

 Breader01 

 法律では、ペットは「物」。他人の犬を殺しても器物破損になるだけ、自分の犬を殺しても、家から出るゴミ。もちろんペットショップとて例外でない。

 保険所へ持ち込めば狂犬病予防法により殺処分にしてくれる。

 ペットフード協会によると、2009年飼育頭数は犬が12.322.000頭。猫は10.021.000匹である。

犬の年間生産数は97.800頭(87万頭と言われている説もあるが定かでない)。ヒヤリングでは生産数は15万頭で5万頭は病気などで死んでいる。

 問題はペットショップで売れ残った子ども達の運命であるが、ペットショップ側では、店員やバイト、常連客に安く譲るということである。また、トリマー学校のカットモデルとして利用しているという。

 実は知り合いが退職した原因は、売れ残った可愛い子犬を山に捨てるということが原因であった。

納得する事柄が1件あった。以前、山菜採りに裏山へ入った時、小さな子犬が笹薮から現れた。見るからに捨てられたと言う感じでヨタヨタ私の後ろをついて来たことから、抱きかかえ家に連れ帰った。そのワンコはそれから18年6か月我が家の一員として幸せな生涯を送ったことは言うまでもない。

 某運送会社は毎日ペットショップへ集荷に行く契約している、届け先は分からないが、品名は肉だそうです。

 これらに関する法律は整備されておらず、生き物を「物」として扱う日本は果たしてそれでいいのか?良いはずはない。ペットは家族の一員である。老後はペットとともに送る家庭も多い。

 表に出ない殺処分は40万頭とも言われている。この数字は現実的なのかも知れない。動物を憐れむ心なくして、どうして人間を憐れむことができようか。政府は家族の一員であるペットに温かい目を向けて欲しいものである。

特定非営利活動法人日本ヒューマン&ペット協会作

「捨て犬十戒」をご覧ください。

1.僕を迎えてくれた時の事は決して忘れません。暖かい家族の中で幸せでした。ご主人様とお楽しい思い出は決して忘れません。

2.ご主人様が望んでいるようには振る舞えなかったかも知れません。僕はあまり可愛らしくなかったかも知れません。でも、ご主人様に喜んでもらいたくて、精一杯頑張ったことだけは本当です。

3.ご主人様がいなくなっても、きっと迎えに来てくれると思って待ってます。側にいられなくなった訳は良くわからないけれど・・・僕を嫌いになったからじゃないと自分に言い聞かせています。

4.僕を産んでくれたお母さん、お父さんに、ありがとって言いたい。こうして楽しい思い出を宝物にできたのも、命を与えてくれたからです。生きていたから味わえたのです。ありがとう。

5.今は、たくさんの仲間たちと一緒に暮らしています。でもみんな悲しそうです。僕もなぜか寂しい、物足りない気持ち一杯です。

6.多くの仲間たちは、連れていかれ二度と顔を見ることもない毎日です。そのときの悲しそうな目をみたことはありますか。

7.一部の仲間たちは、たまに新しいご主人が連れて帰ります。ご主人様が迎えに来てくれないなら、僕も新しいご主人様に連れて行かれるかもしれない。優しいご主人様だったら嬉しいけど・・・

8.僕にはご主人様を選ぶことはできません。でも僕を迎えてくれるご主人様が、どこかにいるかも知れない。もしそうなったら、今度はもっともっと気に入れられるように頑張ります。

9.ご主人様、早く僕を迎えに来て下さい。そして今度こそずっとそばに置いてください。それだけが僕の願いです。

10.ご主人様、これだけは覚えておいてください。僕だって生きているということを。心だってちゃんとあるということを。天に召される最後の時まで、ご主人様に尽くしたいと思っていることを。

 ウォーキング日記

12月の目標 465.000歩(1日15.000歩)
12月12日・走法 ラン 16.000歩
12月トータル243.484歩

|

« 敦賀「活断層」、田中委員長「規制委で判断」 | トップページ | 雪に覆われた我が家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。ライターのonadaと申します。この元ペットショップのご友人とは、今でもお付き合いがあるのでしょうか? ある記事を書くのに、お話を聞かせていただけないかと思い、コメントをさせていただきました。

投稿: onada | 2015年6月23日 (火) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/52809214

この記事へのトラックバック一覧です: ペットショップの犬が売れ残った!さぁーどうする?:

« 敦賀「活断層」、田中委員長「規制委で判断」 | トップページ | 雪に覆われた我が家 »