« 売春女性3割に精神疾患経験 | トップページ | クリスマスツリー »

2012年12月22日 (土)

札幌市、歩道の除雪は軽視

大雪に見舞われた札幌市は道路の除雪に追われている。除雪について毎年思うのだが、車道に比べ歩道の除雪は疎かにされている。物流や緊急自動車の関係から除雪の優先度はあって当然だが、歩道は市民の安全を守る交通手段であることには変わりはない。

手稲区富丘地区、12m巾の急勾配の市道だが、両サイドの歩道の除雪は春先までしない。狭くなったアイスバーン車道を転倒しながら歩く老人も多い。人命軽視とも思われる除雪体制はこれで良いのか?

この道路は手稲中学や手稲中央小学校の通学路でもある。先日、数人の児童が転倒していた。

Dvc00010_640x480_2
大雪後3日経ったが未だにこのような歩道もある。

Dvc00008_640x480

札幌市は予算が無いとか除雪作業員や除雪車が足りないと言う。今回は大雪だが、例年同じような状況。市民から見ると市当局にやる気がないのだ。

予算が無いのなら、税金を無駄に使うな。

議員報酬以外に支給している政務調査費は無駄の代表選手みたいなもの。一人当たり、年間456万円。しかもこの血税でお茶代やコーヒー豆、トイレットペーパーを買うなんて何を考えているんだ。政策の調査や研究のお金じゃないか!456万円は市民の平均年収より多い金額。

市議は68名いることから、3億1千万円も予算を計上している。道議(104名)も同じ仲間。札幌選出道議は28名、1億4千万円。これらを50%カットしたならば、歩道の除雪費は何とかなるだろう?

殆ど人の歩くことがない歩道はこのようにキレイに除雪。何を考えているのだ!悲しくなる。

Dvc00009_640x480

ウォーキング日記
12月の目標 465.000歩(1日15.000歩)

12月21日・走法 ラン&ウォーク 24.465歩(19.6キロ)

12月トータル447.884歩(358.3キロ)

|

« 売春女性3割に精神疾患経験 | トップページ | クリスマスツリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/56364068

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市、歩道の除雪は軽視:

« 売春女性3割に精神疾患経験 | トップページ | クリスマスツリー »