« 我が母校跡地を訪ねて | トップページ | こんなことが・・・ »

2013年1月23日 (水)

不浄負け(ふじょうまけ)とは

大相撲も中日を終え、横綱日馬富士が全勝、星一つ差で白鵬が追う展開になっていますが、不浄負けって知っていますか?

相撲ファンでも知ってる人は少ないと思うが、なにせ、最近不浄負けはないのだ。

不浄負けとは、取組の最中にフンドシじゃなくマワシがほどけて、不浄物(おとんちん様)があらわになること。これは大衆の前に不浄物を晒すわけですから相撲どころでない。あわてふためいて両手で隠している間に相手に投げ飛ばされてしまう。勝負はマワシがほどけた時、既に決まっているので、行事は先方の名誉を考え、不浄負けを宣言する(笑)。

近年不浄負けとなった取り組みは、2000年5月場所において、三段目の取り組みで朝ノ霧対千代白鵬で朝ノ霧がおちんちん様を出して負けている。この取組が戦後唯一の例で、これは83年ぶりの珍事であったために日本国内だけでなく、海外にも打電された。

この取組は見ていませんが、当時の新聞は審判員たちが見えている!見えている!と絶叫したそうです。

名誉ある最初の取り組みは、今から遡ること1917年5月場所。13日に男嶌-友ノ山の一番では同様に男嶌のマワシが緩みおちんちん様がごろっとでてしまった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%B5%84%E8%B2%A0%E3%81%91

ウォーキング日記

1月の目標 713.000歩(1日23.000歩)

1月22日 走法 ラン&ウォーク 33.303歩(26.6キロ)

1月トータル585.773歩(468.6キロ)



|

« 我が母校跡地を訪ねて | トップページ | こんなことが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不浄負け(ふじょうまけ)とは:

« 我が母校跡地を訪ねて | トップページ | こんなことが・・・ »