« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

使い捨て

海に生息する軟体動物ウミウシは、交尾した際オスの生殖器切り捨てる。切り捨てても予備の新しい生殖器が生えてくる。ようするに使い捨て。人間も古いものは切り捨て新しい新鮮なもので勝負したいものだ!古いものはいろいろと悪い行いをやってきたものもあることから、おもいっきり切り捨て、すっきりさせたいものである。

 

チリメンウミウシの交尾の様子。中央付近にある2本の糸状のものが生殖器=関沢彩眞さん提供

チリメンウミウシ の交尾の様子。中央付近にある2本の糸状のものが生殖器=関沢彩眞さん提供

 ◇大阪市立大・日本大の研究グループ発見

 軟体動物のウミウシには雌雄両方の生殖器が備わっており、交尾の時には2個体がそれぞれの雄の生殖器を相手の雌の生殖器に伸ばして結合する。

 大阪市大大学院博士課程3年の関沢彩眞(あやみ)さん(動物行動学)らは、琉球大瀬底(せそこ)研究施設(沖縄県本部町)に隣接する海でチリメンウミウシ (体長3~6センチ)を採集。別の目的で研究する過程でこの現象を見つけた。観察した31対の交尾すべてで、交尾の後に雄の生殖器が切り落とされた。解剖すると、交尾3回分以上の長さの生殖器がらせん状になって体内に収納されていた。

 生殖器には、伸ばす方向と逆向きに多数のとげが生えていた。関沢さんは「生殖器を一度体外に出すと、とげが邪魔して体内に戻すことが難しいため使い捨てにするのではないか。とげは、雌の生殖器から他の個体の精子をかき出して自分の精子を使わせる役目があると考えられる」と話している。(毎日新聞引用)

ウォーキング日記
2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月27日 走法 ラン&ウォーク 33.203歩(26.6キロ)
2月トータル820.644歩(656.5キロ)

2月の目標を既に12万歩オーバー。87万歩に迫る勢いである。今日は天気も良く最高気温はプラスになった。昨日と体調は雲泥の差、すこぶる快調であった。26km中、23kmはランであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

札幌市中の川

札幌は13年ぶりの大雪に襲われ、累積降雪量は512センチに達した。26日現在の積雪は137センチに達している。

我が家の庭の積雪量は3mを超えた。正面に見える高野槙の高さは6m以上あるが、半分くらいは埋まってしまった。物置2個は1m位雪の下に埋もれ見えなくなった。

Dsc_0004_360x640
厳寒期もそろそろ終わりを告げ、中の川は水も緩み春の兆しが漂ってきた。深い眠りから覚めた小魚たちは雪解けの明けるのを待っている。

Dsc_0006_640x360

この川には沢山の小魚が生息している。秋にはサケが遡上する綺麗な川であるが、ゴミを捨てる心無い人が後を絶たない。

ウォーキング日記
2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月26日 走法 ウォーク 18.626歩(14.9キロ)
2月トータル787.441歩(630.0キロ)

昨日から降り続いた雪は30センチを超えていた。4時に起きてワンコたちのオシッコ場を除雪し、少し仮眠を取る。

出勤時間となっても、心が重い、雪のせいである。既に庭の雪捨て場は能力の限界を超えた。とてもランをする気になれない。最短距離をとぼとぼ歩いた。勿論帰宅も同じである。こんな鬱気分は年に数回ある。今回は約15kmのウォークであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

ハプニング

2月25日

今朝は旧国道5号線を会社とは逆方向、手稲駅へ向かった。駅から留萌線に出て上手稲通りを東へ向かうコースを選んだ。途中思わぬハプニングに遭遇。旧国道5号線のマンホールの蓋が開いている。見ていると何台もの車の車輪がマンホールに落ちては、何とか脱出していた。覗いたところ人が落ちては大変。丁度子ども達の登校時間であることから、近くの交番へ行ったが、まだ誰もいない。交番の電話は手稲警察署へ直通なことから、即通報。間もなく押っ取り刀でお巡りさん参上。

同時に工事業者も来た。お巡りさんは業者と蓋について話をしていたが、それ以上のことは何もしない。

ワシはおかしいと思った。

マンホールの中を覗いて事件性はないか確認しべきと思ったが、、、、

お巡りさんは誰かの悪戯と判断したようである。

遅刻の心配があることから、ワシはお巡りさんにその旨を話し、会社に向かった。

ウォーキング日記
2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月25日 走法 ラン&ウォーク 31.785歩(25.4キロ)
2月トータル768.815歩(615.1キロ)

マンホール蓋事件の為、思わぬ時間を食ってしまい、何時もの二倍のペースで会社へ、ヘロヘロになりながら10分の余裕で到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

糖尿病患者:熱心な運動で死亡リスク半分に…厚労省研究班

日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、厚生労働省研究班(主任研究者=曽根博仁・新潟大教授)の大規模調査で判明した。研究班は「食事に比べ運動指導はあまり実施されていないが、大きな効果があることが分かった」と分析している。調査結果は欧州糖尿病学会誌(電子版)に掲載される。                    続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

ラン&ウォーク

裏山を見たところ、雲一つない穏やかな天気、絶好のウォーキング日和。家を出たところで1回転倒、若干腕を痛めたが幸先良いスタートとは言えない。そんなアクシデントにもめげず、坂を小走りに走り抜けた。

Dsc_0001_640x360
旧国道5号線に出たところで、石狩方面からモクモクと湧きあがる雪雲。嫌な予感はしたが低気圧方面へ向かった。

Dsc_0002_640x360

曇り空から薄日が漏れてきた。次第に雪の壁が高く、歩道も除雪されておらず、走りづらい。

Dsc_0003_640x360_640x360

この辺りは一度排雪した場所であるが、また雪山が出来つつある。小雪が降り出し、地吹雪が酷くウォークに切り替えた。石狩市まで行く予定でしたが(往復30km)、10km地点であえなく断念。

Dsc_0001_640x360_640x360_2

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月23日 走法 ラン&ウォーク 27.051歩(21.6キロ)
2月トータル711.973歩(569.6キロ)

2月の目標歩数は5日を残して達成。目標設定が低過ぎたようです。この状態が続くと80万歩の可能性が高くなつてきた。

今回は途中から悪天候に変わりましたが、ランの人は意外と多く10人位はいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

ラブホテルでの女子会が人気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商売上手

先日通りかかったガソリンスタンド、なんと行列を作っていて、従業員が交通整理までしていた。

Dsc_0012_640x360
Dsc_0011_640x360
ここのガソリンスタンドから100m位離れた別のスタンドでは閑古鳥が鳴いていた。

ちなみに、閑古鳥とはカッコーのことで、鳴き声は「ヒマ、ヒマ、ヒマ」と鳴くと言う人もいますが、それは間違い(笑)「カッコーカッコー」と鳴きます。鳴き声は物悲しいことから寂れている事をさすようです。

Dsc_0013_640x360
近くの裏山からコウライキジも様子を見にきていた。

コウライキジはユーラシア大陸から狩猟目的で北海道に放鳥され野生化したものである。鳴き声は「ケンケン」と鳴く。1万円札の裏側はキジ。この鳥は逃げて隠れる時は頭だけ藪に突っ込み、お尻は丸出し。諺の「頭隠して尻隠さず」はここからきている。

Image_2
Dsc_0006_640x360

話を戻し、ガソリンスタンド。別に値引きをしている訳でもないのに、お客さんを引き寄せている。

どんな商法なのか?

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月22日 走法 ラン&ウォーク 27.846歩(22.3キロ)
2月トータル684.922歩(547.9キロ)

歩道はキレイに除雪され気持ちいい天気でもあった。と言っても真っ青な晴れと言う訳でもなかったが・・・ランは17km、残りはウォークでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

北海道マラソン8月25日開催決定

Img144_640x381
新聞記事を見ただけで心がワクワクする。「フルマラソン」定員12.000人はドクターストップがかかっていることから無理であるが、今年から新設された11.5kmのショートコース「ファンラン」定員3.000人に出場したいが迷っている。

8月24~25日は第17回函館ツーデーウォーク、初日30km、2日目20kmが計画されているからである。

ショートコースの11.5km(制限時間1時間40分)なら、1時間で終わってしまう。ツーデーウォークなら2日間50kmを楽しむことが出来る。だが、マラソンには出たい。最近、毎日20kmのランをしていることから1000位に入る自信はあるのだが(笑)。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月20日 走法 ラン&ウォーク 29.027歩(23.2キロ)
2月トータル624.278歩(499.9キロ)

気温は低いけれど、無風状態で体調もまずまずのコンディション。通勤は若干遠回りし23kmのランでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

現場監督さんが言うには・・・

コヤツを飲むと

O0480064012424125526
こんな男でも

O0320048012424125571
こうなる

O0640048012424125660

お試しなされ!

ワシは責任おわん!

責任は現場監督にあるが、既に逃げていない(笑)。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月19日 走法 ラン&ウォーク 32.866歩(26.3キロ)
2月トータル595.251歩(476.2キロ)

昨日の体調は芳しくなかったが、今日は絶好調であった。通勤(往復)、帰宅後合わせ21kmのラン。まだ余裕はあったが、張り切り過ぎると明日に影響することから5kmはウォーク。路面は雪解けが進みグジャグじゃの部分もあつたが、気にするほどでもなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

5大ファミリーのボス会議に行く?

さて!この方は誰だ!

 

ゴッドファーザーを演じたマーロン・ブランドか!

 

先日、子分を引き連れロシアへ向かった。

ぽんのブログ

G20 が行われるモスクワへ向かうため成田空港に到着した麻生太郎副総理兼財務・金融担当相=TBSテレビより

麻生太郎財務相はファッションでも存在感を発揮した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は黒のソフト帽とロングコート、水色のマフラーをかけ、モスクワ便に乗るため成田空港を歩く麻生氏の写真を「ギャング・スタイル」の見出し付きで掲載。「(マフィアの)5大ファミリーのボス会議に行くの?」と紹介した。

Nino Rota 映画「ゴッドファーザー」 Love theme from THE GODFATHER - YouTube

02:43

再生可能

Nino Rota 映画「ゴッドファーザー 
 
ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月16日 走法 ラン&ウォーク 33.961歩(27.2キロ)
2月トータル529.765歩(423.8キロ)

今朝も20センチ程の積雪。ラン&ウォークに出たものの、気乗りしない。10キロで止めようかと歩き出したが走る気など湧いて来ない。その時私を追い抜いて行った女性がいた。なぬ?こしゃくな!

俄然スイッチが入った。30m位離れて後を追った。女性は振り向いてオジサンが追って来たのに気付いた。オジサンは長靴を履いてヨタヨタ走っているのが直ぐに分かった(笑)。

5km走っているのに等間隔で付いて来るオジサンに、今に潰れると思っていたはず。

長靴オジサンは快調なのだ!7km地点で女性はスピードを緩めた。オジサンは追いついた。

オジサン:貴女に引っ張ってもらい助かりました。

女性:あら!この間もお会いしましたね。

オジサン:毎日走っている忙しいヤツなんですよ。

女性:距離はどの位ですか?

などなど、話をしオジサンは左折した。年のころ30代後半のとても綺麗な女性でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

遅いバレンタインデー

義理チョコはもらったが・・・

なんと言ってもこれが一番、孫娘からのプレゼント。母親に聞きながら何やら一生懸命に作っていた。

ぽんのブログ
中身は寂しいものであるが、心がこもっている。7個入っていたが、一つ食べてから写真を撮ることに気付いた。ホワイトデーは100倍返しだな(笑)。
ぽんのブログ

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月16日 走法 ラン&ウォーク 29.301歩(23.4キロ)
2月トータル495.804歩(396.6キロ)

今朝は20センチ位の積雪。除雪が追いつかず、町内の道は車が通れず、エンストを起こしている車があっちこっちで目に付いた。歩道も同じでランが出来るような路面でなかったが、なんとか5kmのランをこなした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

我が家の大雪をご覧ください

今年は例年になく降雪量が多い、我が町は札幌市手稲区手稲山連峰のすそ野に位置していることから、降雪量は気象台発表の数字より桁違いに多い。

ご覧なされ、我が庭(手稲区富丘)

Dsc_0003_360x640

隣の2階の窓まで積もっている。4m以上はある。果たしてこの雪は今年中に消えるのか?若しかして消えないかも(笑)。


Dsc_0007_640x360

向こうに見える木の高さは5m以上。そのうち雪に潰される?城の雪像も作れる量である。

平屋だと半分は埋もれている(手稲区本町)。同じ手稲区ですが、降雪量は全然違う。

Dsc_0002_640x360

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月13日 走法 ラン&ウォーク 28.981歩(23.2キロ)
2月トータル395.294歩(316.2キロ)

今年になって、初めての快晴。いつものように冷たい朝であったが退社時には空気に温もりを感じた。雪かきとランで少し疲れぎみ、足が重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

過ぎ去った札幌雪祭り

先日、仕事中雪祭り会場を通りかかった。記念に写した写真を掲示します。過ぎ去った雪祭りをどうぞ(笑)!

説明を良く見ないで通り過ぎたので、適当に想像してください。

P1010403_640x427

P1010402_640x427_2

P1010401_640x427_3

P1010400_640x427

雪祭りは子どもが小さい頃は毎年行きましたが、今は何かの用事のついで以外は見る事はない。大通り会場は旧会社からは徒歩で15分でしたが、今は乗り継ぎを何度も繰り返し1時間。

因みに、旧当社は北5条西17丁目にあったが(現在は発寒鉄工団地)。昭和34年、北海道大博覧会当時は会社前を電車が通り、2階建の我が社は一際目立っていたと言う事である。近くに会場となった中央市場は今でもある。

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月12日 走法 ラン&ウォーク 35.922歩(28.7キロ)
2月トータル366.313歩(293.1キロ)

ラン時の天気は曇り空であったが、帰宅後も約7キロ走った。最近3万歩を維持しているが、これは例年、真夏の歩数である。これからこの歩数は維持出来るが、これ以上の歩数を重ねるとなれば過酷なものになる。ワシの性格からしたならば、歩数は増えるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

小樽市銭函町への道

冬期間のラン&ウォーキングコースは3か所設定してある。

①追分通りを直進し、新川を右折、武蔵野短期大学を折り返す。

②旧国道5号線を東に進み、北5条西17丁目で折り返す。

③旧国道5号線を小樽市方面へ向かい、銭函交番を折り返すコースである。今回は③のコースをご案内致します。

朝8時出発時の気温は快晴に恵まれた。

Dsc_0003_360x640
我が町にある白い巨塔。KDDI(旧第二電電)の電波塔は分かるのですが、通信インフラは保安上の管理から詳細は公開されていない。

歩道はキレイに除雪されていたことからランに決めた。と言っても路面は凍っている部分が多いことからピッチは短くし恐る恐る走法(笑)。

銭函町へ入った所で前方に天狗山(前方奥)が見えてきた。この頃、にわかに一面薄曇りとなり、今にも雪が降ってきそうである。

Photo
延々と続く下り坂、走るには楽であるが、帰りは心臓破りの坂となる(6km地点)。

Photo_2

この辺りには鳥人が住んでいることから、家は木の上にある(笑)

Photo_4
折り返し地点の銭函交番前地下歩道に到着(10km地点)。しゃがみこんで休憩を取る。水の補給や簡単な軽食。こんな所で食事をしている人は皆無。通行人は不信に思い、親切に交番へ届けて行く。

Dsc_0004_0640x360

通行人とお巡りさんの会話(推測)

通行人:あそこの地下歩道に怪しいヤツがいて飯食ってるわ

お巡りさん:どんなヤツですか

通行人:人相の悪いヤツだよ、目つきも悪いし。

お巡りさんは、ハッと思った。またアイツだ!職務上通報を受けたので見回りに行かんとならん。アイツめと言って交番を出た。

お巡りさん:やっぱしアイツだ!

実は、顔見知りなのだ(笑)

お巡りさん:やーこんにちは、毎日ご苦労様です。

ワシ:また。通報ですか?

お巡りさん:いや、違います。見回りは私らの務めです。大滝秀治が現れたならばホンカンになるな(笑)。

お巡りさんは気を付けて帰って下さい。と言って戻って行った。

Dsc_0002_640x360_2

折り返し地点からは、若干の下りになるが、それから延々と続く緩い上り坂。2度ほど凸凹路面により捻挫しそうになったが、難を逃れ元来た道はひたしら走る。我が町に入り最後の登り坂。この坂はきつい。今まで完全に登り切ったことは数える程しかない。今回もあえなくダウン!途中からウォーク。

Photo_5
2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月10日 走法 ラン&ウォーク 32.922歩(26.3キロ)
2月トータル330.391歩(264.3キロ)

20kmコースでしたが、寄り道し26kmとなった。その内ランは19km。路面は新雪による圧雪状態でないことから、快適な走りが出来た。今後走る力を付けて、ウォークの練習に切り替える予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

イカ:「飛行」を連続撮影で確認…北大グループ

最初にこの歌をどうぞ!

空を飛ぶ 町が飛ぶ

雲を突き抜け 闇を裂き

スーパーシティが 舞い上がる

TOKIO TOKIO ふたりを抱いたまま

TOKIO TOKIOが 空を飛ぶ

海に浮かんだ 光の泡だと

くわえ煙草で 涙をおとした

TOKIOやさしい 女が眠る街

TOKIOTOKIOは 夜にとぶ

ご存じの方が多いと思います。沢田研二のTOKIO

さて、本題です。下記は毎日新聞に載った記事です。なんとイカが飛んでいるじゃありませんか。私は長い釣り歴があります。さらに今は亡きおじさんは、イカのの本場函館で漁業を営んでいた関係でガキの頃からイカ釣りに親しんできました。幾度となく連れて行って貰いましたが、未だにイカの飛ぶ勇姿を、お目にかかったことはない。

世界でも類を見ない、いかさまじゃなくイカ様の飛ぶ写真撮影に成功。撮られたイカ様も嬉しいだろうけど、偶然撮影に成功した。北海道大学院修士課程2年の村松康太さん。当分研究や取材に忙しくて眠れないでことしょう?凄いことをやってくれました。それではごゆっくり記事をどうぞ!

毎日新聞 2013年02月08日 10時32分(最終更新 02月08日 11時49分)

海中から飛び出し「飛行」するイカの群れ=2011年7月、北海道大提供(共同)

海中から飛び出し「飛行」するイカ の群れ=2011年7月、北海道大提供(共同)

 北海道大北方生物圏フィールド科学センターの山本潤助教らのグループが海中からイカが飛び出す姿の連続撮影に成功。空中で加速、ひれなどを翼のように広げてバランスを保つ様子を確認し、一連の動作は「飛行」に当たるとの研究結果をまとめ、7日までにドイツの科学誌に発表した。連続撮影は世界初としている。

 山本助教は「イカ の驚異的な飛行能力が明らかになっただけでなく、空中で海鳥に捕食されている可能性も高まった」と指摘している。

 研究グループによると、2011年7月、東京の東方沖約600キロでアカイカ 科の小型のイカ約100匹が海中から飛び出す姿を撮影。(共同)

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月10日 走法 ラン&ウォーク 30.732歩(30.5キロ)
2月トータル297.469歩(238.0キロ)

今日は穏やかな天気に恵まれ、30kmのうち18kmはランでした。これから雪解けもいっきに進み路面が顔を出す。待ちに待った札幌の春です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

札幌は3日連続の吹雪

今朝もワンコの叫び声で目が覚めた。4時丁度である。庭は20センチ程の積雪、早速ワンコのトイレ場の雪かきをしたが、吹雪模様の天気。3匹をオシッコさせ新聞に目を通す。

一面に「電力改革の記事」。その中に「家庭向け自由化16年めど」と載っていた。これは自由にお客さんが電力会社を選べると言うことである。例えば北海道にいて東京電力や他の電力会社の安い電気を買うことができるようになる。極端なことを言えば私が北海道電力で隣が東京電力の電気を使っていることもあり得る。ヨーロッパでは既に自由化されている。

Dsc_0002_640x360
通勤時(土曜日だが出社)の天気は目まぐるしく変わり、吹雪の方が多かったような気がする。

Dsc_0006_360x640
歩道は除雪しておらず、1人の足跡が残っていた。

Dsc_0008_640x360
この辺りは股のあたりまで埋まった。おチ〇コ様は、何だなんだと騒ぎ出した。暫くご無沙汰だがお前どうしたんだ!と言う。ワシはその内なんとかするから我慢してと嘘を言う(笑)。

こんな道が5キロも続きダウン寸前でコンビニへ逃げ込む。ここでリポビタンDとロシアパンを買う。

Dsc_0014

歩道は通行出来る状態でないことから、車に気を付けながら車道に出る。午後から吹雪も治まり、帰途はそれ程苦労はしなかった。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月9日 走法 ラン&ウォーク 38.155歩(30.5キロ)
2月トータル266.737歩(213.4キロ)

通勤及び夕食後はラン&ウオークでしたが、道路事情は最悪、それでも30kmと距離を延ばした。昨日と同様11kmのラン。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

大荒れの札幌から

2月8日

札幌は、2月5,7,8日と低気圧が居座り大荒れの天気となっている。近年にない荒れ方である。

Dsc_0008_640x360_2

前方は地吹雪により視界は極端に悪くなってきた。この歩道は普段、人通りの多い通りであるけれど、今朝は殆ど行き交う人はいない。

Dvc00011_640x480

増々酷くなってきた。昼間なのに車はライトを点け夜の気配となってきた。

Dsc_0001_640x360
坂道に差掛ったところ積雪ゼロ、こんな場所もあるのだ!何のことはないロードヒーティングで電気で融かしている(冬期間)。ただし、電気料金がかさむことから、札幌市により廃止に追い込まれる道路多い。

Dsc_0017_640x360

発寒鉄工団地の歩道、街路樹は雪の花を咲かせている。我が社はこの近くである。

Dsc_0020_640x360_2

夜のとばりが下りる頃、一仕事を終え漸く我が家の近くにたどり着いた。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月7日 走法 ラン&ウォーク 34.728歩(27.8キロ)
2月トータル228.582歩(182.9キロ)

通勤往復20キロの他、帰宅後、町内を2周(1周約3キロ)した。最近漸く吹雪にも慣れてきたが、ランは通常の半分以下。この厳しい季節も後2週間で終わる筈。春はそこまで来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

ヘビの祟りにあった男・・・37

「ヘビの祟りにあった男・・・37」「競馬場でダービー新聞を売る男・・・45」この記事は投稿したと思っていたのだが、投稿した経歴はなかったことから、2回に分けて投稿します。

雪を忘れ、夏に戻ります。

山菜採りや釣りなどで農道を通ることが多い。農道はいろんな虫たちの通行路でもある。話は数十年前に遡るが、農道で2回ヘビを轢き殺すようなことがあった。実際死んだかどうかは確認していない。バックミラーで覗いたところ2回ともヘビはヨロヨロと農道を横切って行った。

轢いた時は、前方に棒のような物が目に入ったが、まさかヘビとは思わなかった。しかし、数メートレ手前でヘビと分かったが、ゴロンとハンドルに妙な感触があった。

その農道は年に数回通るが、それから不思議なことが起きるようになった。ヘビを轢いた場所で2回、タイヤがパンクしたのだ。普通、こんなことは絶対ありえないことである。その場でタイヤ交換をし、タイヤに釘が刺さっていないか、確認したが、見当たらなかった。ガソリンスタンドで修理を頼みパンクの原因を調べてもらったが、釘などは刺さっておらず。しかしチューブ(チューブレスタイヤが普及していなかった)には小さな穴が開いていた。

2回とも同じ場所でヘビを轢き、同じ場所で2回パンク。ヘビの祟りと言うしか説明がつかない。以後その農道は通ることはない。

その夜は寝付けの悪い夜であった。深夜夢と知りながら、うなされ起きることはできなかった。胸が圧迫され息苦しい思いをしてようやく現実にかえった。

体はびっしょり汗をかいていた。不思議なことにいつの間にか部屋の電気は明々と点いていた。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月7日 走法 ラン&ウォーク 32.362歩(25.9キロ)
2月トータル193.854歩(155.1キロ)

7日は全国的に荒れ模様の天気。札幌も例外でないが、先日程ではなかった。出勤時はそれ程荒れていなかったことから。10kmコースから外れ、若干距離を伸ばした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

不思議なアクセス数

2月4日異常なアクセス数をカウントしだした。訪問者が4.212人でアクセス数は何と6.656。前代未聞の出来事に唖然とした。高いアクセス数は1ヶ月以上続き、最近になって漸く低アクセス数に落ち着いた(笑)。

Dsc_0015_640x360
表は翌日のもので、前日の記録は右側に表示されている。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月21日 走法 ラン&ウォーク 32.798歩(26.2キロ)
2月トータル657.076歩(525.7キロ)

連日、朝起きると積雪状態。今朝も数センチの積雪。札幌はすでに120センチの積雪があることから、数センチの積雪でも道路は大渋滞。幹線道路を重点に除雪や排雪をすることから幹線道路以外の道路は雪の山、歩道は一番最後に除雪。ラン出来る状態の歩道は10km。残りは(16km)除雪されておらず、テクテク歩いて26km。会社に到着しても体が動かず、暫しの休憩。ベルが鳴りだし戦士の顔に変身。と言いたいところだがホームレスのように今起きた顔をし、ヨタヨタ職場回り(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えられない通勤

2月5日

4時になると朝刊が配達され、ワンコ共が騒ぎたてる。ご老体「18歳(人間に換算すると96歳)」は大人しく寝ているのだが、若造が跳ね回り煩い。うるさい!っと一括するが、興奮し主の言う事を聞こうとしない。若造2人はいつも主のベットに川の字に寝ているのだが、遠くで車の音が聞こえだすと、もじもじ起きだし、跳ね回るのだ!ワシは2度寝、出来ないタイプゆえ、新聞を1時間程読み天気予報をチェック。ふむふむ!前半は大荒れの予報!さて、どうしたものかと悩みつつ、2人分の朝食を用意。と言っても内容はいつも同じパターン。パンや牛乳、サラダ(レタス、トマト、バナナ)、ピーマン酢漬け(ナンバン入り)、漬物(ニシン漬け、千枚漬け)、納豆(ネギ入り)、味噌汁(ジャガイモとワカメ又はジャガイモとキャベツ)、春菊のおひたし。ざっとこんなもんかな(笑)。じゃがいもとピーマン、南蛮、春菊。ジャガイモ以外は1年分冷凍保存している。じゃがいもを含めこれ等は毎日食べる。飽きるとお思うでしょうけど。飽きないのだ!

さて、完全防寒着に身を包みご出勤である。外は猛烈に吹雪いている。娘は車で行けと猛抗議。大丈夫と軽い返事をし、外に出た。娘は軽蔑の眼差しを送っていた。

高速道路に沿って歩き出した。通り過ぎる運転手はアイツ気でも狂ったかと思ったかどうかはわからないけれど・・・勿論歩いている人も犬もいない。

Dsc_0010_640x360
酷くなってきた。向かい風のため、目を開けていられない。手前の看板に身を潜め、一息ついた。またしても運転手はアイツ遭難するんじゃないかと思ったかどうかは分からないけれど・・・勿論歩いている人もカラスもいない。
Dsc_0011_640x360
頭を下げ、歩道を歩いていたらクラクションが鳴った!ハッとし我に返った。何と車道を歩いていた。冗談のようで本当のこと。写真を撮った時は大分状況が良い時、悪い時は写真を撮る余裕などない。

何とか遅刻せずに会社到着。会社へ行くコースは5kmと10kmあるが、今回は10kmのコース。やっぱし気が狂っているのかも(笑)。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」
2月6日 走法 ラン&ウォーク 28.683歩(22.9キロ)
2月トータル161.492歩(129.2キロ)

昨日の荒天はウソのように止み、絶好のラン日和、会社をサボって一日中走り回っていたいような天気である。勿論今日は犬もカラスも歩いていた。ワシは走っていた。絶好調である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

ふるさと

ふるさと

1.うさぎ追いし かの山

(

)


夢は今も めぐりて

忘れがたき ふるさと

2.何処(いか)にいます 父母

つつか無しや 友垣(ともがき)

雨に風に つけても

思い出ずる ふるさと

3.志を 果たして

いつの日にか 帰らん

山はあおき ふるさと

水は清き ふるさと

この童謡がよく似合うわがふるさと。私の少年時代のすべてである。

先日ふと!したことからことから私のフルネームを検索してみたところ、全国に2人しかいませんでした。もう少し多いかなと思ったのですが、サムライみたいな名前ですから(笑)。

ご先祖様は箱館戦争で明治政府軍の一員として来館し、その後現在の村に入植し子孫を増やしてきた。現在も我が部落は本家、別家のランクがはっきりし、本家の権力は絶大。ちなみに我が家は別家。最近見たという話は聞きませんが、山に入ると刀や鉄砲が朽ちて埋まっていた。私も餓鬼の頃、刀を拾ったことがある。また至る所で茶碗はおわんなどが出土した。旧幕府軍の落ち人が暮らしていたなごりらしい。

わが村を開拓したご先祖様の写真を見たことがあるけれど、ちょんまげを結っていた。

本家には、入植した当時のものと思われる村田銃があった。最近みていないことから売り払ったのかも?

Dvc00002

Dvc00005_314x640
開拓当時、国から貰った山林。以前は牧草地でしたが、家畜の飼育を止め、すでに数十年経った。今は雑木林が生い茂っている。

Dvc00044
無人となって何年になうだろうか。この家で私は高校1年まで父母や弟とともに過ごした。以前は厩舎や馬屋、じょぐら(収穫した穀類や農機具)を入れる倉があったが、今は何も残っていない。

Dvc00036

崖を降りると、水泳や釣りをした松倉川が流れている。

Nec_0197_2

松倉川の上流

Dvc00046_2

松倉川は湯の川温泉街を流れ

Dvc00049_2

太平洋に注ぎ出る。

箱舘戦争とは、徳川幕府の大政奉還によって生活の糧を失った徳川の家臣たちは、明治政府に不満を抱く者達と共に蝦夷地に渡り、五稜郭を本拠地にして政府軍と激しい戦いとなったが、旧幕府軍を脱走した榎本武揚や新撰組副長だった土方歳三は戦死し政府軍の勝利に終わった。土方歳三については、遺体は発見されておらず、どうなったのかは謎に包まれている。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」

2月5日 走法 ラン&ウォーク 27.409歩(21.9キロ)

2月トータル132.809歩(106.2キロ)

通勤時は大荒れの天気、行き交う車はライトを点けていた。会社まで最短距離は5kmですが、今回も10kmコースのラン&ウォークでした。

(

こぶな釣りし かの川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

20キロウォーク

札幌市の2日の最高気温は7.6℃。3日は冷え込んで-5℃。体調管理の難しい季節である。これから三寒四温(3日寒い日が続き4日暖かい日が続く)が続き春がやって来る。インフルエンザが大流行していることから外出から帰宅したなら手洗い、うがいは欠かせない。

車道や歩道は夜中に除雪したことから、グジャグじゃ道路は解決していた。歩道は地吹雪により若干圧雪状態。今日のコースは追分通りを北上し、新川緑地を札幌駅方面へ向かい、途中から折り返し、手稲駅を通り帰宅する20キロコースである。道路事情が悪いことから殆どウォークとなった。

Dsc_0007_640x360

左側に見える建物は、札幌最大の書籍店コーチャンフォー新川。自分でパソコンに書籍名を入力すると保管場所が表示される。

Dvc00016_640x480

途中から異様な悪臭が漂ってきた。牛糞の置き場であった。数十羽のハトが糞の中からエサを漁っていた。

Dsc_0017_640x360

小学校で珍しい名前を発見。意味は分からなくてもよろしい(笑)。

Dsc_0009_640x360

手稲駅に到着。今日も若者が2人ライブ中。昨日より観客数は増え、全員写真に写っていないが、20名程、盛んに拍手を送っていた。札幌出身の「アコースティックデュオ」と言うグループ。http://kuro-maru.com

Dsc_0004_640x360

手稲駅から高台通りを通り12時40分に帰宅。約4時間のウォークでした。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」

2月3日 走法 ラン&ウォーク 25.491歩(20.4キロ)

2月トータル80.320歩(64.3キロ)

最近ランが出来るような道路状態でない。悪路を無理しては怪我の元になる。この時期は一番鬱陶しい季節である。今回のランは2キロ位、残りの18キロはウォーク。時間だけ空しく過ぎ去る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

札幌は雨

今朝は、屋根を叩く異様な音で目が覚めた。もしやと思いつつ薄暗い外を見たら月に薄い雲がかかり、雨が降っていた。早速天気予報を確認したところ、雨はあがり、天気は回復するようである。最近の天気予報は以前のように外れることはない。

雨があがったところで散歩に出が風邪が強い。道路は雪溶けによりぐじゃぐじゃ状態。

Dsc_0010_640x360
人通りの多い所はテカテカのアイスバーン。散歩コースに迷ったが、近場の1周3キロの周回コース2周し、手稲駅を往復するコースに決めた。

手稲駅構内では2人の若者がライブをやっていた。観客動員数は3名。

Dsc_0009_640x360_4
気温はうなぎのぼりに上昇し、早朝は2.8度でしたが正午の最高気温は7.6度、平年より10度くらい高くなった。因みに北海道の最高気温は斜里町ウトロでは11度を超えたもよう。この気温は3月下旬~4月上旬並み。

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20km)」

2月2日 走法 ラン&ウォーク 25.291歩(20.2キロ)

2月トータル54.829歩(43.9キロ)

今回の道路状態を見ただけでランの意欲は失せたが、3キロ程走ってランは諦めた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

日米の人気犬種ランキング

米国の人気犬種は22年連続ラブラドールレトリバー。これは米国ケネルクラブの2012年人気犬種首位となった。2位は昨年に続きジャーマンシェパード、3位はゴールデンレトリバー、4位はビーグル、5位ブルドッグ。

O0240032012395715374
ラブラドールレトリバーの写真はボルボyumi のワンコ大好き(^-^)/よりお借りした。

日本の人気犬種、ジャパンケネルクラブでは、1位プードル、トイプードル、2位チワワ、3位ダックスフンド、ミニチュア・ダックスフンド、4位ポメラニアン5いヨークシャ・テリアとなっている。因みにラブラドールレトリバーは15位。

人気犬種は、米国では大型犬であるが日本では小型犬となっている。

20101223_3_640x427

我が家のプードル

ウォーキング日記

1月の目標 713.000歩(1日23.000歩)

1月31日 走法 ラン&ウォーク 30.798歩(24.6キロ)

1月トータル848.074歩(678.5キロ)

吹雪や寒さをしのいでの1ヶ月であったが、一日も休むことなく、848.074歩(678.5キロ)のラン&ウォークであった。計画に対し119%の達成率。2月は日も長くなることから、目標をもう少し高く設定する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイドブレーキを信用するな

サイドブレーキは信用してはいけない

サイドブレーキは、手動で引っ張るか、足で踏みつけて、前輪か後輪のどちらかにブレーキをかけるものです。「車を駐車する時はサイドブレーキを引く」という常識がありますので、駐車の時、車を動かなくするための「特効薬」みたいに思えますが、その常識は完全な誤りなのです。サイドブレーキで、車を完全に動かなくすることはできないと考えるのが常識。

坂道でサイドブレーキをかけてはいけないの?

坂道に止めた車が動き出す事故は、サイドブレーキに原因があります。サイドブレーキの引き方がゆるくて動き出す、サイドブレーキのロックが外れて動き出す、サイドブレーキのワイヤーが切れて動き出す、など、サイドブレーキだけを信用して坂道に駐車すると事故の原因になるのです。坂道では、サイドブレーキではなく、車がしっかりと動かなくなる方法で駐車しましょう。

車を動かなくする方法は?

サイドブレーキをかけなくても、車を動かなくする方法があります。オートマ車では、シフトを「P」に入れておけば、車は動きません。「P」に入れなければ、エンジンキーが抜けなくなっているのです。「P」に入れると、ミッションがロックされタイヤが回ることがなくなる構造になっていますマニュアル車では、シフトを「L」か「R」に入れ、クラッチを放せば、車は動かなくなります。オートマ車は「P」に、マニュアル車は「L」か「R」に入れるのが、車を止めるときの正しい方法です。サイドブレーキは、シフトでロックした後の“補助”と考えましょう。

車のまぐまぐより転載

http://car.mag2.com/glicense/060613.html

AT車のPレンジの固定力もまた、それほど大したものではない。Pレンジに入れると、オートマチック・トランスミッション内部の歯車に、爪状の形をした棒がひっかかります。これをパーキングロックポールと言います。

パーキングロックポールは金属製なので、それなりに丈夫です。ただ、ひっかける歯車の直径は、それほど大きなものではありません。小さな歯車に金属の爪をひっかけて止めているだけ、と思ってください。つまり、強い力がかかると、爪が折れたり、はずれたりする可能性があるのです。

駐車中に衝突などを食らえば、ほぼ確実に爪は折れてしまいます。爪は、折れたら最後、固定力はゼロになり、クルマを止める力もまたゼロになって、押せば自由に動くような状態になってしまいます。

オートクワンより転載

http://autoc-one.jp/word/1032542/

サイドブレーキ関連事故

 1.1月24日午後1時45分頃、京都府京丹波町中で、町道の路肩に駐車中だったトラックが突然、坂を下り始めた。

    そばにいたトラックの所有者で近くの建設業片山守さん(69)が止めようとしたが、車は約30メートル坂を下ったところで横転。車内に1人で乗っていた片山さんの孫の蒼翔(あおと)ちゃん(2)が全身を強く打ち、約2時間後に搬送先の病院で死亡した。片山さんは転倒して重傷を負い、片山さんの妻(64)も軽傷。サイドブレーキをかけていたかは不明。毎日新聞抜粋

2.10年以上前になるが、北海道岩内フェリーふ頭で釣りをしていた時のことである。私の側に止めていた釣り人の車が突然動き出し海へ転落した。車内には幼い兄弟が乗っていた。フェリーふ頭であることから救命胴衣がしばりつけてあった。1人の男が海へ飛び込んだ。直ぐに子ども2人が浮かび上がってきた。助かったのだ!ここの埠頭は大型フェリーが着岸することから深さは10m。父親の話しによるとサイドブレーキを引いたと言う。

 3.札幌市手稲区富丘、嫁の実家は高台にあることから坂道である。駐車中の無人トラックが突然動き出し、公園に突っ込んで止まった。トラックは大破。運転手はサイドブレーキは引いていたと言う。

 車の構造はよく分かりませんが、ブレーキは2種類ついている。一つは通常使うフットブレーキ。二つ目は駐車時に使うサイドブレーキ。

サイドブレーキは補助的なものであることから信用してはいけないと言うことである。駐車中は車止めブロックなどを用いる。

Mono3916831512011602

(

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »