« ラン&ウォーク | トップページ | ハプニング »

2013年2月25日 (月)

糖尿病患者:熱心な運動で死亡リスク半分に…厚労省研究班

日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、厚生労働省研究班(主任研究者=曽根博仁・新潟大教授)の大規模調査で判明した。研究班は「食事に比べ運動指導はあまり実施されていないが、大きな効果があることが分かった」と分析している。調査結果は欧州糖尿病学会誌(電子版)に掲載される。                    続きを読む

|

« ラン&ウォーク | トップページ | ハプニング »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病患者:熱心な運動で死亡リスク半分に…厚労省研究班:

« ラン&ウォーク | トップページ | ハプニング »