« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

ウォーキング大会「北海道を歩こう」エントリー

今年初のウォーキング大会「第36回北海道を歩こう」が5月26日(日)に決定した。先日案内書が届いたことから33キロコースに参加する予定。昨年より10日早く実地。

Img161_466x640

Img162_640x437

コースは札幌市真駒内中学校から千歳市支笏湖ポロピナイ間。スタート地点からゴール地点までアップダウンの激しいコース。22キロ地点の恵庭峠では高低差が600mある。

16キロ地点のラルマナイ川に12時30分までに通過しなければバスに収容される。例年大型バス3台、通過できない人たちがいる。それだけ厳しいコースなのだ。

ウォーキング大会は競技ではなく、完歩することが目的である。大会は殆ど走法は自由であるが、今大会ランは禁止されている。

参加希望される方は

(株)アイサム内「北海道を歩こう」エントリーセンター

札幌市中央区北6条西20丁目2-3

TEL011-622-1100(10:30~16:00土・日・祝日は休み)

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」
3月30日 走法 ラン&ウォーク 40.457歩(32.4キロ)
3月トータル851.030(680.8キロ)

達成率 103.5%

今年初の4万歩以上(32キロ)走破。1日残して一気に目標を達成した。路面の雪は殆ど消え心地よいラン&ウォーク が出来た。

5月~10月まで大会が続くことから、4月も3月同様、毎日20キロ以上に挑戦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

中世の本にネコの足跡、ネットで話題に

2013年03月28日

インクを踏んだネコが横切った跡がある15世紀の文書。
<br><br>
Photograph courtesy Emir O. Filipovic

インクを踏んだネコが横切った跡がある15世紀の文書。

Photograph courtesy Emir O. Filipovic

 古代エジプトの宗教を皮切りにエドガー・アラン・ポーの「黒猫」、新しいところでは人気ネコ画像サイト「I Can Has Cheeseburger」まで。ネコと文学、文化は昔から蜜月の関係にある。しかし、15世紀の文書を横切る足跡を残し、その存在を歴史に残したのはクロアチアの古都、ドゥブロヴニクのネコくらいだろう。

 ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ大学で授業、研究の助手として働くエミール・O・フィリポビッチ(Emir O. Filipovic)氏は2011年7月、中世に記された手書きの文書に目を通しているとき、インクを踏んだと思われるネコの足跡が横切るページを見つけた。早速、フィリポビッチ氏はカメラを向けてパチリ。同僚や生徒に見せ、笑いの種にするためだ。

「これほど注目を集めるとは思わなかった」とメールでその経緯を述べている。

 2012年9月、まず同僚の歴史学者エリク・クワッケル(Erik Kwakkel)氏に、ツイッターで写真を送った。だが、あちこちのブログで取り上げられ、リツイートされ、共有されるようになったのは2013年に入ってからだ。

「単調で退屈な古文書の山を相手にする研究者が、好奇心をそそる何かに出くわすことはあまり多くない」とフィリポビッチ氏は言う。しかし、文章に目を通す時間が長ければ長いほど、眠気が吹き飛ぶチャンスも増える。

 フィリポビッチ氏は2008年に研究を開始してから、小さないたずら書きや謎の菌類、凝った装飾のイニシャル、害虫が開けたと思われる穴、さらには精密な透かし模様などを見つけている。

 ネコの足跡は面白い画像として話題をさらっている。しかし、みんなが「ヘェー」で終わってしまってはもったいない。そこから中世の地中海沿岸地域に関心を広げてほしいと、フィリポビッチ氏は願っている。

「これをきっかけに少なくとも1人ぐらいは、ドゥブロヴニクやその内陸(クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア)や、もっと広範な地中海沿岸地域の歴史にもっと時間を割いてくれると良いんだが」。

 足跡の写真は、写本の課題を集めたWebサイト「Interactive Album of Medieval Paleography」に掲載される予定だ。学生やアマチュアが手書きの文章を読むための実践訓練、特に中世の文章を判読する練習ができるようになっている。

 欧州デジタル人文科学会(European Association for Digital Humanities)の歴史学者、マージョリー・バーガート(Marjorie Burghart)氏が管理するこのアルバムには、9~15世紀の手書きの文章が集められている。

Kate Andries  for National Geographic News

「中世の本にネコの足跡、ネットで話題に」(拡大写真付きの記事)

2013年03月28日

http://mainichi.jp/feature/nationalgeo/archive/2013/03/28/ngeo20130328006.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

ワシは窓際族

ワシが事務を執り行う部屋は個室である。何!お前そんなに偉いのかと問われれば、個室に入る程偉くないのだ!部屋は20畳ほどあり、お昼に女子社員の食堂に早変わり。ワシの机は窓際の隅っこにあり、その他に女子社員の机がある。同僚がよく息抜きにきて、お茶のみ愚だをこぼして行く。お前は気楽でいいな。と言うのがヤツ等の口癖。確かに社長や常務、部長の目が行き届かないことから、そのように目に写るらしい。口の悪い連中はオイ!窓際族元気か。と言って入って来る。

ワシの担当は2つの課と部全体、更に部長特命の4担当。書類は山となっていることが多い。普通の人ならノイローゼになってもおかしくないが、普通でない性格であることからそれ程気にしていない。

年度末決算も殆ど終わり、4部署はすべて昨年実績を上回ることができた。これもひとえに職場皆さんの努力の賜物。感謝感激です。ワシなど一人の力では何もできない。

これからも、窓際族を宜しくお願いしたいものである。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」

3月27日 走法 ラン&ウォーク 32.179歩(25.7キロ)
3月トータル750.161(600.1キロ)

達成率 101.3%

風邪もしっかり良くなり怠さも無くなったことから快調なペースを刻むことが出来た。約26キロの内ランは18キロ。ランの距離から判断すると100%回復したとは言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

動物実験廃止求める声

3月3日毎日新聞記事、資生堂:すべての動物実験を廃止 を転載したが、更に消費者に間で下記のような運動が広がっている。

毎日新聞 2013年03月26日 東京朝刊

 ◇動物実験廃止求める声

 ◇代替法での安全確認に期待 毛皮販売停止訴え

 動物実験を経て開発される化粧品や、動物の皮で作られる毛皮製品。美容やファッションのために多くの動物が犠牲になるなか、消費者が「美しさに犠牲はいらない」と声を上げることで動物の命を救おうという活動が広がっている。

 日本では、すべての化粧品に動物実験が義務づけられているわけではない。化粧品の安全性確認は原則、企業が自己責任で行う。国への申請は必要ない。ただし薬事法で「医薬部外品」に分類される化粧品は、新しい成分を使う場合に厚生労働相の承認が必要だ。そこでは目や皮膚への刺激を調べる毒性試験が義務づけられている。

 一方、欧州連合(EU)域内では04年、化粧品の完成品を使った動物実験が禁止された。その後、動物実験された原料を使った化粧品の取引も禁止された。この時は一部の毒性試験が例外とされたが、今月11日には完全に禁止された。

 EUでの完全禁止を受け、東京・日比谷で10日、「美しさに犠牲はいらない 化粧品の動物実験を考えるシンポジウム」が開かれた。女優の杉本彩さんやファッションジャーナリストの生駒芳子さんら著名人を含む約200人が参加。主催団体のひとつ、NPO法人「動物実験の廃止を求める会」の亀倉弘美理事(38)は「犠牲にされてきた動物にとって、11日は歴史的な日。日本にも実験廃止の波がやってきている」と喜んだ。

実際に、国内大手の資生堂(東京都中央区)は10年3月、「動物実験廃止を目指す」と公表。自社の実験廃止(11年3月)という段階を踏み、今月末に外部委託も含めて動物実験を全廃する。また、マンダム(大阪市中央区)も今月8日、「外注委託を含めて動物実験は実施していないし、今後も動物実験を行わない方針だ」とホームページで公表した。

 すでに安全性が確認された原料を使うか、培養細胞を使うなど動物実験以外のやり方で安全を確認する方法(代替法)が確立されれば、動物を犠牲にすることなく化粧品を製造できる。

 厚労省医薬食品局審査管理課は06年7月、「経済協力開発機構(OECD)が採用する代替法は利用してよい」との通知を出しており、日本や欧米、韓国などの公的研究機関が協力して、代替法を評価する仕組みもできつつある。

 シンポジウムに参加した女性(32)は「動物の命と引き換えに美しさを手に入れたいとは思わない。動物実験をしない化粧品会社を選ぶことで、実験をしている企業の姿勢を変えたい」と話した。

 

 「美しさに犠牲はいらない」という主張はファッション分野にも及んでいる。

グラフィックデザイナーの山中安澄(やまなかあずみ)さん(31)は2月、人気のファストファッション店「しまむら」(さいたま市北区)に対し、皮製品の販売停止を求める署名活動を始めた。個人の呼びかけにもかかわらず、3月中旬までに4000を超える署名が集まった。山中さんは「国際的なファストファッションブランドの多くは毛皮を扱っていない。日本のブランドも追随してほしい」と話す。

 毛皮反対運動に取り組んでいるNPO法人「アニマルライツセンター」の岡田千尋代表理事は「毛皮のために世界中で毎年10億匹のウサギやキツネ、犬や猫などが殺されている。ユニクロや無印良品などフェイクファー(模造毛皮)を使うファッションブランドも増えている。私たち消費者が、物を買うときに見極めることが必要だ」と話している。【倉田陶子】

ユニクロとは(衣料品メーカーとは違う)

光沢クロメートのことで、亜鉛めっき後に、フッ化物を含んだ溶液でクロメート処理(化成被膜処理)を ます。
外観は青みがかった銀色で、美観はありますが、耐食性は有色クロメートより劣ります。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」

3月26日 走法 ラン&ウォーク 27.632歩(22.1キロ)
3月トータル717.982(574.4キロ)

達成率 100.7%

風邪薬の性なのか体に力が入らない。約22キロの内ランは6キロのみ、我慢の時である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

どうぶつナビ:化粧品開発などで多くの命が犠牲になっています。

毎日新聞 2013年03月26日 東京朝刊

 ◇動物実験廃止求める声

 ◇代替法での安全確認に期待 毛皮販売停止訴え

 動物実験を経て開発される化粧品や、動物の皮で作られる毛皮製品。美容やファッションのために多くの動物が犠牲になるなか、消費者が「美しさに犠牲はいらない」と声を上げることで動物の命を救おうという活動が広がっている。

 日本では、すべての化粧品に動物実験が義務づけられているわけではない。化粧品の安全性確認は原則、企業が自己責任で行う。国への申請は必要ない。ただし薬事法で「医薬部外品」に分類される化粧品は、新しい成分を使う場合に厚生労働相の承認が必要だ。そこでは目や皮膚への刺激を調べる毒性試験が義務づけられている。

 一方、欧州連合(EU)域内では04年、化粧品の完成品を使った動物実験が禁止された。その後、動物実験された原料を使った化粧品の取引も禁止された。この時は一部の毒性試験が例外とされたが、今月11日には完全に禁止された。

 EUでの完全禁止を受け、東京・日比谷で10日、「美しさに犠牲はいらない 化粧品の動物実験を考えるシンポジウム」が開かれた。女優の杉本彩さんやファッションジャーナリストの生駒芳子さんら著名人を含む約200人が参加。主催団体のひとつ、NPO法人「動物実験の廃止を求める会」の亀倉弘美理事(38)は「犠牲にされてきた動物にとって、11日は歴史的な日。日本にも実験廃止の波がやってきている」と喜んだ。

 実際に、国内大手の資生堂(東京都中央区)は10年3月、「動物実験廃止を目指す」と公表。自社の実験廃止(11年3月)という段階を踏み、今月末に外部委託も含めて動物実験を全廃する。また、マンダム(大阪市中央区)も今月8日、「外注委託を含めて動物実験は実施していないし、今後も動物実験を行わない方針だ」とホームページで公表した。

 すでに安全性が確認された原料を使うか、培養細胞を使うなど動物実験以外のやり方で安全を確認する方法(代替法)が確立されれば、動物を犠牲にすることなく化粧品を製造できる。

 厚労省医薬食品局審査管理課は06年7月、「経済協力開発機構(OECD)が採用する代替法は利用してよい」との通知を出しており、日本や欧米、韓国などの公的研究機関が協力して、代替法を評価する仕組みもできつつある。

 シンポジウムに参加した女性(32)は「動物の命と引き換えに美しさを手に入れたいとは思わない。動物実験をしない化粧品会社を選ぶことで、実験をしている企業の姿勢を変えたい」と話した。

   *

 「美しさに犠牲はいらない」という主張はファッション分野にも及んでいる。

http://mainichi.jp/feature/news/20130326ddm013100036000c2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若きころ

友人と北海道一周した時のひとコマ。確か入社1年目である。後ろに見える白い車は、日本に7台より無いと言う、珍しい車。ホンダのスポーツカーである(車種は忘れた)。何故珍しいかと言えば輸出品として製造したのだが、何かの間違いで7台だけ倉庫に眠っていた。その内の1台は札幌にあった。親戚が工場長をしていたことから購入したもので、価格は忘れたが、その後5年間はローンの支払いに苦しんだことは言うまでもない。

Img158_435x640

その頃駐車場に入るとマニアから質問攻めにあったことを覚えている。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」

3月25日 走法 ラン&ウォーク 28.983歩(23.2キロ)
3月トータル690.350(552.3キロ)

達成率 100.7%

今年最高の天気に恵まれた札幌。歩数を稼ぐ絶好日よりである。張り切って家を出たが、その前にベスト体重から約4キロオーバーしていることから、コンビニへ寄りパンとリポビタンDを買わないことにした。これもデブの原因になっていることは確か。心に強く訴えながら最初のコンビニが近づいてきた。もう買わないよと言いながら通り過ぎた。2件目のコンビニが見えて来た。何か体が怠い、リポビタンDを飲むと回復するよ。と悪魔の声が聞こえてきた。そうだな、1本位なら良いか、その代りパンは買わない。と心に決めコンピにへ入った(笑)。

リポビタンDを飲んだものの怠さは変わらない。昨日より調子が上がっていることはわかる。23キロの内10キロはランでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

朽ちた家・・・8

西側に荒々しい風雪を吹き付ける日本海。南側には手稲連峰から延びる数々の山並み。そんな中に小樽市銭函町がある。

雪の重さに耐えら切れず、少しづつ傾ながら一枚二枚と剥が落ちる板壁。そこからは容赦なく雪が入り込む。家族が去って何十年もの月日は流れ、やがて朽ちて行く運命はすでにそこまで来ている。

Dsc_0003_640x360
お父さんやお母さんは毎日野良仕事に出掛け、子ども達は野山を駆け巡り、夕餉には賑やかな一時があった。子ども達が成長し、1人去り、2人去り、残された老夫婦は子どもの成長を楽しみに、この地の土となった。

Dsc_0005_640x360

Dsc_0020_640x360
ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」
3月24日 走法 ラン&ウォーク 35.230歩(28.2キロ)
3月トータル661.367(529.9キロ)

達成率 100.5%

最近食べ過ぎにより3.5キロ体重がアップ。食べ過ぎとは思ってはいたが、昨日はラーメン3.5人前食べた。4人前食べる積りでしたが、無理であった。

今日から減食、夕食はもやし2個と卵1個、ウインナー3個で終り。暴飲暴食によりランは極端に悪くなってきた。

今日は休日とあいなり。歩数を延ばした。追分通りを北上し石狩市役所を折り返し、道道留萌線を手稲駅へ向かった。途中スーパー(フードDボスコ)へよりレタス4個購入。一度も休憩取らずに帰宅。約28キロでしたが所要時間は5時間。体調が未だに悪いことや凍結した路面にしては頑張った方である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

珍しいワンコちゃん

眉毛のあるワンコが福岡県苅田町で話題になっている。同町若久町に住む秋吉冨士江さん(86)の愛 「パンダ」(メス)。これは決して書いたものでなく天然のもの。2009年7月15日テレビ朝日ナニコレ珍百景で賞金10万円を獲得。

ぽんのブログ
 パンダは14年前、動物病院でもらってきた。目の周りがパンダのように黒かったので、夫の陸夫さん(故人)が名付けた。黒い部分は年々減ってきて、ちょうど眉毛のようになった。「描いたんですか」と聞かれることもあるという。「人間でいえばもうおばあちゃんの年齢。年をとって、眉の色も薄れてきました」と冨士江さんは話す。

毎日新聞引用

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」
3月23日 走法 ラン&ウォーク 33.422歩(26.7キロ)
3月トータル626.137(500.9キロ)

達成率 99.3%

追分通りから新川通りにかけて、先日降った雪が融けて凍り付、路面はアイスバーンの部分が殆ど、軸足が滑り足首捻挫の恐れがあることや風邪が全快してないことから約27キロの殆どはウォークでした。所要時間は5時間弱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

ワンコと階段

我が家には雪山を登ったり下りたりするのが得意とするワンコがいる。雪山と言っても斜度が80度以上ありそうな所で高さは3m位。先日も雪山で遊んでいたが、急に静かになった。この時が問題なのだ!深みにはまり埋没するからである。救助隊もこんな時は大変、軽いワンコが埋まるくらいですから、大人だと一気に胸まで埋まる。そんなことになったら一匹と一名が遭難。真面目な話しですが救助を求める手段として携帯電話は必需品。

Dvc00014_2_640x461

赤毛、コヤツは飼い主に似ない

そんなワンコであるが、階段となれば話は違う。先日2階に上がって来て遊んでいたが、1匹は飽きて1階に下りて行った。残った1匹は何度も1階を覗きこんでいたが下りる気配はない。

その内、物凄い音がした。ワンコが2階から転げ落ちたのだ。1段づつ降りれない、雪山と同じ要領で下りることからこんなことに・・・

生憎怪我はなかったが、暫くショックで起き上がることはできなかった。飼い主に似ると言うが、飼い主はそんなヘマはしない。石橋を叩いても渡らないタイプ。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」
3月22日 走法 ラン&ウォーク 29.428歩(23.5キロ)
3月トータル592.715(474.2キロ)

達成率 98.8%

ランなどする元気は毛頭なく、ただひたすら歩いた。出勤2時間、帰宅2時間、合計4時間歩いて20時過ぎに漸く我が家にたどり着いた。体調は今一であるが、喉の痛みは取れた。多少だるさがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

アルミホイールが売れた!

物置に古い車のアルミホイールがある。捨てる積りで物置から出した。スタンドへ相談したところ、アルミホイールなら売れると言う。タイヤは雪に埋もれた物置の中にある。

上からロープを下げて吊り上げる(高さは約2m)。

Dsc_0007_640x360

早速、タイヤ買取ドットコムへ無料査定をだしたところ、先日返事がきた、1本がなんと8000円。捨てると手数料が取られるが、売りこんだ結果、思わぬ利益が転がり込んできた。

Dsc_0001_640x360

ちなみに、アルミホイールはメーカー品「lehrmeister(レアマイスター)」1本のアルミホイールで4本のセットタイヤが帰る程の高価品。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」
3月21日 走法 ラン&ウォーク 20.276歩(16.2キロ)
3月トータル563.287(450.6キロ)

今朝の富丘地方はこの冬一番の大雪に見舞われていた。既に雪かきの気力は失せていたことから、玄関のみ雪かき。

昨夜は喉の痛みから睡眠不足で、体調も芳しくなかったが、ウォークを決行。会社に着いても体のだるさは取れない。担当常務に挨拶し、打ち合わせを2本こなし病院へ。喉は真っ赤だと言う。会社に戻った所常務は帰れと言う。お言葉に甘えて帰ってきた。ところが薬が効いて体のだるさは取れた。着替えて町内を3周、約16キロのウォークでした。また借金が増えた(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

田舎の納豆作り

田舎は開拓民で我が部族が集落をなしていた。ガキの頃は○○家やその親戚は7軒固まっていた。本家が絶大な権力を握って、農作業の「ゆい(応援)」制度が残っていて、応援体制は全て本家が決めていた。

その頃の食生活は自給自足が大きなウエートを占めていた。越冬野菜は塩漬けや土の中で保存。豆腐や味噌、醤油、納豆は自家製でした。

今回は納豆作りについてお話しします。

昔の納豆は藁苞(わらづと)に入っていた。これは現在でも土産物としての見かけ上の理由もあるが納豆菌は乾燥した稲わらについているので、これを利用するために、わらで煮豆を巻いたのである。

 北海道にも早くから伝わり、開拓民は特産の大豆を使って自家製納豆を作ったが、その発酵方法は独特で、発酵の床に馬糞を使うのである。馬糞は水分が少なくパサパサしているから、積み上げると冬でも強烈な発酵熱を出すとの事。手を入れる事ができるかどうかのギリギリの線の発酵熱らしく、この熱で大方の雑菌は死んでしまうから、不潔と言う事はない。

 この発酵した馬糞を掘り、わらでできた「むしろ」を敷き、茹でた豆を広げて、その上にまた「むしろ」をかぶせる。そして発酵した馬糞で覆っておくと、1日すると見事な納豆になった。

私は自家製納豆は食べれなかった。馬の糞を被せたものをどうして食えようか。と思っていた。納豆を食べれるようになったのは30歳過ぎてからである。今は毎日欠かせない。

 納豆菌は強い蛋白質分解酵素つくるので、大豆蛋白のの50%以上が水溶性に分解されていて消化が良い。しかもビタミンB2やビタミンB12、ビタミンK2なども多く含む健康栄養食品なのだ。しかし納豆にはビタミンAとCは含まれておらず、完全栄養食ではない。ビタミンAとCを含むネギと合わせるのは昔からの知恵とはいえ、よくできた合理的なトッピング。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」
3月20日 走法 ラン&ウォーク 31.544歩(25.2キロ)
3月トータル543.011(434.4キロ)

今月の目標歩数から1.8%下回っていることから、幾らかでも挽回する積りで銭函へ向かった。路面は圧雪状態の部分が多いけれど、それ程走りづらくもなかった。1時間位で12キロ地点の銭函交番前に到着。直ぐに折り返し16キロ地点に差掛ったところで、ワシを追い抜いて行った男がいた。何時もなら無視を決め込むのだが、体調が良いことから後に続いた。1キロ程続く坂で追い抜く魂胆。坂の中ほどで追いついたが、ヤツはちょっと振り向いただけで、ペースを上げた。ワシはそのペースに付いて行くことは出来ず、あえなく引き離された(笑)。

達成率は99%、1%足りない、歩数に換算し5168歩の不足。残り11日間、何とか目標は達成できそうである。

達成率99.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

田舎の豆腐作り

田舎にいる頃は何でも自家製でした。例えば、納豆、味噌、豆腐など(今でも作っている家がある)。

実家は無人、別荘として使っている。建坪は100坪、武家屋敷をおもわせる大きな家。

Nec_0080_2
今回は当時を思い出しながら、また、田舎の兄嫁に聞きながらまとめてみました。

当時は石臼を使っていましたがジョグラ「倉庫」を探してみたが見つからなかったので図を書いてみました。

Nec_0065
豆腐作りは婆ちやんが得意でワシは臼を手で回すのが役目、この仕事は手が疲れる。

豆腐の作り方・・・現在は機械ですが基本的に作り方の相違は無いと思います。

①大豆を一晩うるかす。

②水をきった大豆を臼に移して、どろどろになるまで何回も臼を回す。この状態で出てきたものを呉と言う。

③呉を鍋に入れ水を加えて火にかける。

④ゆであがった呉を布で絞る。残ったものはオカラ。でてきたものは豆乳。

⑤鍋に豆乳を入れ火にかける。ニガリを入れ固める。温度は75度程度を保つ、温度が低いと固まらない。高いとすぐ固まるがムラができる。

⑥木綿を敷きお玉で固まった豆乳を移す。

⑦木綿を被せ、軽いおもしを乗せ水分を抜く。

⑧取り出した豆腐を水にさらして完了。

あなたも作ってみませんか!石臼の代わりはミキサーでOKです。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(24.8km)」
3月19日 走法 ラン&ウォーク 31.050歩(24.6キロ)
3月トータル511.467歩(409.2キロ)

達成率98.2%

札幌の雪解けも順調に進み、歩道の25%は舗装が出ている。勿論雪解け中の歩道は小川のようなところもある。ワシらにとって舗装が顔を出したということは嬉しいことである。朝晩往復約25キロのランでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

世界最大な残虐村

気の弱い人は読まないでください。

住民は洞穴や木の穴で生活、近燐部族に征服され捕虜になった住民は男女、子供に限らず食べられてしまう。

武器は、鉄が発見されていなかったことから石、犠牲者は生きたまま、石斧で切り開いて心臓、肺を吟味、それから柔らかい肉からそりおとされて、流れる血をあびながら嬉々としてがつがつ食う、このような行為は生きている間だけ、死んでしまえば神聖なものを扱うようにゆっくりと食べる。

また家族愛もなく子供は12歳になれば食べられ、女性は子供をうめなくなると食べられる。

結婚すると処女は新郎と近い親戚や親友たちが犯し、その後新婚生活にはいるのです。

これはペルーがインカ王に支配されない村のインディオの話し、西暦1250年から1438年頃、この頃日本は鎌倉南北朝時代から室町時代にあたります。

初代王、インカ・マンコ・カバックがインカ帝国を築き、支配地を拡大するに従いこのような残虐行為は廃止されていきました。

この話しはインカ皇統記に書かれている。

作者はインカの王女を母に、スペインの征服者を父に「インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ(1539~1616年)」が書いた実話に近いはなしです。

ぽんのブログ
残念なことにインカ帝国は文字を持たなかったことから口伝えに伝承されてきたことです。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月18日 走法 ラン&ウォーク 30.750歩(24.6キロ)
3月トータル480.417歩(384.3キロ)

 達成率97.3%

昨日は体調が優れず、ウォーキングは中止したが、今朝はマイカーにするか、ウォークにするか迷ったが、一先ず準備体操をした。ここまできたらランだな!坂を500メートル下ったら国道に出た。体調悪い筈なのに、足が出るのだ!2キロ程走ったところで、何時もの調子に戻った。若干遠回りをし下手稲通りに出たところで、手稲方面へ逆走し発寒鉄工団地へ到着。帰りも同じコースを辿り帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

米びつに虫がわいた米

女房と娘が米びつの中に虫がいると騒いでいた。覗いたところ釣り餌のサシに似た蛆虫がニョロニョロ蠢いていた。他に羽化した死骸も残っていた。

私は米農家の息子ですから、こんなことでは驚かない。虫(穀象虫)がいると言うことは無農薬の証拠。虫さえ取り除けば安心して食べれます。

虫は糠から湧くことが多いことから、購入した米は長期間保存しない方が良い。

虫退治

新聞紙にコメを広げ拡大鏡で丁寧に検査

Dsc_0004_640x360

Dsc_0007_640x360_3

その結果10キロの米から6匹穀象虫が出て来た。

Dsc_0006_640x360

Dsc_0007_640x360_2虫が湧いた米の処理方法

ベランダなどに新聞紙を敷いてコメを天日干しします。次に米びつを濡れたタオルで拭き、乾燥させる。しかし、虫の卵が米びつの隅に付着し分からないことが多い。成虫は唐辛子の米虫用の芳香剤で駆除できますが、卵には効きません。オールプラスチック製の米びつがお勧めです。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月17日 走法 ラン&ウォーク 0.0歩(0.0キロ)
3月トータル449.667歩(359.7キロ)

達成率96.5%
昨日、吹雪の中30キロラン&ウォークをしたのが祟り喉をやられた。体がだるいことから風邪らしい。今日は無理せず休息日とした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

小樽市張碓町30キロのラン&ウォーク

3月16日土曜日

今回は小樽市張碓町(はりうす)往復30キロのラン&ウォークを決行した。札幌は吹雪き模様の天気でしたが、心配するほどのことでもなかった。

8時に家をスタートし、銭函駅前を通る(10キロ地点)。これから地獄の坂が5キロ程続く。

Dsc_0022_640x360

張碓町に入る最後の関門の坂。

Dsc_0019_640x360
張碓町、15キロ地点に到着。薄らと青空が出ていたが、直ぐに雲に覆われてきた。

Dsc_0017_640x360
前方橋の上の森にビートタケシの別荘があったが、現在はどうか分からない。この道をさらに函館方面へ進むと余市町に椎名誠の別荘がある。

右側に2本ヤシの木が見える。北海道でヤシの木が生えているなんて想像もつかない。実は赤い屋根の建物は若者たちが愛を確かめるところ。ムードを醸し出す偽りのヤシの木。

この地点から引き返す
Dsc_0015_640x360
遠方に祝津町が見える。地平線の彼方はシベリア方面
Dsc_0013_640x360
国道337号線を留萌方面へ進み、札幌市手稲区山口の標識から国道5号線へ右折。この頃は時々吹雪き。
Dsc_0005_640x360
山口イオンで10分の休憩
Dsc_0006_640x360

ゴールは12時20分。4時間20分の旅でした。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月16日 走法 ラン&ウォーク 38.654歩(30.9キロ)
3月トータル449.667歩(359.7キロ)

達成率102.5%




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

2013年ウォーキング大会日程決まる

日本ウォーキング連盟主催のメジャー大会の日程が決まった。北海道大会は6大会12日間である。

ウォーキング人口は4000万人。他の運動と違い何処でも出来ることからファンは毎年増加傾向にある。美容と健康によいことから女性の参加が多い。モデルは殆どウォーキングインストラクターの指導を受けているといわれている。私は毎日ウォーキングすることにより30キログラムの減量に成功。生活習慣病の見本でしたが、今は完全に健康を回復した。

参加希望される方はお問い合わせ下さい。

http://www.walking.or.jp/

大会日程

6月7~8日:第26回でっかいどうオホーツクマーチアバシリ大会(7日35キロ、8日30キロ)

6月9~10日:第26回でっかいどうオホーツクマーチ北見大会(9日32キロ、10日30キロ)

6月23~24日:第17回北の都札幌ツーデーウォーク(23日30キロ、24日30キロ)

7月13~14日:第22回旭川大雪ツーデーウォーク(13日30キロ、14日30キロ)

8月24~25日:第17回函館ツーデーウォーク(24日30キロ、25日20キロ)

9月14~15日:第26回北海道ツーデーマーチ洞爺湖(14日40キロ、15日30キロ)

コースは他に20キロ、10キロ、5キロ等がある。

日本ウォーキング連盟以外の大会(日時不明)

6月:北海道を歩こう(札幌支笏湖間33キロ)

6月:とうべつ夏至祭ウォーク(10キロ)

7月:北海道森林スポーツフェスタin定山渓(10キロ)

9月:第9回定山渓かっぱウォーク(20キロ)

10月:北海道大沼グレートラン・ウォーク(14.4キロ)

11大会、延べ日数17日間であるが、全ての大会にエントリーする予定。他に地方大会から参加のお知らせがあることから若干増える。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月14日 走法 ラン&ウォーク 28.500歩(22.8キロ)
3月トータル379.641歩(303.7キロ)

達成率 98.9%

路面が凍っていることから、昨日のぐじゃぐじゃ道路より走り良い。追分通りを快調に飛ばしていたら、前方に黒い物が・・・

Dsc_0008_640x360

近づいてみたところ・・・

通せん坊していた一台の車、狭い道でどうやったらこうなるのか(笑)。レッカー車が来ていた。

Dsc_0005_640x360_2
往復約23キロの内14キロはラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

古文書

数年前、田舎の物置を整理していたら、こんなものが出てきた。

5厘證券印紙で委任状

T02200351_0640102010797745027_220x3

T01250817_0125081710797748183_98x_3

T01250817_0125081710797748183_98x_2
↑署名年月日で明治らしい、これはごく一部、

全体の書体は全然読めない。

分かる範囲で説明すると、小樽に開拓者として入植した人達の書類のようです。

ワシの先祖は開拓者ですから、その繋がりがあるのかも。

↓虫くっている。歴史的に重要なものだとワシらの管理では無理。

T02200147_0603040210797751907_220_2

下は明治2年らしい。140年前、このような古文書は6枚ある。

T02200545_0550136210797765482_220_2

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月13日 走法 ラン&ウォーク 23.418歩(18.7キロ)
3月トータル351.141歩(280.9キロ)

達成率 98.5%

小雨降る嫌な天気、路面は雪解けが進みぐじゃぐじゃ、おまけに水溜りもあり、約19キロの殆どはウォーク。汗はかかなかったがシューズはびしょ濡れ。2週間はこのような悪路状態は続く予定。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

コウガンとは?

男子たるものは、何が一番大切かと言えば殆どの女性陣は竿を思い浮かべると思う。確かに竿も大事であるがお玉ちゃんも竿に劣らず大事であることを理解していない。何故ならお玉ちゃんの所は精子生産工場なのだ。そこで旦那さんにする男を品定めをする時、竿ばかし見ないで、必ずお玉ちゃんの大きさをチェック。小さいと工場で生産される精子殿の量が少ないことから男性不妊の原因となる。

Ellipsoid
これは鶏の卵じゃないぞ。しからば何だと思う?ぽんの言うことはロクでない事と決めつけないで、真面目に考えることじゃ。

これは精子工場の面積なのだ!

何の工場かって?それはな、チ○ポコの下にある嫌らしい玉が2個入っているヤツだ!

それでは、工場の体積の計算方法を勉強しようじゃないか!

精子容積の測定は、自分で測る場合には、睾丸の大きさを測って計算で出すしかない。 睾丸を楕円体とみなすとその長さ、幅、厚みがわかれば、体積が次の計算で出る。
 体積=π/6 ×長さ×幅×厚み ・・・簡単な式じや。

測定の結果、 長さ:47mm、幅:34mm、厚み:30mm、だった場合を例にとって計算しようじゃないか! まずそれぞれの長さから、陰嚢の皮の厚みを両側で3mmと考え、このぶんを引いてから計算。
答えがミリリットル単位になるように計算はセンチで行う。
計算による容積 = 0.523×(4.7-0.3)×(3.4-0.3)×(3.0-0.3) = 19.3ml

この工場で生産される精子殿は19.3mlである。ムヤミニ放出しないよう心掛けることだ。

分かったなら、お主も早速計算することじゃ!

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月12日 走法 ラン&ウォーク 28.539歩(22.8キロ)
3月トータル327.723歩(262.2キロ)

札幌の最高気温は5℃まで上がった。これから雪解けが始まる。と言っても昨年の2倍の積雪。4月中旬には根雪ゼロになりそうである。

天気も良いことから調子に乗り走りました。体調も良いことから23キロでは物足りない。全身汗でびっしょり、絞ったなら水分が滴り落ちる。体重計に乗った所800gの減量。大したことはなかった(笑)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

質問なるほドリ:水のペットボトル、賞味期限の表示どう変わる?=回答・小島正美

毎日新聞 2013年03月12日 東京朝刊

 <NEWS NAVIGATOR>

 ◇大手5社が「年月」のみに 廃棄量や補充コスト減図る

 なるほドリ ペットボトル入りのミネラルウオーターの賞味期限(しょうみきげん)の表示の仕方が変わるんだってね。

 記者 そうなんです。賞味期限の表示が、これまでの「年月日」から「年月」に変わります。これまで賞味期限は「2013・3・10」「2013310」など、日にちまで表示されていたのですが、漢字を使って「2013年3月」と表示されることになります。

 Q すべてのペットボトル入りの水が変わるの?

 A いいえ。キリン、日本コカ・コーラ、伊藤園、サントリー、アサヒの大手5社が、国産の特定の銘柄について、2リットル入りのペットボトル水で実施します。5月の製造分から順次、切り替えていくそうです。

 Q 月表示になるのは水だけ?

 A 5社は、今回の取り組みが成功すれば、ジュース類などほかのペットボトルにも広げていくそうです。

 Q 「年月」表示になると、どんなメリットがあるの?

 A 例えば、コンビニエンスストアに、賞味期限が3月15日のペットボトル水が陳列(ちんれつ)されているとしましょう。その商品の補充が必要になると、コンビニには店頭にある商品より賞味期限が新しいものを出荷しなければなりません。メーカーや問屋の倉庫に、賞味期限が3月14日のものがたくさんあっても、商習慣からそれをコンビニに卸すことはできないのです。

 Q 賞味期限が切れていないのに?

 A そうです。もちろん、3月14日の商品を卸しても間に合う別の店を探すことはできますが、その分、商品を転送することが必要となり、トラック輸送に余計なコストがかかってしまい、二酸化炭素も余分に発生してしまいます。

 月表示になることで、こうした流通コストを下げることができ、まだ飲めるペットボトルを捨てる量を減らすことが期待できます。

 Q 逆に、月表示になるデメリットはあるの?

 A あえて言えば、もし事故があった時には、回収したり廃棄したりする量が増えてしまう可能性があります。その月に製造されたものが、すべて回収の対象になってしまうためです。

 Q ところで、月表示になることで、ペットボトルの水を飲む僕たちの健康に影響はないのかな?

 A 心配ご無用です。これまで賞味期限が3月30日だったものは、月表示では安全を見越して「2月」と1カ月前の表示にするため、賞味期限はむしろやや短くなるからです。食品や飲料の回収・廃棄は毎年かなりの量に上ります。これを機に賞味期限を少しでも超えたら捨ててしまう風潮を見直したいですね。(生活報道部)

続く

http://mainichi.jp/opinion/news/20130312ddm003070060000c2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界の雑記帳:上海の黄浦江で豚の死骸2200頭、水質汚染への不安高まる

2013年03月11日 17時33分

3月11日、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、上海市の主要水源の一つである黄浦江で2200頭を超える豚の死骸が発見されたと伝えた。写真はCCTVの映像から(2013年 ロイター)

3月11日、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、上海市の主要水源の一つである黄浦江で2200頭を超える豚の死骸が発見されたと伝えた。写真はCCTVの映像から(2013年 ロイター)

 [上海 11日 ロイター] 中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は11日、上海市の主要水源の一つである黄浦江で2200頭を超える豚の死骸が発見されたと伝えた。中国国内で食の安全や環境汚染をめぐる懸念がすでに強いなか、新たな水質汚染への不安が生じている。

 同紙によると、上海市松江区環境保護局のXu Rong局長は、豚の死骸は浙江省の上流部で遺棄された可能性が高く、死骸の数はさらに増える見通しだと発言。「水が汚染される恐れがあるため、早急に全頭を回収する必要がある」と述べた。

 メディアによると、政府当局者が調査にあたっている。

 松江区環境保護局の担当者はロイターの取材にはコメントを拒否した。

 上海市政府は11日、ウェブサイトに声明を掲載。豚の死骸の回収作業を継続しているとし、これまでに水質の汚染は確認していないが、水質を注意深く監視していると表明した。

 黄浦江での豚の死骸の発見は、週末にソーシャルメディアを介して急速に広まり、多くのブロガーが当局の遅い対応を批判していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌の路上生活者たち

厳寒の冬を乗り切る札幌の路上生活者は、午後10時に公共施設が閉まると凍える夜、寝袋を抱えて地下通路の入口に集まる。慣れた手つきで一人用のテントを設営し、体を潜り込ませる。この時期は夜になると氷点下5℃位まで下がる。油断すると凍死する。

Img146_640x522

テントに潜り込む路上生活者。JR札幌駅近く

食事は週4回の市民団体の炊き出しなどに加え、顔見知りになった市民が差し入れてくれるのが頼り。

夏は日雇いで土木現場などで働いて現金収入を得るが、冬はゴミステーションから集めた資源ごみや古本を換金しわずかな現金を手に入れるだけ。

「北海道の労働と福祉を考える会」では、希望者がいれば生活保護制度の説明や窓口に同伴をするが「家族に居場所を知られたくない。国の世話になりたくない」と言う理由で希望者は多くない。(北海道新聞引用)

本州方面の路上生活者なら何とか寒さを凌ぐことはできるでしょうが、北海道の冬は厳しい。氷点下10度以上に下がることも度々ある。こんな時彼らはテントの暮らしには耐えられず、一晩中コンビニ回りをする。それなのに国の世話になりたくない。

札幌北区にはホームレス緊急避難所があるが、そこを敬遠するのには訳がある。部屋は相部屋なため、凶悪な犯罪者、麻薬常用者、精神異常者と部屋を共有することもあるため。個人の安全は保証されない。それなら路上生活者の方が安全だと言う訳である。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月11日 走法 ラン&ウォーク 29.824歩(23.9キロ)
3月トータル299.184歩(239.3キロ)

9,10日は低気圧の影響で大きく計画を下回ったことから、挽回しようと張り切って家を出たのだが、吹雪模様の生憎の天気。それでも時々日がさすこともあった。若干遠回りをし、24キロのランでした。約2キロを挽回した。進捗状況は貯金があったことから99.2%。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

タバコ自動販売機焼損

3月8日、早朝追分通りを会社へ急いでいた。前方に黒い人影の集団が何やら忙しいそうに動き回っている。近づいて見ると警察や消防及び報道陣が自動販売機を見ている。タバコの自動販売機が焼けただれているのだ。

Dsc_0002_640x360

既にカバーを掛けていた。ワシがウロチョロするのが気に食わないとみて、近づかないで下さい。と言う。販売機から点々と続く足跡を丹念に調べていたがまさか放火とは考えられない。もし、そうだとしても犯人が足跡を残す訳がない。

自動販売機の電気設備不具合により焼損したものと考えられる。ワシが電気技術者だと名乗り見てあげようと思ったが、余計なお世話と言われるのが関の山(笑)。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月10日 走法 ラン&ウォーク 14.744歩(11.8キロ)
3月トータル269.360歩(215.5キロ)

昨日は計画に対し62.6%、今日は58.9%の進捗状況。大きくダウンした。原因は低気圧と言いたくないが、自然の驚異にたいし、あえなく惨敗。歩数に換算し約24000歩のマイナス。さて、どうやって挽回するか?好天さえ続けば何とかなるのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

3月として67年振りの大雪

9日、北海道は発達した低気圧の影響で、暴風雪の大荒れの天気となった。札幌市は、時より風速23.8メートルの突風が吹き荒れ、25センチの積雪となり、3月としては67年振り。現在の積雪量は130センチ。累積積雪量は6mを超えたと思います。

我が家のベランダ側の雪捨て場はご覧の通り。この雪山を崩すことにした。

Dsc_0003_360x640

3時間かけて漸くこんな状態。これはほんの一部で、長さ10m位は崩した。

Dsc_0004_360x640

この他、玄関前や車庫前の雪かきが終わったのは午後2時。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月9日 走法 ラン&ウォーク 15.650歩(12.5キロ)
3月トータル254.616歩(203.7キロ)

午後2時過ぎになっても歩道の除雪は手つかず状態。国道5号線の細い1本道を札幌駅方面へ向かったが、発寒橋で精根尽きて折り返し。西野の西友で一休みしたところ、5分程寝込んでしまった(笑)。約3時間半のウォークでした。明日も大荒れの予想。5キロで良いから何とかして歩きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

孫娘とワシ

この春、小学生となる孫娘は、幼稚園から帰って来ると、パソコンから離れないと言う(居間に2台のパソコン)。アメーバのピグに嵌っているのだ!ピグの機能は完全にマスターし、マウスの扱いはワシより早い。いつの間にかワシのアメーバブログのプロフィル画像が変更になっていた。すでに、エクセルやワードに画像の貼り付け方まで知っている。

P1010407_640x427
今の子どもは、それが普通なのか?さらに驚いたのはスマートホンの扱い。ワシは購入し2ヶ月程になるが、未だに取扱いは理解していない。孫娘に聞くことが多い(笑)。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月8日 走法 ラン&ウォーク 31.579歩(25.3キロ)
3月トータル238.966歩(191.2キロ)

路面は殆どアイスバーン状態でツルツル。10歩で8歩は滑る。このような状況でランは転倒し怪我をする。ウォークに切り替えたが、ランの人を何人か見た。やっぱし滑っていた。無理することはないのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

日本人と西洋人の箸とフォークの歴史

人間は時代を遡ると食べ物は手で食べていたが、次第に食生活の変化から日本人は箸を西洋人はフォークを使うようになった。箸は米のようにネバネバしたものを食べ易くするし、フォークは肉を刺して食べるに都合よく出来ている。

箸の歴史は7世紀に中国から伝来し、一般市民に箸が普及し、手食から箸食に変わったのは8世紀の初め頃。

フォークが一般市民に普及しだしたのは18世紀に入ってから、その頃まで手食だったことからフォークは手の代用、フォークの歯は指と同じく5本あった。4本歯が本格的に使われるようになったのは、19世紀初頭からである。

世界の約3割は箸食で4割は手食、3割はナイフ、フォーク、スプーン。

手食は不潔、野蛮と言ったネガティブなイメージがあるが手を綺麗に洗ってから親指、人差し指、中指の3本で食べる。しかし、手食の国の中にはお尻を洗うのに左手を使う文化がある(紙は使わない)。食事は右手、お尻は左手。用を足した後には石鹸で綺麗に洗う訳ですから、清潔です。と言いましてもその手で寿司を握り、はい、どうぞ!と出されたら食べれますか?

こうして見て見ますと手食は非衛生的と言う訳でもないが、日本人が早くから箸食、世界的に誇れる衛生的な食生活だと言える。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月7日 走法 ラン&ウォーク 33.098歩(26.5キロ)
3月トータル207.387歩(165.9キロ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

高梨沙羅 15歳で大検に合格

関連ニュース:高梨沙羅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼女売春の現場から

数年前 の記事を再編集し投稿します。

ここはプノペン旧スワイパー村、子供(10歳前後)とコーヒー感覚でセックスできる村として、日本の鬼畜どもの間で有名。

なんで未発達の子供たちを好んで抱かなければならないのか。

アンコールワットのあるシェムリアップでも簡単に子供を抱くことができる。外貨を稼ぐ土地ということで警察からもお目こぼしされている印象を受ける。

ここで働く子供たちはベトナムから国境を越えて連れてこられるようだ。

料金は15ドルくらいですが、交渉しだいで5ドル(500円位)まで値引き。 ゴムつけるかは自分次第、エイズが流行っているにもかかわらず、たいがい生でするらしい。2割は日本人。

子供たちは日本ならば小児科に通院する年齢である。

子供たちはぼんやりした目をし、全体的に生きている感じがしない。 あきらかにやらされていると言うのが分かる。

見てるまえで白人2人が交渉し、笑顔で店内にはいっていった。

丸山ゴンザレス「アジア罰当たり旅行」

日本は団体で買春旅行をしている現実がある。なのにコイツらを厳しく取り締まることをしない。野放しと言っても過言でない。子供を動物のように扱い、バイ菌を撒き散らして平然としているバカ者は全員死刑だ!

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22.0km)」
3月5日 走法 ラン&ウォーク 36.460歩(29.2キロ)
3月トータル146.401歩(117.1キロ)

昨日のコースをランした後、帰宅後町内1周。殆ど排雪も終わり、道路幅も広くなり、だいぶ楽になってきた。
平日は、30キロくらいが限度。もっと走れるが時間が足りない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

町内排雪




例年2月中旬頃の排雪作業は、大雪により4回の変更があり、2月26日から始まっている。費用は札幌市と町内会員が支払うが、私たちの町内は会員から徴収せず廃品回収資金で補う。

Dsc_0002_640x360_2
除雪機により雪を吸い上げダンプの荷台へ吹き飛ばす。約30秒で満杯になる。
Dsc_0030_640x360

地吹雪により凍えそうな寒気の中、活躍するガードマンたち。手前の赤い作業着を着ている人は女性。余談ですが、作業員にはトイレは無い。男性は自分の車の中に一升瓶又はポリ容器を用意し車内でトイレを済ます。女性は想像にお任せします。

Dsc_0026_640x360
我が家の車庫前

Before

Dsc_0007_640x360_2
After 左側の雪山は明日排雪予定
Dsc_0001_640x360_2

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22km)」
3月4日 走法 ラン&ウォーク 31.560歩(25.2キロ)
3月トータル109.941歩(88.0キロ)

国道5号線を琴似駅方面へ向かい、下手稲通りに入り会社へ。帰りは下手稲通りを手稲駅へ向かい帰宅するコースを選んだ。今回は全行程25キロはラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

資生堂:すべての動物実験を廃止

大学や企業の研究室では動物実験により新薬の開発等が行われているが、資生堂は動物愛護の観点から廃止すると発表。

ペットを家族の一員として飼っている家庭が多いことから、歓迎される決定である。他の研究機関も見習うべきと思うが!

資生堂 は28日、4月以降に開発する化粧品と医薬部外品の原料について、すべての動物実験を廃止すると発表した。11年3月に社内の動物実験を廃止していたが、さらに民間の試験機関に委託していた実験もやめる。

 同社は10年3月、安全性確保を前提に、動物愛護の観点から動物実験を廃止すると宣言。以降、有識者や学術団体、動物愛護団体と円卓会議で議論してきた。今回、皮膚への吸収性や刺激性を調べる検査に、原料安全性データベースや人工皮膚を使った試験法を組み合わせた新たな安全性評価の仕組みを導入。動物実験をしないでも人体への安全性を高い精度で評価できるようになったという。毎日新聞引用

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22km)」
3月2日 走法 ラン&ウォーク 11.472歩(9.2キロ)
3月トータル41.985歩(33.6キロ)

北海道は一日中猛吹雪となり中標津、湧別では車内に閉じ込められた母子4人が死亡、さらに交通はマヒ状態。無謀とは思ったが散歩に出た。この冬一番の防寒着に身を包み、目だけ出す帽子を被り外に出た。このような荒れ天気にも関わらず、町内の排雪作業は続けられていた。ガードマンは寒さに耐えながら交通整理。大変な仕事である。

歩道に出た所で向かい風、この時点でリタイアを脳裏をかすめたが、国道5号線を札幌駅方面へ向かった。突風はときおり向きを変え、横殴りとなる。

琴似駅近くでコンビニへ避難。そこで引き返すことに決定。ウォークで帰る気力は伏せたことからタクシーを探した。案外簡単に見つかった。歩いている人は誰もいないのだ!

計画を13キロ下回ったことから、是非とも挽回する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

私の釣った魚を食べない冷たい家族たち

記事の一部は数年前に投稿したものであるが、今回の記事は若干修正および追加したものである。

私は、釣りはキチ部類で日本海がメーンであるが、太平洋側にも時々出没する。

昨年は11回の釣行で663匹釣りあげている。

主な魚種はカレイ66匹、ホッケ57匹、チカ537匹等で変わったところではサメ3匹。

しかし、折角釣ってきた魚は家族(6人)は私以外誰も食べない。釣ってくる度に隣近所に差し上げるが、沢山上げると迷惑になるので手加減している。

冷凍庫は4台、冷蔵庫2台あるがピーマンも保存していることから冷凍庫は満杯に近い。私は魚が好きですから一度に3匹は食べますが、3匹位だと焼き石に水、減っていかないのだ。

問題は、何故家族が食べないかということ。市販の魚はよく食べている(笑)。

それには大きな問題があった。

数年前に遡るが、真冬の寒い日に石狩新港へ釣りに出かけた。当日は途中から猛吹雪になった。運悪く体調もすぐれず、下痢状態。

釣り人は2人だけ、心細いが吹雪の止むのを待っていた。

だが、下痢の方は待ったなし。

テトラの影で用を足した。猛吹雪のため、ウンコは飛び散り体中に付着(笑)

この時は、体に付着しているなど知る由もない。

釣り場に戻ったとこる、3本のサオ全てにお魚さんからアクセスあり。

次から次と釣りあげた。この時隣の釣り人が来て、お前なんか臭いな、と、いいライトで私の体を照らしていたが、直ぐヤツは自分の釣り場を私から離した。

もしかして、体に糞が附いているのかと思い、自分でもライトで点検。

なるほど、あっちこっち糞だらけ、釣った魚を見たら、若干ついていた。

釣りを諦め帰ることにした。

翌日、家族が大騒ぎ、なんかウンコ臭い!

犯人は魚だと直ぐわかり、こんなの捨てなさいと言いだした。

良く見れば、暗いところで見たのとは雲泥の差、糞壺から釣り上げたような魚達。

もったいないけれど、全部捨てた。

この事件があってから、私の釣ってきた魚は誰も食べてくれないのだ(笑)。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22km)」
3月1日 走法 ラン&ウォーク 30.513歩(24.4キロ)
3月トータル30.513歩(24.4キロ)

3月に突入したが、吹雪模様の天気であった。本州の一部では春一番が吹いたようだが、札幌は冬一番が吹いた。最高気温は0.1度風が強いことから体感温度はマイナス5℃位。とても寒い一日であった。

路面は凍り凸凹状態、慎重に歩を進め20キロのラン+4.4キロのウォークでした。

3月の目標歩数は85万歩であるが、道路事情が良ければ100万歩まで届く可能性がある。因みに昨年の100万歩以上は5,6,9月に達成実績ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

平均寿命 男女とも長野首位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »