« 平均寿命 男女とも長野首位 | トップページ | 資生堂:すべての動物実験を廃止 »

2013年3月 2日 (土)

私の釣った魚を食べない冷たい家族たち

記事の一部は数年前に投稿したものであるが、今回の記事は若干修正および追加したものである。

私は、釣りはキチ部類で日本海がメーンであるが、太平洋側にも時々出没する。

昨年は11回の釣行で663匹釣りあげている。

主な魚種はカレイ66匹、ホッケ57匹、チカ537匹等で変わったところではサメ3匹。

しかし、折角釣ってきた魚は家族(6人)は私以外誰も食べない。釣ってくる度に隣近所に差し上げるが、沢山上げると迷惑になるので手加減している。

冷凍庫は4台、冷蔵庫2台あるがピーマンも保存していることから冷凍庫は満杯に近い。私は魚が好きですから一度に3匹は食べますが、3匹位だと焼き石に水、減っていかないのだ。

問題は、何故家族が食べないかということ。市販の魚はよく食べている(笑)。

それには大きな問題があった。

数年前に遡るが、真冬の寒い日に石狩新港へ釣りに出かけた。当日は途中から猛吹雪になった。運悪く体調もすぐれず、下痢状態。

釣り人は2人だけ、心細いが吹雪の止むのを待っていた。

だが、下痢の方は待ったなし。

テトラの影で用を足した。猛吹雪のため、ウンコは飛び散り体中に付着(笑)

この時は、体に付着しているなど知る由もない。

釣り場に戻ったとこる、3本のサオ全てにお魚さんからアクセスあり。

次から次と釣りあげた。この時隣の釣り人が来て、お前なんか臭いな、と、いいライトで私の体を照らしていたが、直ぐヤツは自分の釣り場を私から離した。

もしかして、体に糞が附いているのかと思い、自分でもライトで点検。

なるほど、あっちこっち糞だらけ、釣った魚を見たら、若干ついていた。

釣りを諦め帰ることにした。

翌日、家族が大騒ぎ、なんかウンコ臭い!

犯人は魚だと直ぐわかり、こんなの捨てなさいと言いだした。

良く見れば、暗いところで見たのとは雲泥の差、糞壺から釣り上げたような魚達。

もったいないけれど、全部捨てた。

この事件があってから、私の釣ってきた魚は誰も食べてくれないのだ(笑)。

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22km)」
3月1日 走法 ラン&ウォーク 30.513歩(24.4キロ)
3月トータル30.513歩(24.4キロ)

3月に突入したが、吹雪模様の天気であった。本州の一部では春一番が吹いたようだが、札幌は冬一番が吹いた。最高気温は0.1度風が強いことから体感温度はマイナス5℃位。とても寒い一日であった。

路面は凍り凸凹状態、慎重に歩を進め20キロのラン+4.4キロのウォークでした。

3月の目標歩数は85万歩であるが、道路事情が良ければ100万歩まで届く可能性がある。因みに昨年の100万歩以上は5,6,9月に達成実績ある。

|

« 平均寿命 男女とも長野首位 | トップページ | 資生堂:すべての動物実験を廃止 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の釣った魚を食べない冷たい家族たち:

« 平均寿命 男女とも長野首位 | トップページ | 資生堂:すべての動物実験を廃止 »