« 私の釣った魚を食べない冷たい家族たち | トップページ | 町内排雪 »

2013年3月 3日 (日)

資生堂:すべての動物実験を廃止

大学や企業の研究室では動物実験により新薬の開発等が行われているが、資生堂は動物愛護の観点から廃止すると発表。

ペットを家族の一員として飼っている家庭が多いことから、歓迎される決定である。他の研究機関も見習うべきと思うが!

資生堂 は28日、4月以降に開発する化粧品と医薬部外品の原料について、すべての動物実験を廃止すると発表した。11年3月に社内の動物実験を廃止していたが、さらに民間の試験機関に委託していた実験もやめる。

 同社は10年3月、安全性確保を前提に、動物愛護の観点から動物実験を廃止すると宣言。以降、有識者や学術団体、動物愛護団体と円卓会議で議論してきた。今回、皮膚への吸収性や刺激性を調べる検査に、原料安全性データベースや人工皮膚を使った試験法を組み合わせた新たな安全性評価の仕組みを導入。動物実験をしないでも人体への安全性を高い精度で評価できるようになったという。毎日新聞引用

ウォーキング日記
3月の目標 850.000歩「1日27.420歩(22km)」
3月2日 走法 ラン&ウォーク 11.472歩(9.2キロ)
3月トータル41.985歩(33.6キロ)

北海道は一日中猛吹雪となり中標津、湧別では車内に閉じ込められた母子4人が死亡、さらに交通はマヒ状態。無謀とは思ったが散歩に出た。この冬一番の防寒着に身を包み、目だけ出す帽子を被り外に出た。このような荒れ天気にも関わらず、町内の排雪作業は続けられていた。ガードマンは寒さに耐えながら交通整理。大変な仕事である。

歩道に出た所で向かい風、この時点でリタイアを脳裏をかすめたが、国道5号線を札幌駅方面へ向かった。突風はときおり向きを変え、横殴りとなる。

琴似駅近くでコンビニへ避難。そこで引き返すことに決定。ウォークで帰る気力は伏せたことからタクシーを探した。案外簡単に見つかった。歩いている人は誰もいないのだ!

計画を13キロ下回ったことから、是非とも挽回する。

|

« 私の釣った魚を食べない冷たい家族たち | トップページ | 町内排雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/56876116

この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂:すべての動物実験を廃止:

« 私の釣った魚を食べない冷たい家族たち | トップページ | 町内排雪 »