« 平和の滝へ28キロのジョギング | トップページ | 寄生木(ヤドリギ) »

2013年5月 8日 (水)

発寒川の散歩道

私が検査入院した病院の側には発寒川が流れ、その流れに沿って遊歩道がある。この遊歩道は平和の滝へと続く。

発寒川には工場や家庭排水は流れておらず。綺麗な川である。秋にはサケが遡上する。

Dsc_0024_640x360

遊歩道の自然は保護され倒木も自然であり朽ちてコケが生えていた

Dsc_0014_640x360

まむしは毒ヘビ、噛まれると死亡することもある。札幌の病院はどこもマムシ抗毒素血清を持っている。噛まれたなら速やかに治療を受ける。6時間 以内の血清投与が推奨されており、少なくとも24時間は経過観察が必要。

Dsc_0021_640x360

枝垂れ柳は芽を吹きだしている

Dsc_0025_640x360

発寒川沿いには日本で初めてのパンの博物館がある。

Dsc_0027_640x360

建設中のマンションか?

Dsc_0029_360x640_2

地方へ出ていることからコメントは遅くなりますが必ず書きますので宜しくお願いします。

ウォーキング日記は休みます。

|

« 平和の滝へ28キロのジョギング | トップページ | 寄生木(ヤドリギ) »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発寒川の散歩道:

« 平和の滝へ28キロのジョギング | トップページ | 寄生木(ヤドリギ) »