« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

汗で濡れた汚いハンカチを拾う女

週末は(土、日)長距離ジョギングを計画している。29日は30キロの予定で7時半に家をスタート。

コースは追分通りを北上し、新川に差掛ったところで右折し札幌駅方面へ向かい北海道大学付属植物園を右折し北5条通りを山の手方面へ向かい、西高前や山の手高前を通り帰宅する30キロコースである。

休憩は10キロ(武蔵野女子)、20キロ地点(心臓血管センター大野病院遊歩道)で水分補給を兼ねて5分程休む。大野病院は私が度々検査入院する病院である。

当日も20キロ地点でベンチに座り休憩を取っていた。後方から30代位の可愛い女性が来た。手前10m位の所でしゃがみ何かを拾った。

アッ!あれはワシのハンカチではないか?白と黒のチェック柄はそんなに無いはず。ベンチに3人座っていたことから、女性はこのハンカチ落としませんでしたか?と聞くものと思っていた。が、女性は紙袋に入れて立ち去った。なんだこりや!こんなことってあるか!

ワシのハンカチは汗で濡れていた。なのに持ち去った。若しかしてと思いポケットを確認したが無い。やっぱしあれはワシのハンカチ。

普通、ハンカチは濡れていたなら不潔なものとして誰も手にはしない筈。でもあの女性は持ち去った。ここでワシの頭脳は忙しく思考を巡らした。ハンカチは男物と直ぐわかることから汚い汗を嗅ぐ趣味があるのか?若しかして今頃ワシのハンカチの臭いを嗅ぎ淫らな行為を・・・(笑)。もし、そうなら沢山使って下さい(笑)。

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月29日 走法 ラン&ウォーク 47.799歩「38.2キロ(午前30キロ、夕方8.2キロ)
6月トータル1.006.540(805.2km)
達成率 138.8%

今月の目標を途中から100万歩に切り替えたが、29日一気に100万歩を達成した。

因みに過去の最高歩数は昨年5月1.256.104歩(1.005キロ)である。

明日は、ローカルのウォーキング大会「新篠津(しんしのつ)ウォーク」12kmに参加。当日、ゴール地点では、新篠津産直市場が開かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇妙な部隊とゴミ拾い機

お揃いの制服に制帽、身なりななかなか宜しい。さらに籠を背負い手には火バサミを持っている。キチンと列をなし、前方や後方、周囲に目を凝らして歩く。一瞬乞食かと失礼な考えも芽生えたが、違うらしい。

この方たちは何とゴミ拾いのボランティアでした。

Dsc_0003_640x360

この部隊が過ぎ去った後からは、今度は奇妙な自動車か?横っ腹には「ハトやカラスなどにエサをやらないでください」と書いてある。良く見るとゴミを拾っていた。自動ゴミ拾い機とも言うべきか?

Dsc_0007_640x360

札幌のゴミ拾いについては世界の先端技術を行っている(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

女の夜這い

アマゾン川上流の秘境に住むインディオには、信じられないでしょうが女の夜這いが沢山いると橋本僐元「アマゾネスの冒険、大アマゾン下り6500キロ」の著書で言い放っている。

Nec_0067

カナダ政府からは障害者のアマゾン川下りは危険ということで何度も入国ビザの発給を断わられながら、ガマン強く説得しパートナーをつけることでOKの返事をもらった。

橋本さんは右足に傷害があり、左足に対し5センチ短い曲がらないハンデを背負い、何度もピラニアがウヨウヨしてる川に転落したが奇跡的に助かった。彼は傷害により泳ぎは苦手だった。

川下り中、クモの巣状に枝別れした複雑な水路を、目的地の大西洋河口のバレン市に到着し世界初のゴムボートによる川下り6500キロに成功。

Nec_0068

あの有名な冒険家、植村直己さんでさえバレン市に到着できず、大西洋に流れ出た。

夜這いは男の行為で日本の一部の地方にその習慣があった。

インディオは東洋人は優れた人種とされ、その種を切望していた。

旦那が漁に出てる間にチャンスがあれば漁師の人妻は男を狙っている。素朴で素敵な女性が多い。

Nec_0069_2

もし、子供が産まれても旦那はよく可愛いがり、面倒もみる。

橋本さんが泊めてもらった家は旦那は漁にでて明日まで帰ってこないという。

100%夜這いの条件がととのっていた。

人妻は綺麗なヒトで申し分なし。メシも食ったし後は深夜を待つだけ。

女の夜這いの話しは聞いた話なので期待しないでいたが、やっぱし事実。

行為の内容は書いていないので分かりませんが・・・男と女のセックスは人間であるいじょう変わることはないでしょう。

精力漲っている男は確認のためアマゾン川上流へ行って種まきしてきませんか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

豪華なバス停

手塩から国道232号線を札幌へ向かっていた。国道232号線は稚内から留萌まで184.8kmの国道で天塩から留萌までは日本海側を通る。

Dsc_0013_640x360_2

所々に別荘を思わせるような建物が建っていた。良く見たらバス停であった。札幌のバス停とは雲泥の差。冬期間は日本海から吹き荒れる寒さを凌ぐため、こような頑丈なバス停にしたものと思われる。

Dsc_0019_640x360
ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月27日 走法 ラン&ウォーク 35.568歩(28.5km)
6月トータル953.315(762.7km)
達成率 141.2%

今年初の100万歩達成は確実となった。残りは46.685歩楽勝である。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

第17回北の都札幌ツーデーウォーク

6月22日から23日に亘り札幌市中島公園を会場に北の都札幌ツーデーウォークが開催された。参加者本州144名、北海道666名であった。

コース距離は30キロ、20キロ、10キロ、5キロで私は22日は30キロ、23日は20キロにエントリーした。

札幌の美しい街並みや、さわやかな緑多い、すがすがしい札幌の空気を胸一杯吸いこんで頂いたことと思います。

ウォーキングは競技ではなく完歩が目的であることから、どこでも出来る運動として普及し、ウォーキング人口は4000万人といわれている。

最近スピードウォーキングが流行り出している。目的はトップゴールを目指すことである。ウォーキングの基本である。踵着地や軸足に体重を乗せ膝を真っ直ぐ伸ばす、さらに必ず片方の足を着地させた走法を取り入れている。私はスピードウォーキングを得意としている。

22日30キロコース

会場に到着した時間が遅く、最後尾スタートとなった。1キロ地点で早くも先頭集団と800m位の差がついた。焦らず一人ひとり抜き15キロ地点では1位の姿を捕え追いついた。所が大変な事態が発生。コースを1キロ間違えた。逆戻りすることになった。コースを間違えたのは私たちだけでなくトップグループを形成していた約10名。正規なコースを進んでいた人たちがトップとなり。それを追うはめになった。

20キロ地点でトップを捕えた。残り10キロは私を入れて4人のグループとなった。私が集団の前に出た。その勢いでペースを上げた。付いてきたのは1人だけ、相手は30代後半くらい。私は振りきれると思った。がどこまでもついてくる。ゴール手前100mとなり最後の力を振り絞り、引き離しにかかった。ゴール手前50mで30mの差がついた。ここでまた災難が信号が赤になったのだ!信号無視をする訳にいかない。ところが、2位の人が車が来ないことを良いことに渡ってしまった。これは法令違反でもあるし、コース違犯違犯でもある。誰もみていないことからそのままトップゴールとなった。私は20秒遅れの2位。悔しいけれど、忘れることである。

23日20キロコース

リベンジである。昨日より1時間早く家をでた。会場にはスタート1時間前に到着。しかし並んだ順番は200番目位。この位置ならトップに追いつける。スタートしてから先導員の横についた。今日は絶対負けられない。トップグループは10キロ地点まで、それからバラバラになってきた。トップ争いは2人に絞られた。常に私の前を行くがスタミナが残っているとは思えない走法。残り5キロ地点で勝負に出た。ペースを上げたら、ずるずる下がっていく。私には余裕が残っていた。2時間26分でゴール。私にしては素晴らしい良いタイム。100mに換算すると43.8秒でした。2位でゴールした人は途中までトップ争いをした相手ではなく、違う人で18分遅れでした。距離にし約1800m。

次の大会は30日、地方で新篠津ウォーク12km。トップ争いはしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

函館・東北チャリティープロモーション2013

東日本大震災復興応援事業「函館・東北チャリティープロモーション2013」が札幌市大通公園で6月22日、23日に亘り開催されていた。この催しにはいつもお世話になっているプロガー、ゆうさんのお店「ジョリ・クレール」も出品していたことから是非行ってみたいと思っていた。

当日はウォーキング大会、北の都札幌ツーデーマーチが近くで開催されていた。23日ゴールが早かったことから覗いて見る事にした。

Dsc_0018_640x360

会場は大混雑していた。早速ゆうさんのお店を見つけた(ゆうさんは居なかった)。ふわりを1個購入(ケチった訳でないが)し食べてみた。甘いけれど甘さがしつこく口の中に残らない。うんこれはいけると女の子を見つめたが知らん顔。

Dsc_0008_640x360

Dsc_0010_640x360
次は七飯町のビールと焼き北寄貝2個を購入、結局ビールを2杯飲んだ

Dsc_0014_640x360

更に腹の虫が収まらず塩ラーメンの行列に加わった。写真を撮ったが写っていない。

腹の虫が収まったところで再びゆうさんの店へ足を運んだ。ふわりが美味しかったことからお土産にと思ったが、果たしてこの暑さで大丈夫か?

男の人がいたので聞いてみた。ふわりは2時間くらい自転車で運んでも品質が悪くならないか?男の人はアイスを入れるから大丈夫ですと言う。

それではと、5個を注文(又してもあの男、ケチったなと思ったかどうかは分からんが(笑))。

Dsc_0020_640x360

Dsc_0021_640x360
もしかして、男の人はゆうさんの旦那さん?

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月23日 走法 ラン&ウォーク 40.284歩(32.2km)
6月トータル811.630(649.3km)
達成率 141.2%

北の都札幌ツーデーマーチ2日目。距離は20キロであった。昨日のリベンジを果たさないと気が済まない。2時間26分のタイムでゴール。100mに換算すると43.8秒。良いタイムである。2位には18分の差をつけた。詳しくは近いうち、ブログに書きます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

案山子

庭園は小さいけれど

Dsc_0016_640x360_2

案山子の群れに、カラスもドッキリ

Dsc_0015_640x360_2

ワシ:おじさん案山子を沢山立てましたね。効果あるんですか?

おじさん:最近慣れてダメだ!カラスなんか友達扱いだ!この間、糞をかけられた。

ワシ:折角作った案山子、可愛そうじゃないか。

おじさん:物置や部屋に沢山あるよ。オメェに1個あげるか?

ワシ:畑ないから遠慮するよ。奥さんは文句言わないの?

おじさん:文句言う訳ねえべや、アイツが作っているんだから、オレはここに立てているだけだ。

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月22日 走法 ラン&ウォーク 47.465歩(38.0km)
6月トータル771.346(617.1km)
達成率 140.2%

北の都札幌ツーデーマーチ1日目であったが、残念ながら2番目でゴールでした。トップとは僅差の20秒でした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

札幌冬季オリンピック施設を訪ねて

手稲山では1972年11回冬季オリンピックの男女大回転、回転コース、ボブスレー、リュージュ会場となったところである。

 

一部の施設は撤去され植樹し自然にもどされたが、未だに森林や草むらに放置されたままの施設がある。

 

これはボブスレーゴールハウス、半分は倒壊していた。過去の栄光の施設はこれで良いのか?

 

3年前の写真↓。倒壊の兆しはなかったが・・・

 

Photo
2013年6月2日現在。同じ建物とは思えない破損状況

Dsc_0049_640x360_2

 

保存は不可能
Dsc_0053_640x360

 

この設備はボブスレーコースの照明か?林の中に埋もれチヨコンと顔をだしている。これも錆び放題。

 

Photo_2

 

ボブスレーコースに残されたままのレール

 

Photo_3 

 

ゴール地点をよくみたら、林の中に埋もれているコンクリートのスタンドが見える。古代の遺跡を発見した気分。

 

Nec_0066_2 

 

極めつけはここ、ゴミ捨て場か?

 

ところがドッコイ、ここはボブスレーコース。雑草が生え、ドラム缶が廃棄され、見た瞬間下水講かと思いよく観察したところコースでした。

 

Nec_0072_2 

 

Nec_0071_3 

 

ここはどこだと思います?栄光のボブスレーゴールハウスの中。

 

ボブスレーが散乱していた。

 

無断侵入かって?鍵が壊れているので入ってみた。

 

Dsc_0055_640x360
札幌市は何故保存しないのか、アジアで初めて開かれた冬季オリンピック。二度と開催されることはないだろう!過去の栄華を偲ばせる大切な施設なのに。

 

この大会でリュージユ(木のソリ)、ボブスレー(鋼鉄のソリ)、一人乗り、二人乗り、4人乗り合わせ6個の金メダルが与えられている場所。

 

この人達が現在の状況を見たらどんなに嘆き悲しむことか。

 

お金にならないものは切り捨てる、おかしな世の中になってしまった。

 

ボブスレーに佐賀清和高等学校の校名が入っていたことから佐賀清和高等学校へ問い合わせてみた。

 

20110616_26
以下はその内容

 

私からの連絡

先日、札幌手稲山において貴高のものと思われるボブスレーをみつけました。

 

場所は、冬季札幌オリンピックボブスレーゴールハウス内です。

 

ホコリまみれになっています。このハウスは管理されていないもよう。

 

 

佐賀清和高等学校からの返事

 

ボブスレーの件ですが職員や事務室で確認したところ、

 

札幌には本校生徒が修学旅行に行ったことはありますが、

 

ボブスレーを使用したことはないようです。

 

どのようないきさつでボブスレーに学校名が表示されているのか

 

全く分からない状況です。

 

修学旅行を取り扱った旅行代理店などにも問い合わせてみたいと思いますが、

 

少なくとも本校の所有するものではないようですので、まずはご連絡いたします。

 

佐賀清和高等学校  教頭 貞松 義人 
ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月21日 走法 ラン&ウォーク 25.231歩(20.2km)
6月トータル723.881(579.1km)
達成率 137.9%

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

不届き者

看板には

Dsc_0028

このように書かれているが

その看板の前に捨てるヤツがいた。何故私有地なのにわざと捨てるのか。ゴミの不法投棄は5年以下の懲役または1000万円以下の罰金となっている。ちょっとした悪戯が人生を狂わすことにもなるのに・・・

Dsc_0028_640x360

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月20日 走法 ラン&ウォーク 28.919歩(23.1km)
6月トータル698.650(558.9km)
達成率 139.7%



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

自民党の高市早苗という女はアホか!

Stt13051213290001n1
高市早苗政調会長

19日自民党の高市早苗政調会長は、原発再稼働をめぐって原発事故で死亡者は出ていない」と発言したことについて「発言によって大変つらい思いをされ、怒りを覚えられたとしたら、申し訳ないことだった」と陳謝し、発言を撤回した。

すでに、原発事故によって、現在1400人を超える災害関連死が認定されているにも関わらず、なんと無責任な無知な発言。さらに撤回理由の中に怒りを覚えたとしたら、申し訳ないと言う。ならば怒りを覚えないとしたなら謝ることは無いとの判断。アンタの発言で殆どの国民は怒ってるんだよ。アホな女だよ。

しかも、抗議に訪れた同党福島県連の平出孝秋朗幹事長に多忙を理由に19日の面会を断っている。しからば多忙の理由は何なのか?東日本大震災の被災者の意見を代表して抗議に訪れた平出孝秋朗幹事長より重要人物と会っていたのか?そんなことはありえない。

逃げているのだ!卑怯な女だ!このような女が自民党の政調会長とはお見逸れした(笑)。

さらに、こんなことも言っている、

村山談話「おかしい」 靖国参拝「やめたら終わり」 自民・高市政調会長

個人的な意見になるが、こんな女の顔はきらいだ!(笑)。

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月19日 走法 ラン&ウォーク 41.778歩(33.4km)
6月トータル669.731(535.8km)
達成率 141.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

昆虫食:時代到来? 味はまずまず、課題は見た目と抵抗感

昆虫食は人類を救うのか−−国連食糧農業機関(FAO)は5月、将来の食糧危機にそなえて昆虫食を提案する報告書を発表した。「栄養価が高い」「飼育が簡単」「環境への負荷が少ない」など、報告書には昆虫食の利点が挙がっている。しかし昆虫食に抵抗感を持つ人も少なくない。日常的に昆虫を食べる−−そんな時代は本当にやってくるのか。実際に昆虫を食べて考えた。【長岡平助】                    続きを読む                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手稲山登山

網走、北見ウォーキング大会が迫った6月2日最後の仕上げとして手稲山登山(1023.7m)を計画していた。登山入口は平和の滝と決めた。

当日のスケジュールは、家から平和の滝まで約10キロをジョギングし、平和の滝から登山靴に履き替え登山を開始(距離は約10キロ、所要時間2時間)、頂上からはランニングシューズに履き替え一気に15キロを下る計画。

手稲山は前期鮮新世(約370万年前)に活動した火山で,かって北西山腹では東洋一の手稲鉱山が稼行していて金銀を産出していた。明治末期に登山道ができ、大正末にはパラダイスヒュッテが建設されるなど、北海道の登山の原点といえる山です。

Dsc_0046_640x360

登山口から数キロ入ったところで、年配の登山家に追いつかれた。そしてよろしかったら一緒に登りませんかと声を掛けられた。一人だと心細かったことから宜しくお願いします。と返事をした。

Dsc_0013_640x360

手稲山の大自然をお楽しみください

Dsc_0014_640x360_2

Dsc_0015_640x360_3

Dsc_0017_640x360

白根アオイの花

Dsc_0020_640x360

やしお紫ツツジ

Dsc_0025_640x360Dsc_0029_640x360

Dsc_0027_360x640

この方は30キロの荷を背負いこんでいた。私は5キロくらい。

Dsc_0031_640x360

時々休んで私の登ってくるのを待っていた。

Dsc_0032_640x360

岩盤の矢印は登山道を示す。

Dsc_0033_640x360

漸く頂上付近に到着、ここで登山家と別れた

Dsc_0037_640x360

電波塔が見えてきた。頂上付近は積雪状態

Dsc_0039_640x360

頂上は除雪中。1mを超える積雪。これ以上進むことは出来ない。

Dsc_0040_640x360

ランニングシューズに履き替え一気に下山

Dsc_0047_640x360

約40キロの強行登山でした。

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月18日 走法 ラン&ウォーク 27.451歩(22.0km)
6月トータル627.953(502.4km)
達成率 139.5%





































































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

口型トイレ苦情が多いと言うけれど・・・

写真を見れば確かに常識を超えたトイレ、考案した人を褒めるべきか、非難する人を擁護すべきか私は迷う。

200911190833

トイレは国の文化と言うがこうなるとエロ文化・・・どこにオシッコするか分かったら100万。

200911190828s

念には念を入れてこれは人形ですから誤解のないように。

200911190803s

これは何をしているんですか?もちろんオシッコ!勘違いするな!

200911190845s

こら!何をする!あなた真面目に考えて!これは是非日本に普及させたい。

200911190848

 これは品選びできるから最高、今日はこっちにしよう。

200911190843

なんか嫌ねぇ!でも私はここが最高。

200911190823

いろいろあって迷う

200911190839

この手はなーに

200911190834

なんだ!いきなり、どこに糞するんだよ!何この穴?

満杯になれば埋めて、隣にまた穴を掘る。穴はうじ虫だらけ。

200911190810s

これはらくちんかもね、でも下痢の時はズボンにかかるんじゃない。それにうまく穴に命中するのかな?

200911190840s

何これ!トイレに決まってるだろう、この上に足を乗せて、糞するのさ、慣れないと大変だよ。

だってさ、足を踏み外したら便器に落ちる。

それから問題なのは水をどの段階で汲んでおくかさ、終わってからだと、下りる時ウンコがネチネチお尻でこすれるしさ、前に用意すれば便器に上がる時、注意し過ぎて水をこぼしたり、便器におこっちるしさ。

なんか不衛生極まりないね、俺は野糞を選ぶな。

T02200293_0300040012579204254

きわめつきはこれ!

なんだこりゃ、公開トイレさ、大衆の前でウンコするんだよ。

ポトリ落ちれば豚が全部食べてくれるのさ、その豚肉をお客さんに食べて貰うんだ、コスト低減対策さ。

T02200295_0300040212579205542

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月17日 走法 ラン&ウォーク 39.390歩(31.5km)
6月トータル600.502(480.4km)
達成率 141.4%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

石北峠

Dvc00088_480x640

網走、北見ウォーキング大会の帰途、石北峠を通って来た。

石北峠は明治維新期の政治犯や重罪人の囚人による開拓道路で、日本の刑務所では最大の死者を出した。最大の原因は囚人に対する労働条件にあった。衣類は冬季に入っても、綿入りの囚人服1着加わっただけ、靴下は1足夏用そのままであった。刑務所の寝室は隙間だらけで吹雪の日には雪が入って来る。薪ストーブはあるが温かいのは回りだけ、他の場所は外となんら変わらなかった。そのため凍死者が続出した。政府は労働条件を改善する気はなく、寧ろ死者が多く出ることは当然とみていた。

重罪人は足に5kgくらいの重りをつけられ原始林の中を作業現場に向かう。私は網走刑務所資料館で実際につけてみたが、平らな部分でも歩くのは容易でない。

このような囚人たちによって作られた石北峠ごゆっくりとご覧ください。

旭川と北見を結ぶメインルートである国道39号線にある最大の難所。道路はよく整備されているが北見側の勾配がきつい。頂上には駐車場、土産物屋、トイレ、展望台がある。上川側は層雲峡に通じていることから、道東を巡りの観光バスはここを通るものが多く、観光客にはよく知られた峠と言える。

右側は断崖絶壁

Dvc00086_640x480

同じようなカーブは多数ある。

Dvc00087_640x480

お土産店や食堂

Dsc_0066_640x360


少し下った所は濃霧は晴れ大雪湖が見えてきた。前方奥に雪に覆われた大雪山連峰が見える。
Dsc_0071_640x360

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月16日 走法 ラン&ウォーク 42.922歩(34.3km)
6月トータル561.112(448.9km)
達成率 140.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

網走刑務所

初めに高倉健の網走番外地をどうぞ!

♪春に 春に追われし 花も散る♪
♪酒ひけ酒ひけ 酒暮れて♪
♪どうせ俺らの 行く先は♪
♪その名も 網走番外地♪

6月7日のウォーキング大会が終わった後、網走刑務所を訪ねた。観光客はこの頑丈な入口から入ることは出来ない。

網走刑務所は明治23年過酷な中央道路開削作業のため(北見から網走)、人工631人の網走に囚人1200名と看守173名が送り込まれた。これが網走刑務所の誕生である。

以来、北海道開拓の先兵を演じた彼らは、幾重もの困難を乗り越え、歴史を刻んできた。

網走川の水に映え、三眺山を背景に赤煉瓦塀に囲まれた真実の姿は何を語るだろう。

興味ある方は「実録・網走刑務所(山谷一郎)」をお読みください。

Dsc_0032_640x360Dsc_0033_640x360

網走川

Dsc_0036_640x360
鏡橋・収容される時、出所する時必ず渡る橋。。「川面に我が身を映し、襟を正し、心の垢をぬぐいおとす目的で岸に渡るようにと」誰言うとはなしに鏡橋と呼ばれるようになったと言う。
Dsc_0037_640x360

売店で囚人により作られたもので少しでも囚人のお役に立てればと思い450円で買ってきた。

Img167_442x640_2

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月14日 走法 ラン&ウォーク 35.818歩(28.7km)
6月トータル518.190(414.6km)
達成率 138.6%


網走、北見大会による疲労感はようやく取れつつある。しかし未だに完全でない。今回は久しぶりに11キロのラン、残りはウォークでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

網走市親水防波堤ぽぽ260

6月6日ウォーキング大会参加のため網走に入った。来るたびに「親水防波堤ぽぽ260」に寄りオホーツク海を見るのが楽しみの一つでもある。

初めに高倉健の歌をどうぞ!

遥か遥か彼方にゃ♪オホーツク♪

 

紅い真っ紅な♪ハマナスが♪

 

海を見てます♪泣いてます♪

 

その名も♪網走番外地♪

オホーツク海、向こうはシベリア大陸。

時間の許す限りボゥーと海を見つめ、遥か彼方へ夢を馳せる。この一時は至福の時である。

Dsc_0028_640x360

親水防波堤ぽぽ260の入り口はこの建物の横にある。
Dsc_0012_640x360_2

早朝この場所で30代位の女性に声を掛けられた。向こうからニコニコしながら近付いてきた。お早うございます。今日頑張って下さい。二言いって通り過ぎて行った。爽やかな朝である。

Dsc_0008_640x360_2
シベリア大陸方面から登る日の出。右前方は知床方面、直線で90kmの距離。

Dsc_0005_640x360Dsc_0011_640x360
Dsc_0007_640x360

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月14日 走法 ラン&ウォーク 24.166歩(19.3km)
6月トータル482.372(385.9km)
達成率 137.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

タンポポが消えた

ここは網走市オホーツク文化交流センター前広場。網走川がゆったりと流れ、絨毯を敷き占めたように咲き誇るタンポポ。乳幼児を連れたお母さん達の姿が多く見られる場所ゆえペットの散歩は禁止されていた。網走市もやるもんだと関心していた。ところが・・・

Dsc_0018_640x360

突如として現れた自然破壊軍団、何が気に喰わないのか一斉にタンポポの刈り。

Dsc_0019_640x360
軍団が去った後には一輪のタンポポの姿もない。これは綺麗にした積りなのか、自然の美は破戒されてしまった。除草の積りだろうが、予算を消化するだけの自然破壊活動。芝生は上の写真でも分かる通り除草するほど伸びていたとは到底思えない。

Dsc_0039_640x360

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月13日 走法 ラン&ウォーク 30.655歩(24.5km)
6月トータル458.206(366.6km)
達成率 141.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

でっかいどうオホーツク北見ツーデーマーチ

オホーツク北見ツーデーマーチ1日目

Dvc00055_2

9日、コース32km

昨日網走大会のゴール後直ぐ北見へ向かった。網走から60キロの距離である。会場で受付を済ませ、直ぐホテルに入った。

当日の最高気温は28度前後、水分補給を忘れてはならない。コースは10キロまで平坦であるが、10キロ過ぎから19キロ位まではアップダウンの激しいコースとなる。

昨日と同様目的を二つ持って臨んだ。一つはトップゴールすること、もう一つは32キロを4時間00分(100m45秒)を切ることである。

疲れのピークを迎えていることから足が重い。ペースが上がらないのだ!先頭集団から徐々に離れだした。遥か彼方に先頭の姿が確認出来るのだが、距離は確認出来ない。そのうち2位の人に追いついた。1位の人はそこのカーブを曲がったと言う。カーブを右折し1キロ程の直線に入ったが、姿は見えない。ギブアップである。ゴールタイムは4時間46分。目標タイムを46分オーバー。

オホーツク北見ツーデーマーチ2日目(最終日)コース30km

今回はスタートから先頭集団に食らいついて行った。河川敷を通り一般道路に入ったところで先頭は私と本州の方と2人、早いけれど私にはそれ程気にする速さではない。公園の遊歩道に入ったところで、相手は少しづつ離れだした。この時点で先導車が付きだした。

いよいよ勝負所の延々と続く直線道路に差掛った。約10キロの直線道路はアップダウンが激しく決定的な差をつけるチャンスととらえペースを上げた。

一つ目の坂を登り切ったところで、先導車から係員が降りてきたバシャ!と一枚。どこまでも続く1本道、これから一人旅となった。この男は中々スタイルいい。

Dsc_0061_640x360
延々と続く坂を登り切ったところで先導車の係員に後方の距離を確認したところ1キロ以上は離れていると言う。残り8キロ、普通のウォーキングに切り替えた。1キロで100mつづめられても余裕でゴールが出来る計算。

500m位後方を確認出来たが2位の姿は見えない。トップゴールかと気負いながらゴールを目指した。残り3キロの表示が見えた。トップはゆるぎないものとなった。ゴールタイムは4時間05分であった。目標タイムを5分オーバー。

今年の大会は酷暑に悩まされた。水はペットボトル500ml3本を用意したことからリュックサックは重く、弁当やら衣類を含めると3kg程になった。

熱中症にかかったと思われる方は網走で2名、北見で1名。このうち2名は救急車のお世話になった。水分補給をしっかりしていたならこんな事にはならなかった筈。

因みに水分とは医療関係者では真水を言う。お茶やジュース類は尿として直ぐ排出することから熱中症対策としては不十分だと言う。真水は細胞内の隅々まで行き渡り体温管理をし更に不純物を汗として排出する。スポーツ飲料水も真水と同じ働きをするが、糖分を制限されている方には注意が必要。

次回の大会は、6月22(30キロ)、23日(30キロ)。

第17回北の都札幌ツーデーウォークである。

エントリー完了大会は次の通り

7月7日(8キロ):北海道森林スポーツフェスタin定山渓

7月13(30キロ)、14日(30キロ):旭川大雪ツーデーウォーク

8月24(30キロ)、25日(20キロ):函館ツーデーウォーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

でっかいどうオホーツク網走大会

2013年6月7日から6月10日に亘り、でっかいどうオホーツクマーチが網走市(7~8日)、北見市(9~10日)で行われた。期間中最高気温は28度前後と高く、熱中症により倒れる人も現れ厳しい大会となった。47都道府県か約400名が参加。道内からは219名が参加した。

前日から体調は優れず、背中やわき腹が痛む。私には持病がある。病名は左腎嚢胞(のうほう)。ようするに水が溜まっている。背中に違和感が生じたなら注射針で液体を吸い取ると言う。今まで違和感が無かったことから不安となり、網走の泌尿器科病院を検索、1件がヒットした。救急以外は予約制。果たして今の症状は救急を要するものなのか判断できず、酒を買い込みホテルへ。アルコールを飲んだところ痛みは消えた。神経性的なものだったのか?

オホーツクあばしりツーデーマーチ

Dsc_0047_640x360
7日、8日

コース、35km、20km、13km、5km

開会式の後準備運動をし、東京農業大学によるブラスバンドの応援を受けスタートした。応援団長は女性である。

チアガールの足を上げる瞬間を横目で追い、若しかしてと不埒な思いを捨てたことは勿論である。

Dsc_0041_640x360

Dsc_0044_640x360_2

ウォーキングはメタボ対策(内臓脂肪症候群)の一番手、何処でもできることからファンは4000万人とも言われている。ウォーキングの基本は前方2,30mに視線をおき、歩幅は肩幅で手を軽くにぎり、後方へ手を引くとき若干力を入れる感じが良い(前方に大きく手を振る方もいますが、綺麗な体形を作るには後方に若干引く感じが良い)、踵着地をし、その足に体重(体間)を乗せ、踏み切る時は膝を真っ直ぐ伸ばす。

ウォーキングは競技ではなく完歩することが目的であるが、最近スピードウォーキングに熱中しているファンが多い。今回本州から来ている人たちはその傾向が強い。スピードウォーキングと言っても、ウォーキングの基本である、踵着地をし、その足に体重(体間)を乗せ、踏み切る時は膝を真っ直ぐ伸ばす、更に片方の足は着地している。ウォーキング走法に取り入れている。

私は勿論スピードウォーキングであるが、目的を二つ持って臨んだ。一つはトップゴールすること、もう一つは35キロを5時間切ることである。

35kmはアップダウンの激しいコースで、フラフラしながらトップを追いかけていた。10キロ地点で早くもトップ集団(2人)に追いつき、その勢いで前に出た。が足音は聞こえてこない。振り向く余裕もなくゴール、タイムは5時間09分、5時間の壁を切ることはできなかった。

オホーツクあばしりツーデーマーチ2日目

8日、コース30km

前日の疲れは抜けきらず下位スタート。先頭との差は2.300mもついていた。ヤバイと思いつつ、ペースを上げた。10キロ地点では早くもトップに出ていた。昨日と同様今回のライバルは北見の方でキレイな姿勢のウォーク。見習うべき手本である。

網走湖が見えてきた

Dvc00045_2

網走湖遊歩道に入った。ミズバショウの群生地!

Dsc_0046_640x360_2

短い距離の人たちに追いついた。

Dvc00052

この時点で30キロのトップゴールは確実、2位に約15分くらいの差を付けてゴール。

会場周辺

飲食物の無料コーナ

Dsc_0023_640x360

Dsc_0025_640x360

明日の大会北見へ向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

東南アジアエロ日本オヤジのたまり場

ここはタイの北端メーサイ。

メーサイには古くから日本人のたまり場として名高い。

チンコタワー(通称)を中心にして10軒前後の置屋(売春斡旋業)があり、その、ど中に横田マンション(通称)がある。最大規模の売春街。

このマンションの住民はエロ日本人と、マンションの近くで働く娼婦たちで占められており堅気の人は誰も住んでいない。

まさに買う側と買われる側がほぼ、半々の割合で部屋を占領している。

置屋の女性はラオス、ミャンマーから連れてこられた少女達で年齢層も若く、中には中学生くらいの子もいる。

200ドルで売られていく子供(ネットから)

C242aec53ad860126cb8b7af70b00ff3

気になる客は地元のタイ人と悲しいかな日本人が半々という恐ろしい割合。

日本の親父たちは玄関から10歩も移動すれば売春宿だというのに、面倒くさいとなば、部屋の鈴リンをならし出てきた女性が気にいればその場で交渉する。

このような行為を1日に3回もするバカ親父もいる。

置屋から解放して自分の女としてアパートに住ませるハゲ親父も結構いる。

この場合、置屋に払う、お金は500ドルから1500ドル。

クーロン黒沢「怪しいアジアの怪しい人々」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

タンポポの一生

タンポポの家族は忙しい日々を送っていた。

思春期を迎えつつあるたんぽぽたち

Photo_3

Dsc_0046_640x360

すでに旅立った者や旅立ちの準備をする綿帽子たちPhoto_2

写真は西洋タンポポである。西洋タンポポのエライところは、授粉しなくても自ら種を作る。日本タンポポは授粉し種を残す。

先日、西洋タンポポのミヨちゃんから質問を受けたのでその記録を記しておく。

ミヨちゃん:ぽんさんぽんさんそんなに急いで何処へ行?

ぽん:アッ!ミヨちゃん、急いでいないけれど、何か用事?

ミヨちゃん:別に用事と言う訳でも無いんだけど、ちょっと教えて欲しいことがあって!

ぽん:何?

ミヨちゃん:私たち西洋タンポポの部族は結婚しなくとも子孫を残すことが出来るが、人間はどうやって子孫を残すんですか?

みよちゃん:聞いたところによれば、人間は女を赤ちゃんスタイルやワンコスタイルにさせて授粉すると聞いたのですが本当ですか?

ぽん:うん、当たってるな!

ミヨちゃん:どうしてそんなスタイルをとるんですか?男のぶらんぶらん揺れる奇妙な物体と関係あるんですか?

ぽん:これ以上文章で書いたら怒られるよ。後でぽんの家に来て教えてあげるからさ(笑)。

ミヨちゃん:変なことしないよね。

ぽん:しない、しないと言ってぽんはニタリと笑った。

外野席:あのバカタンポポとやる気か!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

すかんぽの咲く頃

すかんぽの咲く頃

作詞:北原白秋

作曲:山田耕作

土手のすかんぽ♪ ジャワ更紗♪

昼は蛍がねんねする♪

僕ら小学尋常科(1年生)♪

今朝も通ってまたもどる♪

すかんぽすかんぽ♪

川のふつ♪夏が来た来た

ドレミファソ♪

ガキの頃に聴いたこの歌、今でもはっきり覚えている。田舎は水田地帯で土手には沢山すかんぽ(スイバ)が咲いていた。美味しいものではないけれど
、学校帰りに土手を歩き茎の部分をしゃぶって酸っぱい味を楽しんだ思い出がある。

中の川遊歩道に生えているすかんぽ

Dsc_0006_360x640_2
お知らせ

6月6日から6月10日まの5日間、出張及びウォーキング大会参加のためコメント返しは遅くなりますが、必ず返事は書きます。ご理解下さるよう宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

キレイなトイレ

札幌市中の川遊歩道のウォーキングコース横にビバホームがやって来た!

Dsc_0052_640x360
コースには公衆トイレはあるが、冬期間は閉鎖する。トイレ探しの問題はこのビバホームが解決してくれた。トイレは高給ホテルのように清潔に管理されゴミ一つ落ちていない。室内はとても広い。

Dsc_0050_640x360

Dsc_0051_640x360
お知らせ

6月6日から6月10日まの5日間、出張及びウォーキング大会参加のためコメント返しは遅くなりますが、必ず返事は書きます。ご理解下さるよう宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

腐れた肉を食う民族

極東シベリアのチュクチ族は腐ったセイウチ肉、コパルヒンをよく食う。肉はすごいにおいがする。

コパルヒン(肉をセイウチの皮で包む)

Img058_2

カチンカチンに凍ってるいるのを、ナイフで薄く切って食べる。

噛むとザクっといって。腐ったにおいが口中に広がる。噛んでいるうちに肉が解けてきて、腐敗臭が鼻を突く。

ところが、慣れてくると、このコパルヒンのしつこい味やにおいが病みつきになってくる。

セイウチ狩り

Img059_2

関野吉晴「グレートジャーニー・ユーラシア~アフリカ篇」

江戸時代の話しになるが、オランダ人は鶏肉をわざわざ腐らせて食っていた。

オランダ人の住居前に鶏肉をぶら下げ、ハエがたかり、うじ虫がわき、物凄い悪臭が漂い、日本人は誰も近寄ることは出来なかった。

藤本義一「一寸法師」
このような肉は前記のコパルヒンと同じように美味しかったようです。

現在もこのような習慣があるか分かりません。

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月4日 走法 ラン&ウォーク 33.033歩(26.4km)
6月トータル133.879(107.1km)
達成率 133.9%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

家庭菜園

石狩市花川に家庭用菜園の土地約50坪を借用している。作付けはジャガイモ(男爵、メークイン、ベニアカリ、北海コガネ)、トマト、ピーマン、大根、はつか大根、エンドウ豆などである。

自慢の耕運機である。通常半日かかる畝作りは1時間で完了。T02200123_0300016812561585339_2
ビニールで囲っているのは(寒さや風対策)、ピーマン、トマト、スイカの苗。

T02200123_0300016812561585341

ジャガイモの発芽。

T02200123_0300016812561585340

今後、出勤や退社時は畑の見回りが日課となりそうである。苗が根付くまで水やりが重要な仕事。

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月3日 走法 ラン&ウォーク 29.690歩(23.8km)
6月トータル100.846(80.7km)
達成率 134.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

福島第1原発:飯舘村住民の被ばく不安に賠償50万円

◇妊婦、18歳以下は倍 原発ADR提示                     東京電力福島第1原発事故の被害で、原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)が、福島県飯舘村長泥(ながどろ)地区の住民の仲介手続きに対し、被ばくに伴う精神的損害を認める方針を東電と住民に示したことが分かった。住民側弁護団が2日、明らかにした。弁護団によると、センターが被ばくの不安への賠償を認めたのは初めて。東電と住民は、この方針を基に協議を進める。賠償を求める他の周辺住民の動きにも影響を与えるとみられる。【蓬田正志】                    続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンコの訃報

我が家の愛犬ぽぽ(♂)が6月2日午後7時27分家族に見守られ眠るように永眠した。御年18歳11か月でした。

約19年もの長きにわたり家族の一員として生活してきましたが、命は儚いもの、長い旅路へと経って行ってしまった。

ぽんのブログ 

明日、庭へ埋葬する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭用菜園

石狩市花川に家庭用菜園の土地約50坪を借用している。作付けはジャガイモ(男爵、メークイン、ベニアカリ、北海コガネ)、トマト、ピーマン、大根、はつか大根、エンドウ豆などである。

自慢の耕運機である。通常半日かかる畝作りは1時間で完了。

Dsc_0003_640x360_2

ビニールで囲っているのは(寒さや風対策)、ピーマン、トマト、スイカの苗。

Dsc_0024_640x360_2
ジャガイモの発芽。

Dsc_0028_640x360_4

今後、出勤や退社時は畑の見回りが日課となりそうである。苗が根付くまで水やりが重要な仕事。

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月2日 走法 ラン&ウォーク 25.540歩(20.4km)
6月トータル51.156(40.9km)
達成率 102.5%



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

ウォーキング大会「北海道森林スポーツフェスタin定山渓」エントリー

7月7日、北海道森林スポーツフェスタ2013in定山渓・ウォーキングの部にエントリーをした。コースは札幌岳に続く林道8キロ、森林浴を楽しむにことができる。

この後、第22回旭川大雪ツーデーウォーク7月13日(30キロ),14日(30キロ)に参加する予定。

Img163_452x640

6月の大会は、7~10日にかけて網走、北見大会127キロ。22~23日は北の都札幌ツーデーウォーク50キロがある。

ウォーキング日記
6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月1日 走法 ラン&ウォーク 25.616歩(20.5km)
6月トータル25.616(20.5km)
達成率 102.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

最近のぽん

5月26日に行われたウォーキング大会「北海道を歩こう」で1位になったものの、その反動は大きかった。

大会当日は風邪気味で棄権を視野に大会に臨んだが、結果は予想に反し1位となった。

その後も体調は芳しくなかった。風邪のせいもあるが、翌日から血尿があった。血尿は過去に3度あったことから原因は知っていた。さらに追い打ちをかけたのが左足人差し指の激痛。検査の結果ひびが入っていた。いわゆる骨折である。

激痛といっても我慢できない程のものでもない。以前も同じような骨折をしているが、病院の治療は最初の1回のみ。直ぐギブシをニッパーで切り取った。

散歩も通常通り。しかしランは無理であった。ランのシューズは足指の付け根が軟らかいことから痛みが走るが、ウォーキングシューズは足の付け根部分は固く出来ていて、痛みは無い。違和感があるのみ。

1週間後、ウォーキング大会網走、北見大会4日間で127キロが待っていることから気がかりである。昨年もこの大会で足の爪をはがしながら良い結果を出したことがせめてもの慰め。

ウォーキング日記
5月の目標 893.823歩「1日28.833歩(24.1km)」
5月31日 走法 ラン&ウォーク 21.094歩(16.9km)
5月トータル927.013(741.6km)
達成率 105.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »