« 網走刑務所 | トップページ | 口型トイレ苦情が多いと言うけれど・・・ »

2013年6月17日 (月)

石北峠

Dvc00088_480x640

網走、北見ウォーキング大会の帰途、石北峠を通って来た。

石北峠は明治維新期の政治犯や重罪人の囚人による開拓道路で、日本の刑務所では最大の死者を出した。最大の原因は囚人に対する労働条件にあった。衣類は冬季に入っても、綿入りの囚人服1着加わっただけ、靴下は1足夏用そのままであった。刑務所の寝室は隙間だらけで吹雪の日には雪が入って来る。薪ストーブはあるが温かいのは回りだけ、他の場所は外となんら変わらなかった。そのため凍死者が続出した。政府は労働条件を改善する気はなく、寧ろ死者が多く出ることは当然とみていた。

重罪人は足に5kgくらいの重りをつけられ原始林の中を作業現場に向かう。私は網走刑務所資料館で実際につけてみたが、平らな部分でも歩くのは容易でない。

このような囚人たちによって作られた石北峠ごゆっくりとご覧ください。

旭川と北見を結ぶメインルートである国道39号線にある最大の難所。道路はよく整備されているが北見側の勾配がきつい。頂上には駐車場、土産物屋、トイレ、展望台がある。上川側は層雲峡に通じていることから、道東を巡りの観光バスはここを通るものが多く、観光客にはよく知られた峠と言える。

右側は断崖絶壁

Dvc00086_640x480

同じようなカーブは多数ある。

Dvc00087_640x480

お土産店や食堂

Dsc_0066_640x360


少し下った所は濃霧は晴れ大雪湖が見えてきた。前方奥に雪に覆われた大雪山連峰が見える。
Dsc_0071_640x360

ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月16日 走法 ラン&ウォーク 42.922歩(34.3km)
6月トータル561.112(448.9km)
達成率 140.3%

|

« 網走刑務所 | トップページ | 口型トイレ苦情が多いと言うけれど・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/57599145

この記事へのトラックバック一覧です: 石北峠:

« 網走刑務所 | トップページ | 口型トイレ苦情が多いと言うけれど・・・ »